中期経営計画

 

SCSKグループ 中期経営計画(FY2020~2022)
~ 2030年 共創ITカンパニーを目指して ~

当社は、2020年4月に、「SCSKグループ中期経営計画(FY2020~2022)」を策定しました。

デジタル社会の本格到来により、ITサービス業界全体の構造変化が求められる中で、当社グループの姿を抜本的に変革する中長期戦略が必要との認識のもと、当社グループの社会的な存在意義および長期的な目指す姿を明確にした上で、最初のステップとして新中期経営計画を位置づけています。

1. 経営計画の全体像

当社グループは、成長戦略として、「サステナビリティ経営」を推進していきます。

今後、当社グループが持続的成長を果たしていくためには、様々なステークホルダーの価値観と、企業の社会的な影響力を踏まえ、長期的な視点を持つとともに、社会課題の解決に貢献する経営を行うことが重要となります。

長期的な成長ビジョンを掲げる上で、経営理念「夢ある未来を、共に創る」に立ち戻り、その経営理念を実践するためのマテリアリティを策定しました。そして、当該方向性を踏まえ、2030年の目指す姿としてのグランドデザインと、実現のステップとしての中期経営計画を策定しました。

経営計画の全体像

2. 経営理念の実践:マテリアリティ

経営理念「夢ある未来を、共に創る」の通り、当社グループは従来より、未来を見据え、社会に貢献し、社員を大切にする経営を志向してきました。今回改めて、経営理念を実践していくために解決すべき社会課題として、当社グループの事業・強み・社会に対して果たすべき役割から、7つのマテリアリティを策定しました。

社会課題解決を通じた持続的な事業成長

持続的な成長を支える基盤

3. グランドデザイン2030

経営理念とマテリアリティを、当社グループの存在意義としたうえで、社会と共に持続的発展を目指し、「2030年 共創ITカンパニー」を実現します。コア事業であるITサービスによる顧客企業や社会への価値提供を拡大するとともに、自らも主体的に社会への価値創出に取り組み、顧客や社会と共に成長していきます。また、2030年 売上高1兆円に挑戦します。

グランドデザイン2030

4. グループ中期経営計画(FY2020~2022)

「2030年 共創ITカンパニー」の実現に向けて、最初のステップとして、FY2020から3年間で、以下の3つの基本戦略と経営基盤強化により、グローバルベースでの事業拡大を目指します。

グループ中期経営計画(FY2020~2022)

基本戦略1:事業革新 - コア事業において、業務プロセスと顧客接点の革新で競争優位を確立

業務プロセス

自社開発のものづくり革新プラットフォーム「S-Cred※1を核に、高水準の品質・生産性・柔軟性を備える多様なITサービスを提供(ものづくり革新)

顧客接点

分室※2ビジネスを常駐支援型から、顧客のビジネス・IT戦略を支える価値共創型へ転換(分室革新)

基本戦略2:DX事業化 - 顧客・異業種・グローバル共創により新たな事業を創出

基本戦略3:人財投資 – 高度化・多様化・拡充で事業成長を加速

経営基盤強化:3つの基本戦略を推進する上での土台

投資領域

経営指標

  FY2019   FY2022
売上高 3,870億円   5,000億円以上
営業利益率 10.9%   10.0~12.0%
ROE 15.6%   15.0%以上
  • 中期経営計画期間中のROIC維持目標レベル:
    10~12%