課題 01

未知の脅威の検出とその対応策が知りたい


解決策

「RiskAdvisor」を活用すれば、
検出状況も対応策もわかります。

SCSKの「RiskAdvisor」は、サイバー攻撃の監視・検出・分析や対応策の提供を行うSOCサービスを、リーズナブルな料金で利用できる簡易SOCサービスです。FortiGateなどの次世代ファイアウォールからログを取得して分析し、重要と思われる攻撃の発生状況と対応策をリアルタイムでメール通知。ログ統計情報をもとにしたレポートを毎月ご提供します。

「RiskAdvisor」を活用すれば、検出状況も対応策もわかります。
課題 02

複数台のFortiGateを簡単に管理・分析したい


解決策

「FortiCloud」
で簡単に管理できます。

FortiCloudは、FortiGateをはじめとするFortinet社の製品を幅広く管理できるクラウドサービスです。遠隔地に配置された複数台の端末もクラウド上で遠隔管理することができ、ログの保存と簡易分析が可能になります。(ログの保存量や期間により一部有償となります)

「FortiCloud」で簡単に管理できます。
課題 03

クラウドサービスの利用で通信が遅くなった


解決策

「インターネットブレイクアウト」
で快適な通信が可能に

Microsoft 365 など、特定のクラウドアプリケーションの通信と取引先との通信やWeb閲覧などの通信を分けて運用し、通信の負荷を分散させることができます。アクセスが同時に集中しがちなWindowsUpdate時の負荷分散も可能です。(無償)

「インターネットブレイクアウト」で快適な通信が可能に
課題 04

インシデントが検知されても問題箇所が分からない


解決策

「セキュリティファブリック」
を活用すれば状況が一目瞭然です

「フォーティネット セキュリティ ファブリック」は、企業ネットワークを可視化することによって攻撃対象領域を減らすと同時に、AI を活用して高度な脅威をブロック、さらには運用を自動化することによって業務負荷を軽減します。PCやタブレット端末などのOSや通信情報も可視化できるため、複雑なネットワーク環境でも一目瞭然で状況を把握できます。

「セキュリティファブリック」を活用すれば状況が一目瞭然です

FortiGateの実際の管理画面