ローコード開発の機能を持つ高速開発ツールは、柔軟かつ効率的に業務にFitしたシステムを構築します。

高速開発ツールは、単体で利用しシステム構築を可能することもでき、また、各業務テンプレートと合わせて活用することで、カスタマイズや機能追加ができます。

システム導入時に自社で画面構築をしたり、稼働後も自社で画面のメンテンナンス等にも活用頂けます。

高速開発ツール群一覧

高速開発ツールが標準搭載している”基本機能”と”ツールで作成可能な業務機能”を豊富に用意しております。

高速開発ツール群一覧

ワークフロー

申請から承認まで業務を一元管理

承認申請が必要な業務が発生した場合、申請~回付中~承認のステータスを管理します。
承認ルートをマスタ管理し、多段階承認や代理承認、承認条件(金額○百万円以上など)ごとのルート設定が可能です。

承認フローイメージ
承認フローイメージ

帳票作成

Excel取込で簡単な帳票作成

帳票出力フォーマットをEXCELファイルにて作成し、データマッピング設定を行うことで帳票を簡単に作成することができます。システム導入後の帳
票の変更や追加もお客様自身で対応いただけます。また、監査証跡対応として帳票出力履歴を残し、いつ、だれが、どの帳票を出力したのかを確認できます。

Excel取込で簡単な帳票作成

画面構築

業務シーンに合わて、柔軟な画面構築が可能

高速開発ツールを活用し、タブレットに適したデータ登録画面を構築したり、画面に製品や部品などの画像を表示させることが可能です。

画面例
利用シーン
製造現場でのタッチパネル
操作に適したレイアウト構成
タブレット操作による製造実績登録

タブレット操作による製造実績登録

色を使ったステータスの
変化がわかりやすい画面
製造指示に対する実績(完了・作業中・未着手)のステータス管理

製造指示に対する実績(完了・作業中・未着手)のステータス管理

画像を活用した
わかりやすい画面
ダッシュボードに設備や生産品目の画像を挿入

ダッシュボードに設備や生産品目の画像を挿入