知れば知るほど なるほど!SCSK ttl_animation

売上高

2022年3月期は、製造業向けのシステム開発需要や銀行業・証券業へのIT投資需要、通信業向けシステム開発需要の増加、また、通信業向けネットワーク機器や自動車業・学術研究機関向けの大型ハードウェア販売によって、システム開発、保守運用・サービス、システム販売の全ての売上区分において増加しました。

 
配当金

配当につきまして、2021年10月1日付にて1株につき3株の割合をもって株式の分割を行っており、2022年3月期の期末配当金につきましては、1株当たり23円34銭(株式分割後)とし、実施済みの中間配当金1株につき70円00銭(株式分割前)とあわせまして、期首に株式分割が行われたと仮定して算出した場合の年間配当金は1株につき46円67銭(株式分割前ベースにて140円00銭)となりました。

 
顧客業者別の売上高構成比 顧客業者別の売上高構成比

SCSKは、長年にわたって製造・流通・金融・通信業をはじめ、幅広い業界に向けてITサービスを提供してきました。これらの業界の主要企業を網羅した強固な顧客基盤および業界固有のITサービス需要に応えるさまざまな業務ノウハウや技術を有していることが、当社の強みです。
これら4業種で80%を占めるSCSKのクライアント数は約8, 000社あり、お客様のITニーズに応え続ける中で、お客様の戦略やお客様固有の業務を熟知し、深い理解力に基づく強固な信頼関係を構築しています。この強固な信頼関係をベースに、お客様の声を真摯にお聴きし、お客様の求めるものを理解し、その上でグループの総合力を発揮してSCSKが有する多種多様なITサービスをお客様に提供することで、お客様の求める真の付加価値を追求・提供いたします。

 
従業員数 顧客業者別の売上高構成比

SCSKグループの総合力を活かし、お客様向けのサービス拡充を図っていきます。

 
従業員数 顧客業者別の売上高構成比

世界38か国200以上の地域にシステムを導入した実績と、住友商事をはじめとするグローバル企業向けITサービスを提供している経験を活かし、現地の会計・法律をはじめ、商習慣に対応しています。そして、それらを支えるデータセンターを保持し、一貫したサービスを提供しています。

 
SCSKの提供するソリューション無限大!!

コンサルティングから、システム開発、検証サービス、ITインフラ構築、ITマネジメント、ITハード・ソフト販売、BPOまで、ビジネスに必要なすべてのITサービスを、SCSKがフルラインアップでご提供します。
複数の事業部門が横断的に連携し、お客様に最適な製品・サービスを複合的にご提案・ご提供します。
充実の製品・サービスと、50年来の確かな技術・ノウハウを駆使し、それらすべての要素を組み合わせ、お客様のビジネスの課題解決や、新たな価値創造に貢献します。

 
月間平均残業時間 有給休暇取得率
残業時間と有給休暇取得日数のグラフ

「働きやすい、やりがいのある会社」を目指し、業界でいち早く残業時間の削減と有給休暇の取得率向上を中心とする働き方改革に挑戦してきました。その成果は着実に表れており、今もなお進化を続けています。

 
従業員満足度 従業員満足度のグラフ

働き方改革の推進やワーク・ライフ・バランスの向上、多様な人材の活用を目的としたダイバーシティ&インクルージョンなどの施策を進めた結果、従業員満足度は高い水準を維持しています。

 
健康増進による自分と家族の幸せ 健康増進による自分と家族の幸せのイメージ

2016年3月期より経営戦略の一環として「健康経営」を推進しています。「健康わくわくマイレージ」をはじめとする長年の取り組みにより、健康推進が自分と家族の幸せにつながることや、心身のコンディション改善がパフォーマンスの向上に結び付くことを実感する社員の割合が着実に増加しています。

 
女性役員およびライン管理職の人数
女性役員 女性役員およびライン管理職のグラフ

女性がいきいきと活躍する企業を目指して、女性役員およびライン管理職の育成や各世代の女性役員が抱える課題に応じたキャリア開発を進めています。さらに、2021年度より部長級の女性比率や極めて高度な専用性を持つ人材の育成について目標を設定し取り組みを進めています。

 
logo_nadeshiko logo_kenko
なでしこ銘柄・健康経営銘柄

働き方改革やダイバーシティの推進、社員の健康増進など「働きやすい、やりがいのある会社」を目指して、諸施策を実施しております。
これからも、お客様と社会が求める未来を「共に創る」ことで、未来に向けて成長し続ける企業となることを目指します。

 
CAMPワークショップ延べ参加者数

当社は人間性の尊重と社会における人材の育成を企業の社会的責任ととらえています。そして、こどもたちの育成においても積極的にその責任を果たしていくため、社会貢献活動「CAMP」を続けています。
CAMPは、ワークショップを通して、こどもたちの「共に創る力」を育む活動です。こどもたちはワークショップでの創作体験や共同作業、作品の発表を通じて、楽しみながら自分に合った表現方法を見つけ、コミュニケーションの輪を広げていきます。また、ワークショップを支えるスタッフ(ファシリテーター)には、多くの社員がボランティアとして参加しています。