リスクマネジメント

リスクマネジメント

基本方針

当社では、「リスク」を「損失を被る可能性、または事業活動から得られるリターンが想定から外れる可能性」と定義し、当社グループの事業活動の安定化と企業価値の向上を図るため、事業活動遂行時のさまざまなリスクを可能な限り想定し、下記の目的をもって継続的なリスクマネジメントを実施しています。

業績安定・成長
実績が計画から乖離しないよう事業運営することによって業績の安定性を高め、持続的に成長すること。
体質強化
ビジネスモデルから想定される潜在リスクについて、リスクが顕在化した場合においても事業継続が可能となるよう損失を限定的にすること。
信用維持
法令遵守をはじめとした企業の社会的な責任を果たすことにより、信用の維持と向上を図ること。

リスクマネジメント体制

当社では、グループの事業に重大な影響を及ぼす可能性のあるリスクを適切にマネジメントするため、リスクマネジメントに関する規程を定め、併せてリスクマネジメントの統括部署としてリスクマネジメント部を設置しています。

本規程に基づき、グループコーポレートの各部署はそれぞれの業務分掌に応じて関連したリスクを所管するとともに、事業グループを含むすべての組織の責任者は自ら担当する各組織のリスクマネジメントを責任もって遂行しています。

リスクマネジメント部においてはこれらのリスクマネジメントが適正に機能しているかを、全社視点で一元的に把握・評価し、執行役員 社長 最高執行責任者に対して定期的に報告し、適宜リスク対応方針の指示を受けています。また、評価の結果、より重点的な対策が必要と考えられるリスクについては「重点リスク管理項目」として、それらへの対策や取組状況を取締役会に報告しています。

リスクマネジメント体制図

リスクマネジメント体制図

リスクマネジメントプロセス

上述のリスクマネジメント体制の下、リスクマネジメントの高度化と事業環境の変化に適応するために、以下の一連のプロセスを継続して実施しています。

リスクの把握・評価のために、毎年定期的に国内外のグループ会社を含む全組織を対象としたリスク棚卸を実施するとともに、リスクマネジメント部にて社内外のリスク情報を収集し、執行役員 社長 最高執行責任者に報告するとともに、関連組織にも共有しています。

リスク対策の検討、実施、モニタリングおよび見直しは、各リスクを所管するグループコーポレートが中心となり、教育・啓発を含む、リスクマネジメント活動を全社で実施しています。また、その状況については取締役会などにも報告しています。

リスク管理プロセス

緊急事態対応・事業継続計画への取り組み

当社では、大規模な自然災害やパンデミックなど、当社グループに重大な影響を及ぼす不測事態の発生に備え、緊急事態対応の行動基準や組織体制を整備しています。災害対策部会を中心に、水・食糧の備蓄、安否確認システムでの訓練、災害対策本部の立上訓練の実施、夜間休日の緊急事態対応の体制整備、災害対策ポータル・eラーニング・セミナーなどによる社員への情報共有・啓発活動など、さまざまな事前対策を講じています。また、策定した事業継続計画を整備すべく、毎年見直しを行い、実効性の向上に努めています。

リスク管理プロセス

働き方改革に伴う家庭防災への取り組み

当社では、オフィス内の自然災害対策に加えて、働き方改革による在宅勤務の進展に伴い、社員の各自宅での対策(家庭防災)を推進するための啓発活動に取り組んでいます。その一環として、近年の風水害・土砂災害発生リスクの高まりを踏まえ、2019年8月に風水害・土砂災害対策ガイドを発行するとともに、全社員を対象にeラーニングによる教育を行いました。

オフィスおよび自宅における自然災害への対策を継続的に実施することにより、事業継続体制の整備を図っています。