データセンターの取り組み

気候変動に対応するデータセンターの取り組み

事業のデジタル化(デジタルトランスフォーメーション)への動きが加速する今日、ITインフラを支える基盤としてのデータセンターの役割は、ますます大きくなっています。
データセンター運営において、気候変動への対応は重要な取り組みです。
現在企業には、気候変動への対応として、CO2などの温室効果ガス排出削減により地球温暖化の進行を抑制する「緩和」策と、気候変動に伴う気象災害などに備える「適応」策の二つが求められています。
当社データセンターは、高効率で災害に強い堅固なファシリティと、省エネルギー運用でサポートいたします。

環境負荷低減への貢献 -グリーンITの推進-

データセンターにおける主なCO2排出要因は、IT機器やサーバ冷却用空調機器による電力消費です。
これらに対応するため、省エネ機器や高効率インバータターボの導入、冬期・中間期における外気冷却の採用、きめ細やかな空調制御などの様々な対策で、電力消費量の削減を推進しています。
各データセンターでは、データセンター省電力化を推進する米国業界団体「グリーン・グリッド(The Green Grid)」が発表した「PUE(Power Usage Effectiveness)」という指標を用いて、電力使用効率を定量的に管理しています。
また、サーバーの仮想化、クラウドサービス、実績豊富なエンジニアによる高品質な運用サービスの提供などを通じて、お客様のIT利用段階における環境負荷低減にも貢献しています。
こうした取り組みのほか、IT機器の利用・廃棄・リサイクルなども重要な観点であり、お客様のサーバ調達における機器選定や、機器の破棄の際にも、環境に配慮した対応を実施しております。
データセンターにおける効率的な水使用についてはこちらをご覧ください。

自然災害に対するレジリエントな社会づくりへの貢献

近年、異常気象による事業への影響が、次第に顕在化してきています。当社データセンターは、高い事業継続性で、お客様のレジリエンス強化に貢献しています。
中でも、関東・関西それぞれに整備した大規模フラッグシップデータセンターは、日本データセンター協会(JDCC)が策定する「ファシリティスタンダード」の最高レベル、「Tier4」認証を取得しています。
地震、台風、竜巻、豪雨、洪水といった自然災害に強い堅牢なファシリティと、最先端技術を活用した万全のセキュリティで、多くのお客様にご利用頂いています。
また、平常時はキッティングルームや会議室として利用しているスペースを、災害時はお客様のディザスタリカバリールームとして一部ご利用頂けるよう備えるなど、お客様の事業継続をサポートいたします。

※レジリエンス:災害等の状況下においても、機能を速やかに回復できる復元力、耐久力のこと

データセンターに関する詳細はこちらをご覧ください。

netXDC三田第2センター
netXDC三田第2センター
netXDC千葉第2センター
netXDC千葉第2センター