製造業を強くしてきた「atWill Template」。 業務にシステムを合わせるテンプレート導入スタイルにより、
お客様に数々の価値を提供しています。 以下より、代表的な事例をご覧いただけます。

KIRIU

株式会社キリウ 様

一気生産の強化に向け、atWill Templateをベースに生産管理システムを構築。
生産に関する全社のデータを一元的に見える化に成功。
柔軟なカスタマイズで、現場の声もスピーディーに反映
4R ENERGRY

フォーアールエナジー株式会社 様

半年後に迫った工場開所に間に合わせるため、
テンプレート式の生産管理システムatWill Templateでシステム構築。
リサイクル事業特有の原価分解の機能も搭載

【事例1】 通信機械器具製造業

業務状況と経営情報の見える化、原価改善により競争力強化を実現した事例です。

【事例2】 金属製品製造業

適正量発注による在庫削減、経営情報の見える化によりスピード経営とコスト削減を実現した事例です。

【事例3】 化学工業品製造業

属人的に行われている業務をシステム化により標準化・一元化することで、業務改善とコスト削減に成功した事例です。

【事例4】 清涼飲料製造業

業務の再構築と計数情報の見える化により、業務改善とコスト削減に成功した事例です。

【事例1】 通信機械器具製造業

事業内容
通信機械の製造・販売・据付工事
導入概要
atWillTemplateをベースに、個別受注生産(製番管理)における、販売、生産、購買、在庫、原価の領域を構築
解決すべき課題/
システム構築目的
1.
業務データの共有と経営情報への提供
2.
販売・生産拠点の海外シフト
3.
価格競争で勝ち抜く為の、原価低減
4.
商品研究開発、新規ビジネスへの対応
弊社の対応
1.
業務要件とシステム要件の一致
  • 事業部、調達部、営業間の情報共有化による業務状況の可視化
  • 受注業務処理パターンへの対応
2.
個別受注生産と先行生産への対応
  • 受注見込と先行手配への対応
  • 製番管理品と品番管理品(量産品)への対応
  • 共通部材への対応
3.
原価計算精度の改善
  • 原価低減へ繋がる原価精度の向上
  • 製番管理品と品番管理品(量産品)への原価計算対応
  • 工程別原価への対応
4.
システム環境への対応
  • IT統制への対応(セキュリティ、ログ管理、変更履歴管理)
  • 海外対応が可能なシステム環境
  • アラート機能によるPush型のシステム(業務状況のお知らせ機能)
  • 業務変更に追随可能なシステム構成(改変が行い易いシステム)
導入効果
  • 業務状況と経営状況の見える化により、意思決定の迅速化と業務ミス低減を実現
  • 個別受注生産と先行生産をシステム管理上区別することで、無駄のない生産計画が可能になり、在庫圧縮によるコストダウンを実現
  • 工程別原価計算による差異分析により、現場の改善が進んでいる
  • 業務変更に柔軟に追随可能なシステムを実現し、事業変化に伴うシステム改変を迅速かつ低コスト化
実現イメージ
通信機械器具製造業

