トップメッセージ

代表取締役 会長執行役員 最高経営責任者 田渕 正朗、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者 谷原 徹

平素は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

SCSKは、2015年度から5年間に及ぶ前中期経営計画において、2011年の合併以降進めてきた収益基盤の整備と拡充から「成長」路線にギアチェンジし、さらなる企業成長、収益拡大に取り組んでまいりました。その成果の一端として、この5年間で売上高は30%、営業利益は51%の増加を実現できました。加えて、「働き方改革」や「健康経営」「ダイバーシティ推進」と、事業の原動力となる「人」「社員」に対する取り組みを継続的に行うことで、多方面の方々から高い評価をいただいております。

経営計画の全体像

今後も、当社グループが、持続的成長を果たしていくために、企業の社会的な影響力と責任を踏まえ、長期的な視点と社会課題の解決に貢献する経営が重要であると考え、「サステナビリティ経営」を成長戦略として推進していきます。

長期的な成長ビジョンを掲げる上で、経営理念「夢ある未来を、共に創る」に立ち戻り、その経営理念を実践するためのマテリアリティを策定しました。

経営理念とマテリアリティを、当社グループの存在意義としたうえで、10年後、2030年の目指す姿「グランドデザイン2030」を設定、コア事業であるITサービスによる顧客企業や、顧客企業を通じた社会への価値提供を拡大するとともに、自らも主体的に社会への価値創出に取り組むことで、顧客や
社会と共に成長する「共創ITカンパニー」を実現します。
また、「2030年 売上高1兆円」にも挑戦し、名実ともに業界のリーディングカンパニーとなるべく、役職員と共に、邁進してまいります。

SCSKグループは、その総合力を最大限に発揮したサステナビリティ経営を推進することで、
各ステークホルダーと共に、持続的な成長を目指していきます。

今後とも、一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2020年5月
代表取締役 会長執行役員 最高経営責任者 田渕 正朗
代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者 谷原 徹