ブログ

Sysdigは、業界からハラスメントをなくすために「Respect in Security」を支援しています。

Sysdigは、業界からハラスメントをなくすために「Respect in Security」を支援しています。

本文の内容は、2021年8月3日にChris Kranzが投稿したブログ(https://sysdig.com/blog/respect-in-security)を元に日本語に翻訳・再構成した内容となっております。

Sysdigでは、オープンソース技術を中心としたコミュニティの構築に多くの経験を持っています。コミュニティの主な強みは、性別、人種、民族、能力、宗教、文化、性的指向などに関係なく、新しいメンバーをいかに受け入れるか、その多様性やサポートの姿勢にあると考えています。この点において、私たちは、オープンソース・コミュニティに対しても、企業コミュニティと同様の見通しを持っています。


いかなる種類のハラスメント、いじめ、虐待も、私たちの会社、私たちが行っている仕事、そしてこの業界全般には存在しません。

とはいえ、先日、「Respect in Security」への支援を表明したことは、大変喜ばしいことです。まだまだ課題は山積していますが、私たちは、私たちが行う、あるいは関わるすべての仕事において、インクルージョン、歓迎される文化、多様性を推進し、あらゆる形態のハラスメントを排除することを約束します。


これが私たちの誓いです:

Sysdigは、この業界におけるあらゆる形態のハラスメントの防止に取り組むサイバーセキュリティコミュニティの一員として、ここにハラスメントと恐怖のない職場とコミュニティを支援することを誓います。

ハラスメントとは、人の尊厳を侵害したり、威圧的、敵対的、品位を落とす、屈辱的、または攻撃的な環境を作り出す目的または効果を持つ、身体的、言語的、または非言語的な望ましくない行為のことです。ハラスメントは、継続的なものもあれば、単発のものもあり、また、明らかに現れるものもあれば、隠れていたり、陰湿なものもあります。また、ハラスメントは、面と向かって行われる場合、電話で行われる場合、電子メール、テキスト、ソーシャルメディアなどのオンラインコミュニケーションを含む書面で行われる場合があります。ハラスメントの定義は、直接的なコミュニケーションの状況にも、個人を積極的に排除する状況にも、またそのようなコミュニケーションや排除を勧誘する状況にも、同様に適用されます。

この誓いは、職場だけでなく、職場外や通常の営業日以外の仕事関連の場でも適用されます。私たちはこう誓います:

  • 私たちは、すべての従業員、パートナー、顧客、および交流を含めて、ハラスメントの排除に努めます。いかなる形態のハラスメントも、違法ではない場合や保護されるカテゴリーに向けられたものであっても、容認されません。
  • 発生場所や関係者を問わず、いかなる形態のハラスメントも容認、容赦、無視しません。
  • 私たちは、スタッフが安全でない組織的または社会的環境での活動を求められないようにします。
  • 私たちは、従業員、請負業者、および第三者が報復の恐れなしに報告を申し出られるようにし、偏見を持たずに直ちに敬意を持って対応します。私たちは、ハラスメントの報告者が会社やコミュニティに対して不誠実ではないこと、そして誰もがポジティブな環境で働く価値があることを認識します。
  • 私たちは、違反の疑いを報告する人の匿名性を、合理的に可能な限り保護します。
  • 私たちは、ハラスメントとは何か、なぜそれが決して許されないのかについて、従業員および請負業者に定期的に教育を行うとともに、当社のポリシーと報告の仕組みを継続的に維持し、積極的に見直していきます。
  • 私たちは、報告プロトコルについて従業員と定期的に話し合い、このプロトコルの公開版を外部に参照・利用できるようにします。

ご質問・お問い合わせはこちら

top