USiZEシェアードモデルは、SoRシステムのクラウドリフト先に最適な、高可用性・高機密性を備えたプライベートクラウドサービスです。
国内最高レベルのファシリティを備えるデータセンター上に、稼働率99.99%以上の実績を誇るアーキテクチャと運用体制を備えています。

USiZEシェアードモデルが選ばれる理由

運用コストを含めたリソース提供で高い費用対効果

仮想マシンの利用料に、エンタープライズのシステムに必要な基本運用が含まれているため、別途運用サービスを手配するよりコストメリットがあります。国際標準規格のITILベースの運用管理によってPDCA サイクルを回し、継続的改善とサービスの安定稼働を実現しています。 お客様は、Webポータル上から稼働状況や運用状況を確認いただけます。

ITアウトソーシングによるコア業務への注力を実現

運用管理も含めたIT アウトソーシングに多くの実績を持つSCSK が、クラウド化の際の現状調査から、移行作業、運用改善まで、ワンストップで対応します。システムのマネジメントをSCSKにアウトソーシングすることで、従来型レガシーシステムの運用にかけていた工数を、攻めのIT投資につながる業務へとシフトできます。

稼働率99.999%の高可用性クラウド

メッシュ状のファブリックによるループフリー構成により、99.999%の高可用性を実現しています。
サービス基盤は仮想化のデファクトスタンダードVMware製品を中心に構成され、VMwareの豊富なナレッジに基づくアーキテクチャと運用体制で、安定稼働を支えています。

サービス一覧

導入事例

株式会社村田製作所

株式会社村田製作所 様

「止められないシステム」を迅速に移行し、安定運用を実現。
既存システムのクラウド移行成功までの軌跡。

詳細はこちら (PDF) 
株式会社堀場製作所

株式会社堀場製作所 様

RPO15分と最短4時間以内のRTO目標の遠隔地DRを実現。
グローバル対応の高信頼なITインフラを構築。

詳細はこちら (PDF) 

安心・安全なサービスを支える仕組み

システム

VMwareのトータルなナレッジを蓄積、安定稼働を提供

万一のシステム障害やトラブルに備え、クラウドを構成する機器やソフトウェアのベンダと協力して、原因究明を行う体制を整えているほか、全ての機器は、十分な冗長性を持たせ、安定的なサービスの提供を図っています。
仮にハードウェア障害が発生した場合は、HA機能を使用してリソースに余裕のある物理サーバに自動的に移行し、仮想マシンは約5分で再起動します。また、予兆監視による手動vMotion運用で、ダウンタイム無しの切り替えを実施します。さらに、IO性能監視により、異常なバーストトラフィックの制限を実施することで、性能面を担保しています。仮想基盤は全世界で使用されているVMware製品を中心に構成され、SCSKでは、VMwareの構築、移行、運用のナレッジを蓄積し、安定稼働を実施しています。

高機密性

SCSKのデータセンターは、ファシリティの信頼性に加えて、優れた設計思想に基づくシステムアーキテクチャ、サービス運営の面においても高い機密性を実現しています。

システムアーキテクチャにおける機密性

仮想マシンの機密性

USiZEは、ビジネスデータの安全な運用に応えるため、機密性と可用性の高いコンピューティング・リソースの保護を達成しています。

  • 同一基盤上で動作している仮想マシン同士は安全に
    隔離されます。
  • サーバ仮想化技術(ハイパーバイザ型)を用い、CPU、メモリ、ネットワークのリソースを分離しています。
  • 同一筐体で稼動しているサーバのリソース利用を適切に制御/制限しています。
[図] 仮想マシンの機密性
ネットワークの機密性

ネットワーク仮想化技術は、物理ネットワークに論理分割を実施することで、設備を増やすことなくネットワークの割り当てを可能にします。USiZEでは、仮想ネットワークにも最適なセキュリティ対策を実施し、高機密性の確保を実現しています。

  • 提供するネットワークは、お客様ごとに分離されます。
  • お客様ごとに物理ネットワークポートをご提供し、同一基盤上では、VLAN技術を用いて、お客様ごとの個別ネットワークセグメントをご提供します。
[図] ネットワークの機密性
ストレージの機密性
  • サーバ仮想化技術(ハイパーバイザ)を用い、仮想サーバに割り当てたディスクボリュームが他の仮想サーバから参照できないように、制御しています。
  • サービスご利用終了後は、速やかにデータ消去およびディスクボリューム削除を行います。
[図] ストレージの機密性

サービス運営における機密性

ITILに準拠し、徹底化されたサービス運営品質方針の元、継続的な改善活動や教育訓練、第三者による評価を実施しています。
情報セキュリティにおける社内教育については、当社の全社員および当社業務に従事する関係者が、基本方針を含む「情報セキュリティマネジメントシステム」を理解・共有すべく、「情報セキュリティ/個人情報保護講座」の実施など、教育を徹底しています。

公正な事業慣行への取り組み

当社並びにデータセンターにて取得している主な認証
  • ITサービスマネジメントシステム(ITSMS)JIS Q 20000-1 ISO/IEC 20000-1
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)JIS Q 27001 ISO/IEC 27001
  • 品質マネジメントシステム(QMS)JIS Q 9001 ISO 9001
  • 事業継続マネジメントシステム(BCMS)JIS Q 22301  ISO 22301
  • 環境マネジメントシステム(QMS)ISO14001
  • プライバシーマーク11820015

2004年のサービス開始以来、サービス運営上の情報漏えい事故はございません。

データセンター

国内最高レベルのファシリティ

JDCCティア4※1およびFISC基準※2に準拠しており、自然災害に強く、セキュリティに優れたデータセンターnetXDC上で運営しています。ハウジングをはじめ、多くのお客様にご利用いただいています。システム監査対応として、現地への立ち入りにも対応可能です。

  • ※1 日本データセンター協会(JDCC)が定めるファシリティ基準の最高値
  • ※2 金融情報センター(FISC)が策定する、金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準

ご相談・お問い合わせ

サービスのご説明をご希望の方は、 お電話もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。

ご相談・お問い合わせ資料請求

  • フリーダイヤル | 0800-500-4000
  • 携帯の場合 | 03-6670-2990

受付時間 月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)