ダイバーシティ・マネジメント

ダイバーシティ・マネジメント

当社は、全ての人材がその能力を最大限発揮できる「働きやすい、やりがいのある会社」を実現するために、ダイバーシティ・マネジメントの推進に取り組んでいます。多様なバックグラウンドを有する人材が互いに尊重し合い、いきいきと活躍することで、持続的成長と新たな付加価値サービスを創造し続ける企業を目指します。

ダイバーシティ・マネジメント推進方針
多様な人材を活かし、一人ひとりの能力を最大限引き出すことにより、革新的なサービスを生み出し、付加価値を生み出し続けるために
ダイバーシティ・マネジメントを推進します。

ダイバーシティ・マネジメントに関するトップメッセージ

当社は「人を大切にします」という約束を経営理念に掲げています。
少子高齢化、グローバル化が急速に進む中、企業競争力を維持するとともに、多様化するお客様ニーズにお応えし続けるためには、社員一人ひとりの個性や価値観を尊重し、互いの力を最大限に活かすことが必要不可欠です。ダイバーシティ・マネジメントの推進はそのために必要な人材戦略の一つであると位置づけています。

さらに、多様な人材が活躍するための基盤として「働き方改革」の取り組みも全社を挙げて推進しています。長時間労働の是正や健康経営、柔軟な働き方へのシフトを、スピード感をもって進めることで全ての人材がその能力を最大限発揮できる組織の実現を目指すとともに、お客様やビジネスパートナーの皆様の働き方改革の推進にも積極的に関わりサポートさせていただいています。

当社は、今後もダイバーシティ・マネジメントと働き方改革を推進することで、新たな価値を創造し続け、社員を含めた全てのステークホルダーが共に活躍できる社会の実現に貢献してまいります。

代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者 谷原 徹

ダイバーシティ・マネジメント推進の位置づけ

生産性の高い創造性豊かな仕事

当社は、「健康的で効率的な働き方の実現」を基盤にダイバーシティ・マネジメントを推進しています。
一人ひとりの心身の健康増進のために必要な措置を講ずるとともに、多様な人材が活躍するために障壁となっている長時間労働や柔軟な働き方を実現するための課題を取り除き、すべての人材が能力を最大限発揮できる会社を目指してダイバーシティ・マネジメントの推進に取り組んでいます。

当社は、専任組織として設置しているダイバーシティ推進課を中心に今後も積極的に取り組みを進めていきます。

具体的な取り組み

女性の活躍推進

女性がいきいきと活躍する企業を目指して、人材育成と働き方改革に取り組んでいます。女性が活躍する上で大きな障害となっている長時間労働を改め、さらなる活躍推進を目的に、女性役員およびライン管理職を100名にするという目標を設定し、各世代の女性社員が抱える課題に応じた研修を実施するなど、キャリア開発支援も進めています。

女性活躍推進プログラム

プログラムの対象者 プログラムの名称 プログラムの目的と主な内容
次代の経営者候補 エグゼクティブ・マネジメント・プログラム 経営視点の醸成と将来の経営層の候補者養成
  • 経営全般の基礎知識習得
  • 経営幹部との交流、事業戦略研修
新任課長 新任課長向けプログラム ライン管理職としての実力発揮をサポート
  • スキル面(リーダーシップ研修、マネジメント研修)
  • マインド面(上司によるキャリアサポート、先輩ライン職との交流)
課長職候補者 マネジメント力養成プログラム
マネジメント力フォローアッププログラム
ライン管理職への動機づけとリーダーシップ力の向上
  • リーダーシップ研修、マネジメント基礎研修
  • キャリアデザイン研修、先輩女性ライン職との交流
出産・育児期 職場復帰支援プログラム 円滑な職場復帰を実現し、復帰後の活躍を促進
  • 社員とその上司向けセミナーの開催
  • 産休前面談、職場復帰面談の実施
若手女性社員 キャリアデザインセミナー
キャリアカフェ 等
ライフイベントとキャリアを中長期的な視点で考え、
将来に対する漠然とした不安の払しょくと自覚を促す
  • 外部有識者によるキャリアに関するセミナー、先輩女性社員との交流

