サステナビリティに対する考え方

当社は、事業活動を通じて社会に貢献する企業を目指してさまざまなステークホルダーの皆様と共に豊かな社会づくりに取り組んでまいります。

基本的な考え方

SCSKグループの考えるサステナビリティ経営とは、「夢ある未来を、共に創る」という経営理念の下、誠実かつ公正な事業活動を通じて社会の持続可能な発展に貢献することです。

SCSKグループの価値創造プロセス

SCSKグループが持続的成長を果たしていくためには、さまざまなステークホルダーの価値観と、企業の社会的な影響力を踏まえ、長期的な視点を持つとともに、社会課題の解決に貢献する経営を行うことが重要です。

そこでSCSKグループでは、長期的な成長ビジョンを掲げる上で経営理念「夢ある未来を、共に創る」に立ち戻り、その経営理念を実践するためのマテリアリティを策定しました。

そして、その方向性を踏まえ、2030年の目指す姿としてのグランドデザインと、実現に向けたステップとして中期経営計画を策定しました。

SCSKグループの価値創造プロセス
SCSKグループの価値創造プロセス

サステナビリティ経営推進体制

SCSKグループの成長戦略である「サステナビリティ経営」を推進するため、「サステナビリティ推進委員会」を設置しました。委員会は、サステナビリティにかかる全社的課題、取り組み施策の確認や検討、SCSKグループ全体へのサステナビリティ経営の浸透を目的としています。委員会は委員長を副社長とし、第一部会・第二部会から構成されています。

第一部会の部会長は副社長が兼任し、経営層が委員となり、サステナビリティやマテリアリティに関する施策の実施状況、不足事項の確認や検討を行います。

第二部会は、第一部会の委員である分掌役員を部会長とし、事業グループ、グループコーポレートから選出された社員が委員となり、サステナビリティやマテリアリティの理解促進・文化醸成について、必要となる事項の議論・検討を行います。
第二部会の委員は、SCSKグループ内へ浸透を推進する活動をエバンジェリスト的に担うことを期待されています。

サステナビリティ経営推進体制

サステナビリティ経営推進に向けた取り組み

Beyond 2030(若手層による「私たちが創る未来を語り合う会」)

SCSKグループの持続的な成長に向け、社員一人ひとりがサステナビリティ経営の担い手として、自ら考え行動する企業文化を醸成することを目的に「Beyond 2030」を開始しました。

「Beyond 2030」とは、SCSKグループ全体より選抜された次代を担う若手社員が、SCSKグループの将来や事業を通じた社会への貢献について考え、議論するプログラムです。

約半年間のプログラムでは、選抜された若手社員がチームを組み、SCSKグループの果たすべき役割、成長戦略などについて議論するとともに、社内の経営層や社外の有識者との交流を通じて議論を深めました。議論の結果は、各チームからトップマネジメントに報告され、意見交換が行われました。参加者からは「自分たちが主体となって未来を考える必要性を実感した」などの感想が得られました。本プログラムは、2021年度以降も毎年開催予定です。

みらい創造プログラム

SCSKグループ発の事業創出を目的とした「SCSKグループ みらい創造プログラム」を2020年10月より開始しました。従来の延長にとどまらないよりダイナミックな発想により、事業創出にチャレンジし、複数の起業家を輩出することを目的にしています。

「withコロナなどの長期的な社会変容から見える、社会課題の解決に資する事業」「"共創ITカンパニー"を謳うSCSKグループが手掛けるにふさわしい事業」「将来(2030年)に向け、事業規模数十億円レベルの目標を掲げる事業」を対象テーマに、SCSKグループ全社員を対象に幅広く事業アイデアを募集しました。

2020年度の応募総数は32件で、外部有識者や社内の経営幹部候補による書類選考・プレゼン選考・最終選考を行いました。2021年度以降も継続して開催する予定です。

国際的なガイドラインや原則を尊重

当社では、国際的なガイドラインや原則に基づいたサステナビリティ活動を推進しています。

国連グローバル・コンパクト
2007年から国連グローバル・コンパクトに参加し、「人権・労働・環境・腐敗防止」に関する10原則を支持し、企業活動に取り組んでいます。
価値協創ガイダンス
経済産業省の価値協創ガイダンスを元に、経営理念やビジネスモデル、戦略、ガバナンス等を体系的・統合的に整理し、情報開⽰や投資家との対話の質的向上を目指して、取り組んでいます。
持続的な開発目標(SDGs)
2015年に採択された国連の持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)の達成への貢献を目指し、準備を進めています。
SASBスタンダード
米国サステナビリティ会計基準審議会(SASB)の業種別スタンダートに基づき、将来的な財務インパクトが高いと想定されるESG 要素に関する情報を積極的に開示ています。
ISO26000
2012年からISO26000の中核主題に基づいたマネジメントを進めています。
GRIガイドライン
統合報告書やWEBサイトでのサステナビリティ活動報告では、Global Reporting Initiative(GRI)「GRIスタンダード」を参照しています。

※1 国連グローバル・コンパクト:各企業が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する、自発的な取り組みです。

※2 ISO26000:「持続可能な発展を実現」するために、世界最大の国際標準化機関であるISOによって、多様なステークホルダーとの合意形成プロセスで開発された、あらゆる組織を対象とする社会的責任に関する初の包括的手引書です。

SDGsへの取り組み

国連の持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)の達成への貢献を目指し、準備を進めています。

「SDGsを知る」ための社内浸透策として、社員向けにSDGsに関するセミナーを開催し、SDGsとは何か、当社ができることは何かを考えるためのきっかけづくりを行いました。経営上層部に対しても、SDGsに対する理解を深めてもらっています。また、SDGs推進を目的にしたポスターを作成して社内に掲示し、啓発活動に役立てています。

SDGsへの取り組み
役員や社員をモデルに起用したポスター