バリューチェーンの確立

健全なバリューチェーンの確立

背景と考え方

企業は日々、さまざまな製品やサービスをお客様へ提供しています。継続的に高品質なサービスをお客様に届けるためには、事業活動のバリューチェーンにかかわる、さまざまなパートナー企業との密接な連携が不可欠です。

SCSKはこれまでも、高い品質・生産性を実現するためにパートナー企業と連携し、システム開発、保守運用におけるSCSK開発標準(SE+)の活用などの取り組みを推進してきました。プロジェクトごとに相互評価を行うなど、安定した品質の実現に向けた活動に加え、働き方改革として業務効率化にも積極的に取り組み、パートナー企業社員のワーク・ライフ・バランスの充実にも力を入れています。

さらに、近年、サステナビリティの観点から要請が高まりつつある「責任あるサプライチェーン」への対応として、パートナー企業と「サプライチェーンにおけるサステナビリティ推進方針」を共有し、理解と賛同を得ながら実践を求めています。

SCSKはこれからも、品質に加えて、環境や社会に配慮したバリューチェーンを確立することで安心・安全なサービスを提供し、パートナー企業とともに、お客様の持続的な成長を支えていきます。

サプライチェーンにおけるサステナビリティ推進方針

SCSKは「夢ある未来を共に創る」を経営理念とし、パートナー企業の皆様とともに提供する、安心・安全なITサービスを通じて、快適で豊かな社会を実現するとともに、社会課題の解決に貢献する経営を実践しています。

SCSKはサステナビリティに配慮した購買活動を実践するために、サプライチェーンにおける社会的責任を以下のように認識しています。

このような考え方をパートナー企業の皆様と共有し、理解と賛同を得ながら、ともに社会的課題の解決に向けた取り組みを進めていきます。

サプライチェーンにおけるサステナビリティ推進方針

  1. 1. 人権問題への配慮
    • 人権を尊重し、人権侵害に加担しない。
    • 強制労働・過重労働・児童労働・不当な低賃金労働を
      防止する。
    • 雇用における差別を行わない。
    • 労使間の円滑な協議を図るため、従業員の団結権を尊重する。
  2. 2. 労働環境への配慮
    • 従業員に対して安全で衛生的かつ健康的な労働環境を
      整備する。
  3. 3. 従業員の健康への配慮
    • 従業員の健康増進に努める。
  4. 4. 環境問題への取り組み
    • 気候変動を含む環境問題を認識し、資源・エネルギーの
      有効利用に取り組むとともに、環境汚染の予防に努める。
    • 廃棄物・水使用量削減に取り組むとともに、生物多様性に十分配慮する。
  5. 5. 品質・安全性への取り組み
    • 製品やサービスの品質・安全性を確保するため、教育や
      社内評価の実施に努める。
  1. 6. 事業継続性への取り組み
    • 事業継続性を確保するための健全な企業経営に努める。
  2. 7. 法令、社会規範の遵守
    • 内外の関係法令及び国際的な取決めを遵守し、公正な
      取引を徹底するとともに、強要・贈収賄などあらゆる形態の
      腐敗を防止する。
  3. 8. 情報セキュリティへの取り組み
    • 情報管理の徹底、情報セキュリティの向上、個人情報保護の強化に取り組む。
  4. 9. 地域・社会への取り組み
    • 地域コミュニティーの一員として協働し、地域社会との良好な関係構築に努める。
  5. 10. 上記に関し、適時・適切な情報開示を行う。