企業は従来の延長線上のビジネスでは成長を持続できません。技術革新やビジネスモデルの変革によって、新たな価値を創出して行くことが求められます。SCSKは多岐に渡る社会の抱える課題を、AI、IoTをはじめとする先端テクノロジーやDX推進支援プログラムを活用し、お客様と共に解決していきます。

独自のDXケイパビリティを活用し、攻めと守りの双⽅から
お客様の共創ITパートナーとしてDX推進をサポートします。

ユースケース01

ビジネスを飛躍的に成長させる次世代型デジタルコミュニケーションの実現

ユースケース02

次世代コンタクトセンターで価値ある顧客接点を実現

ユースケース03

業務効率化や顧客ロイヤリティの向上を実現し、新しいビジネスの可能性を広げるAI

ユースケース04

さまざまなデバイスにまたがるIoTデータの収集と活用で、お客様の課題解決や働き方改革を実現

デジタルの有効活用が
Withコロナ時代のニューノーマルを支える

企業の課題

コロナ禍による事業環境の変化や転換に、ITを活⽤して対応できた企業とできなかった企業の差が明確化

紙⽂書への押印、対⾯営業、客先への常駐など、従来型のビジネス習慣がDX推進の障壁となっています

社会の変化

デジタル化されたサービスによって提供される新しい価値を、誰もが当たり前のように活⽤しつつあります

テレワークなど、コロナ禍にともなって普及した新しい働き⽅・暮らし⽅は、今後さらに定着していきます

顧客や社会の変化に対応するには積極的なITの活⽤が不可⽋!
ビジネスモデルや企業⽂化を変⾰しなければデジタル競争の敗者に…


いま、企業とそのITパートナーが取り組むべき変⾰とは?

企 業
変化に迅速に対応していくためには、ITシステムだけではなく、企業⽂化に根付く従来型のビジネスも同時に変⾰していく必要があります。
コロナ禍によって⼈々の固定観念が崩れつつある現在は、ITシステムや企業⽂化を変⾰する好機と⾔えます。
ITパートナー/ベンダー
ユーザー企業のITシステムを維持・運⽤するだけではなく、ユーザーと⼀体となってDXを推進していく共創型パートナーとして機能していく必要があります。
先進的ITを駆使して、顧客や社会に新しい価値や体験を提案する新ビジネス・サービスの提供主体となっていく必要があります。

DX Business with SCSK

SCSKは共創ITパートナーとして
お客様とともにDXに取り組みます

デジタルテクノロジーの進化に伴い、事業変⾰に向けた「攻めのIT」への対応が求められると同時に、既存システムの改善等「守りのIT」も重要となっています。SCSKは、⻑年にわたって皆さまのITを⽀え続けてきた経験からくる知⾒と、豊富な先進ソリューションを駆使し、「Co-DX Partner SCSK」として皆さまと共に、デジタルトランスフォーメーションに挑み続けます。

DX Business with SCSK

DXメソッド

SCSKは独⾃のDXメソッドを活⽤し
お客様のビジネスシーンに合わせたDX推進をサポートします

お客様のビジネスをめぐる環境や課題を見極めながら、2つのプログラムを軸としてDX推進を支援します。DX化における現状課題分析や施策立案はもちろん、異業種共創型のビジネスアイデア創出支援など、さまざまなサポートが可能です。

DX推進⽀援プログラム

お客様のデジタル化方針を共同で策定しながら、
実効性のあるデジタル化を支援します。

DX推進⽀援プログラム
異業種共創プログラム

SCSKがファシリテーターとなり、
新たな価値創出を推進します。

異業種共創プログラム

DX推進⽀援プログラム

DXの検討から導⼊までのプロセスをテンプレート化し
デジタル技術の活⽤を最⼤限考慮したDXロードマップを策定します

SCSKでは、デジタル技術を活⽤したビジネス変⾰をサポートし、お客様の事業拡⼤や持続的な成⻑を推進していくことをめざして、共創型DX推進⽀援プログラムを策定しました。デジタル化を推進する際に必要となる主なプロセスをテンプレート化し、デジタル技術の活⽤を最⼤限考慮したDXロードマップを策定します。

