人権

当社は人権を尊重する企業グループとして、その方針を明らかにし、人権尊重の取り組みを推進してまいります。

人権の尊重

「SCSKグループ 人権方針」

SCSKグループは、経営理念「夢ある未来を、共に創る」のもと、事業活動を通じて社会に貢献する企業を目指して、さまざまなステークホルダーの皆様と共に豊かな社会づくりに取り組んでいます。その実現のため、SCSKグループでは、 事業活動に関わる一人ひとりの個性や価値観を尊重し、互いの力を最大限に活かせるよう、経営理念の中の約束の一つとして「人を大切にします。」を掲げるとともに、行動指針を定めています。


SCSKグループ人権方針(以下、本方針)は、経営理念および行動指針に基づき、SCSKグループの事業活動の影響を受けるすべての人々の人権を尊重する企業グループとして、その考え方や責任について示すものであり、本方針を遵守し、 人権尊重の取り組みを通じ、社会的責任の遂行に努めていきます。


【基本的な考え方】
SCSKグループは、「国際人権章典」および国際労働機関(ILO)の「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」が定める人権を支持し尊重しています。 また、国連グローバル・コンパクトの定める4分野(人権、労働、環境、腐敗防止)10原則に賛同し、「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づいて、人権を尊重した事業活動を推進しています。


【適用範囲】
本方針は、SCSKグループのすべての役職員(SCSKグループに所属する役員および従業員(正社員、契約社員、パート・アルバイト)、ならびにSCSKグループの業務に従事する派遣社員)に適用されます。 また、パートナー企業をはじめとする取引先の皆様には、本方針とともに「サプライチェーンにおけるサステナビリティ推進方針」へのご理解・ご賛同とその実践を求め、共に人権尊重を含む社会的責任を果たしていくことを期待しています。


【適用法令の遵守】
SCSKグループは、事業活動において、関連する国・地域の法令を遵守します。それらの国・地域の法令が国際的に認められた人権基準を満たさない、 または相反がある場合は、国際的に認められた人権基準を最大限尊重する方法を追求していきます。


【人権の尊重】
SCSKグループは、人種、国籍、性別、宗教、信条、年齢、出身、身体的もしくは精神的障がい、性的指向・性自認などに基づくあらゆる差別やハラスメントなどの相手の人格や尊厳を侵害する行動は行いません。 また、いかなる場合も強制労働や児童労働を認めません。


【人権デュー・ディリジェンス】
SCSKグループは、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」の人権デュー・ディリジェンスの仕組みを構築し、事業とサプライチェーン全体で起こりうる人権への負の影響を特定し、その防止、または軽減を図るように継続的に努めます。


【救済】
SCSKグループの事業活動が、直接的または間接的に、人権に対する負の影響を引き起こした、もしくはこれを助長したことが明らかになった場合、適切な手段を通じて、その是正や救済に取り組みます。 また、SCSKグループの救済窓口に寄せられた通報・相談に関する、通報者とその他関係者のプライバシーや通報内容の秘密は厳守され、通報によって不利益な取り扱いを受けないよう保護します。


【教育・啓発】
SCSKグループでは、本方針を役職員が理解し、当社グループの全事業活動の中で実践されるよう、すべての役職員に対し、適切な教育・研修やセミナーなどを実施します。


【対話・協議】
SCSKグループは、中立で公正な外部から得られる人権に関する専門知識を活用するとともに、関連するステークホルダーとの対話と協議を行うことにより、人権尊重の取り組みの向上と改善に努めます。


【情報開示】
SCSKグループは、本方針に基づく人権尊重の取り組みについて、定期的にサステナビリティウェブサイト等を通じ、適切な情報開示を行います。


2022年6月23日
SCSK株式会社
代表取締役 執行役員 社長 最高執行責任者 當麻 隆昭

国連グローバル・コンパクトの支持

当社は、2007年から国連グローバル・コンパクトに参加しています。国連グローバル・コンパクトの「人権・労働基準・環境・腐敗防止」に関する10原則を支持し、人権の尊重に加え、労働基本権も保障した企業活動を行うことを宣言しています。

国連グローバル・コンパクトとは
国連グローバル・コンパクトとは、各企業が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取り組みです。
人権
1. 企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
2. 人権侵害に荷担しない。
労働基準
3. 組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
4. あらゆる形態の強制労働を排除する
5. 児童労働を実効的に廃止する。
6. 雇用と職業に関する差別を撤廃する。
環境
7. 環境問題の予防的なアプローチを支持する。
8. 環境に関して一層の責任を担うためのイニシアチブをとる。
9. 環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。
腐敗防止
10. 強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。

ホットラインの設置

職場においてセクシャルハラスメントやパワーハラスメントが発生した場合に、すべての社員が相談・通報できるホットラインを設置しています。

相談者のプライバシーは完全に保護され、匿名での電話相談やWEB相談にも応じています。また、本人および事実関係の確認への協力者に不利益な取り扱いをしないことも保障しています。

相談には専門のカウンセラーが対応し、必要に応じて相談者の同意を得た上で会社へも報告し、問題の解決を図ります。

内部通報制度

コンプライアンス違反の早期解決と未然防止のため、問題に気付いたSCSKグループやパートナー企業の社員が通報・相談できる「内部通報制度(スピークアップ制度)」を設けています。

  • 窓口・通報手段

    次の3つの窓口を用意しており、ご自身の判断でいずれかを選ぶことができ、専用の窓口宛てに電子メールなどで連絡することができます。

    • ① コンプライアンス委員長
    • ② 監査等委員会
    • ③ 外部弁護士 (匿名通報可)

    いずれの窓口を利用した場合であっても通報者とその他関係者のプライバシーや通報内容の秘密は厳守され、通報によって不利益な取り扱いを受けないことが保障されており、例年窓口の利用実績もあります。

  • 事態の調査について

    受け付けた全ての通報・相談については、通報窓口が迅速に確認を行い、事態の調査が必要となる場合は、コンプライアンス委員長の定める方針に基づき、関係部門と連携し実施します。

    調査結果は、速やかに通報者にフィードバックされます。また、調査結果・是正内容については、経営幹部や監査等委員会へ報告を行っています。