【事例2】 金属製品製造業

事業内容
金具の製造・販売
導入概要
atWillTemplateをベースに販売、生産、購買、在庫、原価の領域を構築
解決すべき課題/
システム構築目的
1.
業務ルール、情報の流れの見える化
2.
効率化、標準化の為の課題抽出、フロー再構築
3.
社内システムの一本化(基幹系・情報系システム)によるインフラ整備
4.
老朽化対策としてのハードウェアの更新
弊社の対応
1.
在庫圧縮・適正化
  • 属人化していた発注タイミングを、製造リードタイムを意識した発注点管理、 正味所要量計算を実施することにより適正化し、在庫圧縮を図る
2.
業務の効率化・経営管理強化
  • 手作業で対応してきた資料作成や調査作業をシステムから提供することによる業務の効率化
  • 予算と実績を紐付けることにより、経営状況データを提供
3.
インフラの刷新
  • 基幹系/情報系と2系統に分かれていたインフラを一本化するとともに、 汎用機からサーバーへ切り替えることにより、これまで表現しにくかった表やグラフにてエンドユーザーの理解度を向上
導入効果
  • 在庫の適正管理化の結果、欠品、及び過剰保持が大幅に減り、コストダウンを実現
  • システムによる計画と実績の管理を実現したことにより、属人化された業務が標準化・整流化され、業務のスピードアップと作業量の削減を実現
  • 予算と実績の管理を実現することにより、経営層レベルの意思決定を迅速化
  • 業務変更に柔軟に追随可能なシステムを実現し、事業変化に伴うシステム改変を迅速かつ低コスト化
  • インフラの統合とオフコンから移行により、ランニングコストの大幅低減を実現
実現イメージ
金属製品製造業

【事例3】 化学工業品製造業

事業内容
食品添加物の製造・販売
導入概要
atWillTemplateをベースに販売、生産、購買、在庫、原価の領域を構築
解決すべき課題/
システム構築目的
1.
属人化業務の排除による、効率的な社内ローテーションと負荷分散の実現
2.
社員の作業負荷軽減化による、余裕時間を利用した更なる改善活動の推進
弊社の対応
1.
属人化業務のシステム化
  • 生産計画、所要量計算、原価計算を新たにシステム化することで業務の標準化・均一化
  • 出荷/輸出関連ドキュメントの出力条件マスタを管理し、対象ドキュメント出力の自動化
  • 品質検査条件マスタ管理し、検査項目判定の自動化
2.
システムコンセプトの統一化/高い操作性の実現
  • 各画面機能の基本操作を共通化することによる、作業負荷の軽減
  • 販売管理、購買管理の機能コンセプト、レイアウト、動作を統一
導入効果
  • 原価計算の精度向上により、コスト構造と問題の見える化を実現
  • 重複作業の廃止による工場全体を通した作業効率化を実現
  • 属人化業務のシステム化によるローテーション可能な業務環境を実現
  • タイムリーなデータ収集、及び状況の見える化により、意思決定の早期化を実現
  • 業務変更に柔軟に追随可能なシステムを実現し、事業変化に伴うシステム改変を迅速かつ低コスト化
実現イメージ
化学工業品製造業

【事例4】 清涼飲料製造業

事業内容
清涼飲料の製造・販売
導入概要
atWillTemplateをベースに販売、生産、購買、在庫、原価の領域を構築
解決すべき課題/
システム構築目的
1.
抜本的な業務の再構築
2.
経営情報活用のレベルアップ
3.
製造に関するコスト管理の充実
弊社の対応
1.
業務再構築
  • 業務の妥当性確保と効率化の両立
  • システムの業務網羅性、業務の効率化(平準化・省力化・迅速化・単純化・標準化・一元化)
2.
コスト削減に寄与
  • 製造の計画・実績情報(シフト管理、製造実績管理、物品管理等)に関する適時・的確性を高めるため、計数管理機能の充実を図る
3.
情報の有効活用と正確・迅速な情報提供
  • 汎用的なインタフェース機能と、情報をタイムリーに提供できるシステム基盤をEAIツールを利用し構築
  • 各サブシステムで蓄積された情報を収集・変換し、月次損益管理表等の経営情報を提供
導入効果
  • 所要量計算、及び生産計画機能の高精度化を行ったことで、業務効率の大幅向上を実現
  • 計画と実績の管理機能と原価計算機能を充実させたことで、多角的なコスト分析が可能となり、コスト削減を実現
  • 業務変更に柔軟に追随可能なシステムを実現し、事業変化に伴うシステム改変を迅速かつ低コストで実現
  • EAIツールによる連携基盤を構築したことで、全社システムが統合化され、情報の共有と活用のレベルが向上
実現イメージ
清涼飲料製造業