課題1

デジタル技術を活⽤した新たなビジネスの創出をもっとスピーディーに推進したい

デジタル技術を活⽤した新たなビジネスの創出をもっとスピーディーに推進したい
課題2

DXの推進について、社員やステークホルダーの理解・協⼒を得ることが難しい

DXの推進について、社員やステークホルダーの理解・協⼒を得ることが難しい
課題3

DXを実現するためには、部⾨の垣根を越えて全社横断的に推進する必要がある

DXを実現するためには、部⾨の垣根を越えて全社横断的に推進する必要がある
課題4

DXプロジェクトの投資対効果、メリット&デメリットなどを効率的に可視化したい

DXプロジェクトの投資対効果、メリット&デメリットなどを効率的に可視化したい

DX実現のつまずきとなる4つの課題を解消します

DX推進⽀援プログラムは、DX企画・実⾏のフレームワークを活⽤することで、短期間でお客様のDXを実現するワークショップ型の共創サービスです。DX実現のつまずきとなる4つの課題を、ロードマップの策定を進める過程で解消していきます。

DX実現のつまずきとなる4つの課題を解消します

特⻑1

デジタル化を推進する際に
必要となる主なプロセスを整備

アジアのグローバル企業FPT社のDigital Kaizenをベースに、ローカライズしフレームワーク化

デジタル化を推進する際に必要となる主なプロセスを整備

特⻑2

デジタル技術の活⽤を最⼤限
考慮したDXロードマップを策定

実現性、リードタイム、難易度を多⾓的に考察、SCSKの技術⼒と先進事例を基に導⼊計画を策定

デジタル技術の活⽤を最⼤限考慮したDXロードマップを策定

特⻑3

共創型による推進活動で
ビジネスとIT+⼈の変⾰を⽬指す

お客様との共創活動を通じ、IT⾯だけでなく、ビジネス⾯や⼈、企業⾵⼟の変⾰までスコープに包含

共創型による推進活動でビジネスとIT+⼈の変⾰を⽬指す

DXロードマップ

SCSKのDX推進⽀援プログラムでは、現状把握・初期仮説⽴案から、組織横断のワークショップでの現場の声を反映させたDX計画⽴案まで、各スペシャリストがお客様に伴⾛してDX推進を⽀援。正解の⾒えにくいDXの施策・計画検討について、仮説検証を短期間で繰り返し⾏うことで、経営も現場も納得できる組織にフィットした計画にチューニングしていきます。

DXロードマップ

DX推進⽀援プログラムが提供する3つのバリュー

01 推進⼒

短期間で確実にDXソリューションを構築できるようパワフルに⽀援します。

推進⼒

02 コネクション

社外スペシャリストをプロジェクトにつなぎ、広い視点・深い知⾒をインプットします。

コネクション

03 トータルサポート

DXソリューションの浸透やリリース後のアップデートまで、トータルでサポートします。

トータルサポート

SCSKのDXソリューション

ユースケース01

ビジネスを飛躍的に成長させる
次世代型デジタルコミュニケーションの実現
  • Web施策を充実させていくとともに、これまで分断されていた顧客情報を統合し
  • オンラインとオフラインをスムーズに連携させながら、お客様各自に最適化されたオファーや体験を提供

ユースケース02

次世代コンタクトセンターで
価値ある顧客接点を実現
  • 顧客情報の一元管理で、顧客一人ひとりの特性にあわせたカスタマーサポートを提供
  • 問い合わせ内容に応じて、複数チャネル間をシームレスに跨ぎながら、ベストなチャネルに誘導

ユースケース03

業務効率化やロイヤリティの向上を実現し、
ビジネスの可能性を広げるAI
  • グローバルなビジネス環境でAIを活用した競争力強化が不可欠となるなか、多くのAI技術は実用段階へと移行
  • 具体的な業務課題やビジネス課題に、どのようなAI 技術を活用すべきなのか、お客様の視点で考えてご提案

ユースケース04

IoTデータの収集と活用で
お客様の課題解決や働き方改革を実現
  • これまで埋もれていたデータをIoTデバイスで収集し、ペインポイントを分析し経営に活かすことが重要
  • IoTデータを活用すれば、新たなサービスや働き方を実現することも可能