メニュー

オンプレミス環境から Google Cloud 環境へスムーズな移行を実現

Google Cloud 移行支援サービス

Google Cloud 移行支援サービスは
オンプレミスから Google Cloud へスムーズな移行を実現

SCSKが提供するGoogle Cloud 移行支援サービスとは、お客様のシステムやデータベースを Google Cloud 環境へ円滑に移行するための計画立案・設計・作業を実施します。既存のオンプレミス環境を評価し、移行方式やツールの選定を適切に行うことで、スムーズなクラウド移行を実現します。

Google Cloud 移行支援サービスは
こんな方におすすめです

このような方にオススメです
  • オンプレミスから Google Cloud への移行を検討している
  • Google Cloud を使いたいが、社内にナレッジがない
  • データベースも含めたGoogle Cloud移行を任せたい

Google Cloud 移行における
SCSKとしての強み

  • 幅広いクラウドへの取り組み

    幅広いクラウドへの取り組み

    SCSKは、VMware製品をベースとしたコンピューティングリソースと運用をセットにした従量課金型の自社クラウドサービス"USiZE(ユーザイズ)"を2004年より提供開始。またAWS、Microsoft Azureの提供・構築に加え、オンプレミスからクラウドへの移行についても国内SIer屈指の実績と経験を積み上げており、お客様数は延べ400社を超えています。

  • クラウドへのDB移行の豊富な案件対応実績

    クラウドへのDB移行の豊富な案件対応実績

    SCSKは1994年にOracle社とパートナー契約を締結。2011年にはOracleパートナーネットワークにおいて、プラチナパートナーの認定を取得しました。Oracle以外にもデータベースの専門知識を有するエンジニアが多数在籍しており、大規模エンタープライズのお客様を中心に、これまで数多くのクラウドへのDB移行プロジェクトを展開しています。
    ※ ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 135名、ORACLE MASTER Gold Oracle Database 546名 (2019年10月2日現在)

  • スムーズかつ高品質なプロジェクト

    スムーズかつ高品質なプロジェクト

    システム基盤構築に多くの実績を持つレック・テクノロジー・コンサルティング様との協業により、スムーズかつ高品質なプロジェクトの実現しています。

本製品に関する
ご相談・お問い合わせはこちらから

Google Cloud への移行方法

既存環境の評価

既存のVMware環境を調査し、Google Cloud 環境へ移行した際のコストを試算します。
評価方法には、Googleから提供されているツール(Stratozone)を利用する方法と、既にお客様が所有されているインベントリリストを元に手動で行う方法、2パターンがあります。

VMware環境の仮想OS移行

vSphere上で稼働する仮想マシンを、そのまま Google Cloud 環境へ移行(リフト)するメニューです。方式は移行の規模に応じ、個別/一括をお選びいただくことができます。

データベース内のデータ移行

既存のオンプレミス環境にあるデータベース(MySQL、PostgreSQL、SQL Serverなど)のデータを、Google Cloud 環境のマネージド型データベースである「Cloud SQL」、または、DWHである「BigQuery」へ移行するメニューです。