料金

WinActor®を初めて導入するときは、
2種類のライセンスと2種類の機能から目的に合ったものを選んでください
契約後のライセンス切り替えもできますよ

placeholder+image

なるほど、全部で4通りのライセンスがあって、
目的に合ったものを選べば良いんだ!

ライセンスの切り替えが柔軟にできるなら
利用方法が変わっても安心だ!

①ライセンスの種類

②「フル機能版」と「実行版」

  • 記録や編集、実行など、
    すべての機能を使うなら
    フル機能版
  • シナリオの読み込みや
    実行の機能を使うなら
    実行版

フル機能版と実行版の機能比較

機能 画面名/操作 ライセンス種別
フル機能版 実行版
シナリオ編集および保存 新規作成、記録、シナリオ編集、インポート、エクスポート、上書き保存、名前を付けて保存
シナリオ読込 開く
シナリオ実行 全体実行、部分実行、一時停止、ループ完了後一時停止、再開、再開およびループ完了後一時停止、停止 △※1
画面表示 ツールバー △※2
オプション △※2
フローチャート △※3
変数一覧 △※3
データ一覧
ログ出力操作
監視ルール一覧
イメージ
プロパティ
ルール管理
ブレイクポイント一覧
起動パスワード設定 起動パスワード
ライセンス管理 バージョン情報表示、ライセンス登録
終了 終了

※1 実行版では、部分実行ができません。
※2 実行版では、記録、編集のメニューが表示されません。
※3 実行版では、閲覧のみが可能です。変更操作ができません。

ノードロックライセンス

インストールしたPCでのみ利用可能なライセンス。

WinActor®は、インストールしたPCの固有情報をもとにライセンスファイルを生成するため、
他のPCに環境を移す場合は、ライセンス移管手続きが必要です。

  • 1年間の期間ライセンスです。1年ごとの更新が必要です。
  • インストールするPC×1台につき1ライセンス必要です。
  • ライセンスには使用権と製品保守が含まれます。
フル機能版908,000/PC1台(1年間)
※メーカー希望小売価格
実行版248,000/PC1台(1年間)
※メーカー希望小売価格

フローティングライセンス

何台のPCにでもインストールでき、保有しているライセンス数まで同時に起動できるライセンス。

  • 1年間の期間ライセンスです。1年ごとの更新が必要です。
  • ライセンスには使用権と製品保守が含まれます。
  • 別途、ライセンス管理サーバ※1を導入する必要があります。

※1 FLA [Floating License ADMIN]

構成例

Floating License ADMIN
(ライセンス管理サーバ)

フローティングライセンス 3台
(フル機能1台、実行2台)

3,000,000円~5,000,000円(1年間)

※本金額は当社調べによる想定市場価格です。
当社の提示額ではございませんので、詳細はお問合せください。

Floating License ADMIN

フローティングライセンスを管理。

WinActor®フローティングライセンスで起動したWinActor®のリクエストに応じ、未使用のライセンスを有効化します。
WinActor®と通信可能なサーバにインストールし利用します。

オープン価格

目的別ライセンスの選び方

WinActor®を単体で利用したい ノードロックライセンス
複数のWinActor®を
複数人で共有したい
Floating License ADMIN
(ライセンス管理サーバ)

フローティングライセンス
複数のWinActor®、利用者を
効率的に管理したい
WinActor®Manager on cloud
(総合管理サーバ機能)

フローティングライセンス & ノードロックライセンス

有償サポート

導入前

  • PoC支援サービス
    SCSKが保有するライセンスを元に、お客様の業務を実際にWinActor®でRPA化します。
    ライセンス契約前に、WinActor®の導入効果をお客様に測定、判断いただくことができます。
  • シナリオ作成サービス
    お客様に実演いただいた業務を、SCSKがWinActor®でRPA化します。
  • トレーニングサービス
    1名から小規模のグループ、集合研修まで、お客様がWinActor®を使えるようさまざまなトレーニングを提供します。
  • ガイドライン作成支援サービス
    誰が作っても変わらない品質、どの環境で実行してもエラーとならないロボットの作成ができるガイドラインをお客様と一緒に作成します。

導入後

  • シナリオ保守サービス
    「シナリオ作成サービス」をご利用いただいたお客様向けに、作成したロボットのメンテナンスを行います。
  • シナリオ作成問合せサービス
    ロボット作成時のさまざまな問題、疑問に具体的な解決を支援します。

有償サポートの料金についてはお問合せください
上記以外にも、お客様の要望に応じてサポートメニューをお作りします

購入・見積依頼はこちら

動作環境

WinActor® (Ver.7.0)
[ノードロック版、フローティングライセンス版のクライアント端末]

ソフトウェア環境条件(必須)

オペレーティングシステム Microsoft Windows 10 Pro, Microsoft Windows Server 2016
実行環境 Microsoft .NET Framework 4.8以上

ハードウェア推奨環境

CPU Core i3-6100 (2コア 3.7GHz)以上のx86またはx64プロセッサー
ハードディスク 空き容量 3.0GB以上
メモリ 2.0GB以上
ディスプレイ FHD(1920×1080)が表示可能であるもの
サウンド シナリオ中で音を出すためのサウンド機能(スピーカを含む)
※音機能を使わない場合には不要

自動化対応ツール

Web ブラウザ 自動記録/自動操作対応:Internet Explorer 11, Google Chrome
自動操作対応:Microsoft Edge,Mozilla Firefox
アプリケーション WinActor® では、処理の自動実行時に外部ファイルから読み込んだ値をシナリオ中で利用する変数に格納したり、実行結果を外部ファイルに書き出したりすることができます。
外部ファイルの形式には、CSV 形式とExcel 形式(拡張子がxls、xlsx、xlsm)を利用できます。Excel 形式を利用する場合は、Microsoft Office Excel 2010、2013、2016, 2019 のいずれかをインストールする必要があります。

WinActor® (Ver.6.3)
[ノードロック版、フローティングライセンス版のクライアント端末]

対応OS Windows 7 SP1※1, Windows 8.1, Windows 10, Windows Server 2012 R2,
Windows Server 2016※2
対応ソフトウェア Microsoft Office 2010, 2013, 2016, 2019※Office連携時
対応ブラウザ 自動記録/自動操作対応:Internet Explorer 11,Google Chrome,Mozilla Firefox
自動操作対応:Microsoft Edge
推奨CPU 2.5 GHz以上の x86または x64プロセッサー※3
ハードディスク 空き容量 3.0GB以上
メモリ 2.0GB以上
ディスプレイ 1024 × 768 以上が表示可能なもの
※高解像度のディスプレイを使用する際に、Windowsの設定でテキストやアプリのサイズを変更している場合、文字やアイコンのレイアウト崩れが発生することがあります。

※1 拡張セキュリティ更新 (ESU) プログラムご利用時 (2020年1月15日以降)
※2 WinActorEyeのOCR機能は以下の環境が必要となります。
 OS:Microsoft Windows 10 Professional、Microsoft Windows Server 2016
 実行環境:Microsoft.NET Framework:バージョン4.8 以上
※3 WinActorEyeは以下の環境が推奨となります。
 CPU:4コア以上

WinActor® Floating License ADMIN (WinActor® FLA) (Ver.1.3)
[フローティングライセンス版の管理サーバ]

対応OS Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016
対応ブラウザ Internet Explorer 11 ※保守端末
推奨CPU x64 命令セット対応 64 ビットの3.0GHz以上のプロセッサ
ハードディスク 空き容量 3.0GB以上
メモリ 2.0GB以上

アフターサポートも充実
WinActorのことならSCSKにおまかせください

まずは無料トライアル