これまで埋もれていたデータをIoTデバイスで収集し、ペインポイントを分析し経営に活かすことが重要となります。IoTで蓄積したデータを活用すれば、新たなサービスを展開することも出来ます。オフィスで働く人の動きや滞在時間を『 見える化 』するなど、Withコロナにおける人と人のつながりを大切にしたコラボレーションする環境の提供も可能です。

実現イメージ

IoTサービスの開発においては、適切なセンサーデバイスを選定するだけではなく、いろいろな種類のデバイスごとに使用するネットワークを理解して接続し、データを蓄積、管理しなければなりません。収集されたデータは、業務効率化や最適化などの目的のために、データ分析や解析、可視化などを行うアプリケーションで使用されます。SCSKのソリューションは、一般的にIoTサービスで使用される共通機能をパッケージ化することで、負担を軽減しスムーズな導入を実現します。

IoTをとりまく課題と対応するソリューション

課題1

有効なデータを取得し、
既存業務システムと連携したいが、
接続性の担保が困難

有効なデータを取得し、既存業務システムと連携したいが、接続性の担保が困難

幅広いデバイスに対応した
クラウド型IoTサービス基盤

X.CONNECT

課題2

オフィスで働く人の
情報を見える化し、
働き方改革を推進したい

オフィスで働く人の情報を見える化し、働き方改革を推進したい

オフィスで働く人と環境を『見える化』する
社員位置情報管理ソリューション

CollaboView

関連記事

リモートワークに3密回避…「ニューノーマル」に向け企業はどう環境を整えるべき?

FRONTGATE

IoTの先進技術で、オフィスの働き方改革が加速する

FRONTGATE