倉庫管理システム(WMS)
倉庫管理システム(以下WMS)とは、商品に対する倉庫への入出庫管理や在庫管理などの機能を搭載したシステムです。
倉庫における入荷、検品、ピッキング、梱包、出荷など、一連の倉庫内作業を効率化することができます。
生産管理テンプレートと連携することで、製造業の倉庫管理業務に適用することも可能です。
WMSは、生産管理テンプレートの在庫管理に対して、入出庫管理、ロケーション分類管理を強化した業務テンプレートであり、以下の特長があります。

業務に合わせたカスタマイズ

ベースが「atWillTemplate」であるため、簡単なカスタマイズで様々な業種の倉庫管理業務に適用させることができます。

在庫状況・作業状況などの照会切り口の追加や新規帳票の発行など、「atWillTemplate」の高速開発ツールを活用して業務に合わせたカスタマイズが可能です。

業務に合わせたカスタマイズ

入出庫管理

倉庫に対する商品の入出庫を漏れなく実施するための検品作業として、ラベルの発行機能、ハンディターミナル(※1)による検品機能(※2)を標準で備えています。

正確な検品作業が実施できることで、予定外入荷のチェックや得意先への誤出荷によるクレームを激減することができます。

入出庫管理

  • ※1 ハンディターミナルとの通信はJSON形式のHTTPプロトコルを用いているため、ハンディターミナル以外への拡張が可能です。
  • ※2 検品機能は大きく分けて、入荷検品、出荷検品、仕分け検品、荷渡し検品の機能となりますが、パレットに載せた梱数をチェックする機能など、ミスをなくすための細かな検品まで対応しております。

ロケーション分類管理

倉庫内の格納場所(以下ロケーション)に対して、主保管場所や出荷用保管場所などの分類付けをすることができます。

バース(トラック着床場所)に近いロケーションに主保管場所や出荷用保管場所を分類を付けることで、入出荷業務を効率化できます。
預かり品や保冷品、不良品などを管理するロケーションを分類付けで限定することにより、適切な保管場所への入出庫をサポートすることができます。

ロケーション在庫管理

ロケーション分類の優先順位に従って、商品入庫時の推奨ロケーション(在庫がなく空いているロケーション)への作業指示をサポートする機能があります。
また、出荷作業を効率化するため、出荷用保管場所として分類したロケーションに在庫を補充する移動指示をサポートする機能があります。

荷姿管理

商品の在庫管理として必要となる梱包の概念として、梱包箱と個包装(梱包箱を開梱した出荷できる最小限の単位)の荷姿を管理できます。

梱包箱のままの出荷や、個包装の商品を再度詰め合わせ梱包しての出荷をサポートする機能があり、個包装の詰め合せルール設定、および詰め合せの検品機能を標準で備えています。

荷姿管理

有効期限管理

食品などの在庫管理で必要となる、有効期限を管理できます。
有効期限が近い商品リストの発行や、出荷時は有効期限の順で商品を引き当てる機能を標準で備えています。

有効期限管理によりデッドストックとなってしまう商品を極力減らすことができます。

有効期限管理

機能一覧

WMSとして標準で備えている機能の一覧です。

機能一覧

  • ※1 ハンディ―ターミナルの機能があります。
  • ※2 ロケーション分類に基づいた入出庫のサポートと入出庫を制限する機能があります。
  • ※3 梱包箱と個包装の荷姿に対して、開梱指示、詰め合せ指示、在庫管理の機能があります。
  • ※4 商品の有効期限に対して、期限切迫品リストの出力や、有効期限の順で出荷引当する機能があります。