健康経営

健康経営

健康経営の基本的な考え方

近年、社員の心身の健康が、従業員の生産性や創造性の向上、医療費負担の削減、企業イメージの向上などを通じて企業の競争力やリスクに影響する要因として注目されており、健康管理を経営戦略の一環として実践する「健康経営」が求められています。

当社は、社員の健康こそが全ての礎という理念のもと、健康経営を推進しており、就業規則にそれを明記しています。社員が心身ともに健康でいきいきとやりがいを持って働ける職場づくりに取り組むことによって、一人ひとりが持てる能力を最高に発揮でき、お客様の喜びと感動に繋がるサービスを提供できると考えています。

今後も、健康経営の推進をはじめとして、「働きやすい、やりがいのある会社」づくりに取り組むことで、真の意味での一流企業を目指していきます。

就業規則に明記している「健康経営の理念」

健康経営に関するマネジメント

当社における健康経営の推進体制は、経営トップが健康経営推進最高責任者となり、「ライフサポート推進部」と「働きやすい職場づくり委員会」が連携しつつ、それぞれの役割から各種施策を実施する体制となっています。

健康経営推進最高責任者は、様々な場面を通じて、健康経営の基本的な考え方やその想いを、全役職員、更には家族の心に訴え続けることで、その理念の浸透を図っています。
ライフサポート推進部は、健康経営の適切な運営と健康増進を図るための専門部署として、産業医、保健師、看護師、臨床心理士、キャリアアドバイザー、ヘルスキーパーといった専門スタッフが一体となり、健康増進、リテラシー向上、各種相談・メンタル対応などのさまざまな施策を展開しています。
「働きやすい職場づくり委員会」においても、健康で安全な職場の維持・向上に関することを含めた、社員間のコミュニケーション活性化や福利厚生の充実などに取り組んでいます。

このような推進体制のもと、PDCAサイクルを回すことにより、健康経営の継続的改善を図っています。具体的には、社員の業務体系や生活習慣病の因子、健康診断結果の分析結果などを踏まえて、心身の健康に関するリスクを特定し、各種施策を実施しています。また、こうした取り組みについて、定量的な指標を設定しモニタリングしながら推進しています。

さらに、健康増進についての理解を深める機会として、健康リテラシー研修を、部課長を対象とした集合研修、全社員を対象としたe-Learningで実施しています。2016年度の健康リテラシー研修の受講率は全従業員の96%でした。

健康経営に関する外部格付・認証について

当社は、社員の健康管理を経営的視点から考え、戦略的に取り組んでいる企業として、経済産業省と東京証券取引所から「健康経営銘柄」に2015年と、2016年、2017年の3年連続で選定されています。同銘柄の選定は、企業における健康経営度を、①経営理念・方針、②組織体制、③制度・施策実行、④評価・改善、⑤法令遵守・リスクマネジメントという観点で評価を行い、財務面でのパフォーマンスも考慮に入れて選定しているもので、当社の健康経営が経営トップから現場レベルまで連動・連携していることが評価されています。

「健康わくわくマイレージ」の導入

健康わくわくマイレージの対象項目

社員の健康増進を促すことで疾病を予防し、生産性の高い創造性豊かな仕事をしてもらえるよう、2015年4月に「健康わくわくマイレージ制度」を導入しました。

「健康わくわくマイレージ」とは、健康の維持・増進に資する5つの行動習慣と、年1回受診する定期健康診断結果をポイント化し、獲得した1年間のポイント数に応じてインセンティブを支給するものです。

ポイント数は個人単位のほか組織単位にも集計しインセンティブを支給しており、組織同士競いながら取り組めるように工夫しています。

健康わくわくマイレージの主な成果

2015年に導入した健康わくわくマイレージでは、以下のような成果が確認できています。

わくわくマイル実施による意識の変化
主な成果

SCSKクリニック

当社では、健康管理施策の充実を目指し、社内診療所「SCSKクリニック」を開設しています。医師は、それぞれ糖尿病・代謝、循環器、消化器・肝臓、腎臓・高血圧などを専門とする高名な方々で生活習慣病の全体をカバーしています。

