プロフェッショナル人材

多様なプロフェッショナルの活躍

背景と考え方

デジタル社会の本格的な到来により、企業は最新のデジタル技術を事業活動に組み込み、より高度で複雑化、多様化した社会のニーズに応えていく必要が出てきました。私たちITサービス企業は、「高度ITの利活用」や「デジタル化の推進」などにおいて、大きな役割を担っていますが、こうした多様なニーズに対応するためには、従来のIT技術にとどまらない、幅広い経験や知識を有した人材の育成・確保が必要となります。

SCSKグループは社員の意欲や能力を最大限に引き出し、働きがいを高めるための数々の施策を進めています。プロフェッショナル人材の育成やダイバーシティの推進、副業・兼業制度の導入など、社員一人ひとりが多様な価値観や個性を受容しながら、異なる分野のアイデアや技術、ノウハウなどに触れる機会・場を増やすことが、革新的な事業やサービスなど新たな価値創造につながると考えています。これからも、プロフェッショナル人材が積極的に新たな価値創出にチャレンジできるよう、多様性と専門性を活かしながら活躍・成長し続けられる機会・職場の実現に取り組んでいきます。

人財投資 基本的な考え方

SCSKグループの最大の財産、かつ成長の原動力は「人」です。働きがいやエンゲージメントを軸にサステナブルな成長を目指す「SCSKの人材マネジメントの基本方針」と連動し、人材への積極的な投資を行っています。

人材への投資は「高度化・多様化・拡充」を観点としています。属性にかかわらず個の力を引き出すダイバーシティ&インクルージョンの組織文化の下、社員が事業戦略に共感し自律的に成長し続けることで、ビジネスにおいて顧客や社会との共創による価値提供を実現していくことを将来像としています。国内外の人材拡充にも積極的に取り組み、事業成長を加速させます。

具体的には、①「事業革新」「DX事業化」を実現する人材マネジメント、②事業戦略とキャリア形成を連動させた専門性の向上、③ニューノーマルに対応した「働きがい」を実現するワークスタイルの確立、の三つの方針に沿って各種施策を展開し、事業の成長と変革に資する多様な人材の確保と育成に取り組んでいます。

人財投資の基本的な考え方
SCSKの人材マネジメントの基本方針

iCDP(Integrated Career Development Plan)

目標管理制度(MBO)とCOD制度の関係

多様なプロフェッショナル人材の早期育成計画の取り組みを加速するため、iCDP(Integrated Career Development Plan)をスタートしました。iCDPは、社員が自らのキャリアについて考え上司と話し合うCDP(Career Development Plan)制度を中核に、CDPと組織の人材育成計画の連動性を高め、事業戦略と整合性のとれた自律的・戦略的・統合的なキャリア開発を支援する仕組みです。事業戦略を踏まえた人材育成方針を基に社員一人ひとりとCDP面談を実施し、その結果から「SCSKキャリアフレーム」の職種ごとに3カ年の人材育成計画を策定し、全社の人材ポートフォリオの現状とあるべき姿を可視化しました。そして、人材育成計画に沿った①教育プログラムの受講、②配置(役割・業務の割当)による実践、③専門性認定制度による認定・評価、④次年度の人材育成方針に基づくCDP面談の実施、という育成サイクルを統合的に運用することで、事業戦略実現に向けた計画的な人材育成を目指しています。