女性役員およびライン管理職数の実績と目標

2019年4月現在(実績) 目標
87人 100人

具体的な取り組みについては以下のサイトに記載しています。
ポジティブ・アクション応援サイト新規ウィンドウ

ポジティブ・アクションに賛同します
第3次男女共同参画基本計画で推進しているポジティブ・アクションに取り組むJISAダイバーシティ戦略に賛同しています。

女性が活躍しています!
「えるぼし」認定

当社は、女性活躍推進法に基づく優良企業認定「えるぼし」を取得しています。

この認定は、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況が優良な企業を厚生労働大臣が認定するもので、当社は全評価項目(①採用、②継続就業、③労働時間等の働き方、④管理職比率、⑤多様なキャリアコース)において基準を満たしており、最高位である3段階目の認定を取得しました。
(2016年8月)

シニア人材の活躍推進

60歳以降も希望者全員が65歳まで安心して働ける雇用制度を確立しています。50・60歳代の社員自身が今後のライフプラン、キャリアプランについて学ぶ機会と多様なキャリアの選択肢を提供するとともに、社員の老後の経済的安定を図っています。また、社員一人ひとりのライフプランの実現に向け、自律的な資産形成を支援しています。

また、2018年7月より豊富な知識・経験を有するシニア人材の一層の活躍を促進することを目的に、新たに「シニア正社員制度」を導入しました。今後60歳に到達する人材が年を追うごとに増加することを踏まえ、豊富な知識・経験を持つシニア人材が安心して活躍できる環境を整備しています。


「50歳からの生き方」をテーマとした講演会

障がい者の活躍支援

重度障がい者雇用モデル企業として、東京都と多摩市の行政と民間企業である当社の共同出資による第三セクター企業、「東京グリーンシステムズ株式会社」を1992年に設立しました。「参加・自立・共生」を理念として掲げ、「自立と貢献」を目指し、当社の特例子会社として、参画するグループ会社の障がい者雇用を推進しています。現在、当社多摩センターオフィスに本社を構え、建物清掃や庭園整備、農業、レストランサービス事業のほか、オフィス内の売店や集配業務などに従事しています。

また、当社の主要拠点にはリラクゼーション(マッサージ)ルームを設置しており、視覚障がいをもつ方がヘルスキーパーとして活躍しています。

今後は、さらなる業務の拡大および職域の開拓をはかり、引き続き障がい者の活躍を支援していきます。

私達は障がい者の社会参加を応援しています
ハートフルマーク
「社団法人全国重度障がい者雇用事業所協会」のシンボルマーク(文化庁登録第17298号の1)
東京グリーンシステムズからのご提供商品には、障がい者の就労にご支援いただいた証としてハートフルマークを添付させていただいております。

グローバル人材に関する取り組み

グローバル関連ビジネスの拡大に伴い、優秀な人材をグローバルに確保するべく海外の大学での採用活動を行うなど、外国籍社員の採用を積極的に進めています。(2018年4月1日現在 外国籍社員数42名)

さらに、国内におけるグローバル人材の育成にも力を入れており、海外現地法人で1年半~2年の実務研修を行う「海外トレーニー制度」や、インド・シンガポール・タイにて、将来的に海外ビジネスを担う人材の育成を行う「海外派遣型研修」など、充実したプログラムを提供しています。

LGBTに関する取り組み

多様な人材が働きやすく活躍できる職場環境づくりの一環として、LGBT等性的マイノリティに関する取り組みを推進しています。相談窓口の設置や、LGBTに関する基本的な理解を促進するための基礎研修を実施するとともに、ライフイベントにかかわる一部の制度については同性パートナーおよびパートナーの家族にも適用しています。

ダイバーシティ・マネジメント浸透に向けて

ダイバーシティを推進するためには、社員一人ひとりが組織に存在する多様な人材の多様なものの見方・考え方などに気付き、その違いを受け入れ、尊重することが重要です。

当社では、社員一人ひとりがダイバーシティの重要性を理解できるよう、ダイバーシティ・スペシャルセミナー(外部有識者による講演会)の開催や、全社員が受講必須のダイバーシティに関するe-Learningの実施。さらに、役員を含む全ライン管理職を対象としたダイバーシティ推進のための組織創りをテーマとした講演会や研修も実施しています。

当社はこれからもダイバーシティ推進に取り組むことで、多様性を受入、活かすことのできる企業文化の醸成を目指します。

ダイバーシティ・スペシャルセミナー

これまでの取り組みと成果

ダイバーシティの推進:取り組み図