業務の効率化はやみくもに行うのではなく、業務の本質を理解し、プロセスを可視化して無駄や品質のバラつきをとらえて取り組む必要があります。煩雑な業務や、人によって品質のバラつきが発生する業務を、最新ITを活用して自動化や、クラウドを活用して効率化することで、生産性の向上を実現し、労働時間の削減と業務品質を高めるサポートをします。

業務効率化にある課題

課題1
プロセス
プロセスが可視化されない限り、
ムダに気づけない
プロセスが可視化されない限り、ムダに気づけない
課題2
「人で対応する」を変えない限り、
外部委託しても
精度・コストの両立は難しい
「人で対応する」を変えない限り、外部委託しても精度・コストの両立は難しい
課題3
システム
投資対効果不明や予算不足、
細かい業務など、システム化に
踏み込めないものもある
投資対効果不明や予算不足、細かい業務など、システム化に踏み込めないものもある

実現イメージ

煩雑な業務や人によって品質のバラツキが発生する業務を最新ITで効率化することで、 生産性の向上を実現し、労働時間の削減と業務品質の向上を推進します。

解決1
プロセス

業務プロセスを可視化し
実現可能な業務改善を提案

B-RAP

ビジネスコミュニケーションフロー診断

RPA適用業務評価サービス

解決2

ソフトウェアロボットによる
業務の自動化(RPA、AI)

AUTOMATION ANYWHERE Ui PATH WINACTOR KIBIT Knowledge Probe
解決3
システム

現場の業務の効率化を
自分たちで簡単に実現

CarePlus Cloud CELF

3つの要素が揃えばより効率化の効果が高まります。

関連記事

業務アプリはユーザーが自ら作る時代
―自分たち専用のアプリで、デスクワークを効率化する―

FRONTGATE

BPOのノウハウで業務を可視化すれば、最適な策がわかる
―環境変化が激しい人材サービスの業務効率化―

FRONTGATE

RPAは一人一台の時代へ
―自分専用のお手伝いロボットで生産性を上げる―

FRONTGATE

AI活用の道を拓くテキスト解析
離職率減、業務効率化を実現。
「KIBIT」事例インタビュー

SCSK IT Platform Navigator

3時間がわずか15秒に!
RPAで毎月の保守更新業務の効率化に成功

SCSK IT Platform Navigator

スモールスタートに向いているRPAとは
―初めてでも短期スタートが可能な"デスクトップ型"に注目―

SCSK IT Platform Navigator