各医師の専門分野はもちろん、風邪や花粉症、ちょっとした体調不良などでも受診できます。

リラクゼーションルーム

仕事の効率回復やリフレッシュのため、リラクゼーションルームを開設しています。国家資格である「あん摩マッサージ指圧師免許」を持つ専属スタッフがマッサージを行います。デスクワークが中心の業務では肩こりや腰痛に悩まされる社員も少なくないため、利用により業務効率の向上を図るという趣旨から、施術の時間は勤務時間扱いとしています。

また、施設のない拠点に専属スタッフが出張したり、格安な利用料、給与天引きが可能といった使いやすさが社員から好評を得ています。リラクゼーションルームは、当社の各拠点で勤務するパートナー企業の方も利用できます。

健康経営実現のための主な施策・設備

社員の健康増進のために、自身の健康状態を確認し、自己管理に役立てられるよう、定期健康診断の結果をインターネット上で閲覧できるシステム「健康サポートシステム」を導入しました。過去の健康診断の結果を経年で閲覧でき、WEB問診で、予約・受診状況の報告や、再検査受診報告ができるほか、健康に関する情報提供を行っています。

また、社員の健康状態を確認し、健康増進に向けての対策を図るために、2014年度から年1回、健康に関するアンケートを実施しています。アンケートで得られた結果を踏まえ、生活習慣を含めた健康指導を行っています。また、定量的な傾向分析などにより、生活習慣改善のための施策検討・改善に役立てています。

健康診断

定期健康診断は、病気の早期発見、早期治療だけでなく、自身の健康状態を把握して問題点を改善するための重要な役割があることから、全社員の受診が義務づけられています。

受診を徹底するために、上司が部下の受診状況をチェックし、健康管理を個人の問題から会社全体の問題へ引き上げてマネジメントしています。

喫煙対策

喫煙は、さまざまな病気の危険因子の一つであり、生活習慣病の原因の一つとも考えられていることから、当社では、喫煙者に対するさまざまな禁煙治療をサポートしています。

2013年度は、医療機関で禁煙治療を受けた場合には、治療にかかる費用を全額会社負担とし、禁煙を達成した場合には、禁煙報奨として、福利厚生サービスの特典を支給しました。また、国連WFPが実施する、レッドカップキャンペーン(※7)に対し、会社が禁煙達成者に代わって、1人当たり1万円を寄付しました。

これらの取り組みにより294名が禁煙に成功し、過去の取り組みを含めると554名が禁煙に成功しています。

※7 レッドカップキャンペーン(REDCUP CAMPAIGN):国連WFPの学校給食支援のための事業。1万円の寄付で栄養のある給食を2人のこどもに1年間支給することができる。

その他、禁煙を推奨する取組みとして、拠点オフィスでの全面禁煙や就業時間中の禁煙を就業規則に明文化していますが、更に、就業時間外でも社員を受動喫煙から守るため、職場の懇親会を含め受動喫煙の撲滅に向けたプログラムを開始いたしました。

メンタルヘルスケアの充実

活気ある職場づくりのためには、身体だけでなく、心の健康が極めて重要な課題です。当社はメンタルヘルスの不調への対応だけでなく、職場でのコミュニケーション活性化などを含めた広い意味での心の健康づくりに取り組んでいます。産業医・医療スタッフ・人事部門の連携により、社員が抱える問題の早期発見と対応に努めるほか、外部EAP(従業員支援プログラム)機関のサービスも活用し、休業者の復職支援や再発防止にも取り組んでいます。

SCSKカウンセリングルームを開設しています

当社では、社員の健康管理の充実と健康維持増進を図るために、健康相談室、クリニック、リラクゼーションルームを設置し、対応してきました。これらに加え、2014年4月より、社員がさまざまな悩みを気軽に相談できるカウンセリングルームを開設しています。開設から3年が経過し、年間500件以上の相談対応をしています。

SCSKカウンセリングルームは、防音に配慮した3つの相談ブースを備え、キャリアアドバイザーや、臨床心理士などの資格を持つ6人の専門スタッフが対応します。メンタル面、キャリアを含めた人生設計や仕事上の悩み、部下の育成や活用方法など、さまざまな課題につき、社員に寄り添い相談に対応します。

職場とは異なる落ち着いた環境の中にあるSCSKカウンセリングルームを、健康増進の取り組みの柱の一つとして運用しています。

独立した明るい空間の相談ブース