HOME    BRMS入門

業務担当者&IT担当者必見!
BRMS入門

BRMSとは?

ビジネスルールマネジメントシステム

BRMS(ビジネスルールマネジメントシステム)とは、組織や企業の「ビジネスルール」を業務アプリケーションから切り離して、「ルールエンジン」によって、ビジネスルールを登録・管理・実行するシステムです。
ビジネスルールとは、ビジネスを遂行する上で判断・行動していくための基準となるもので、《○○○ならば(条件)△△△する(アクション)》と表現することができます。例えば勤怠システムなら、《「18時以降の勤務時間」は、「残業時間としてカウント」する。》というようなルールが考えられます。ルールエンジンとは、上記のような物事の判断過程《こういう場合にこうする》をプログラム化して実行するソフトウェアです。

BRMSを呼び出しルール実行結果を取得する

一般的な業務アプリケーションの場合、ビジネスルールが変われば、その都度アプリケーションを修正しなければならず、そこには大きなコストと工数が発生してしまいます。変化の激しい昨今のビジネス環境には、とても対応できません。
けれども、BRMSを導入して、業務アプリケーションからビジネスルールを分離することができれば、ビジネスルールが頻繁に変更されても、変更やメンテナンスがしやすく、運用に強いシステムを構築することができます。

業務アプリケーション内の各ビジネスプロセスが、必要に応じてビジネスルールを呼び出し、実行する

BRMSと併用して力を発揮するのが、BPM(ビジネスプロセスマネジメント)です。BPMとは、業務プロセスのフローを管理するシステムであり、BRMSは、その業務プロセス上で物事を判断するときの基準とアクションを管理するシステムと言えます。上図のように、業務アプリケーション内の各ビジネスプロセスが、必要に応じてビジネスルールを呼び出して実行することになります。

BRMS製品ラインナップ

RED HAT Decision Manager(旧JBOSS BRMS)

オープンソースソフトウェアで提供される唯一のBRMSです。ビジネス領域に潜在するビジネスルールを可視化、管理することで、意思決定や判断の自動化を実現できます。

もっと詳しく

Progress Corticon

世界40カ国以上で利用されているBRMSです。ビジネスルールの変更をコーディングレスでシステムに反映でき、開発や変更にかかる時間を最大90%短縮できます。

もっと詳しく

InnoRules InnoProduct

業務ユーザーの利用を最大限に考慮したBRMSです。ビジネスで使う用語でのルール表記、直感的に操作可能なUIなど、効率的なビジネスルールの運用・管理が可能です。商品管理に特化したオプション製品「InnoProduct」を選択することもできます。

InnoRules について、もっと詳しく
InnoProduct について、もっと詳しく

BRMS導入のメリット

ビジネスルールの可視化

業務アプリケーションにおけるビジネスルールは、ソースコードの中に埋めこまれてしまうため、現場の業務担当者には把握しにくいものとなっています。BRMSならば、ビジネスルールの実装にデシジョンテーブルを使用するため、システム上に実装されたルールを業務担当者も容易に理解することができます。

ビジネスルールの可視化

変更に対する柔軟性の向上

ビジネスルールをアプリケーションから切り離すことで、プログラム全体を変更することなくルールの設定や変更ができるようになり、仕様変更に強く、迅速に対応できるシステムを構築できます。

開発生産性の向上

BRMSはビジネスルールの管理/実行に特化したソフトウェアなので、短時間で実行可能なルールアプリケーションを作成できます。これにより、プロトタイプを使用しての仕様検討が可能となり、
 ルールを実行するための制御用プログラムコード作成工数削減
 仕様検討のための資料作成やミーティング工数の削減
といったメリットが生まれます。

開発生産性の向上

品質の向上

仕様検討フェーズの早期に、動作可能なプロトタイプを使用できるため、
 開発成果物の要件漏れや不整合が早期に発見できる
 プロトタイピング手法により、テストに多くの時間が割ける
ようになります。

結合テストバグ件数に占める割合

BRMS使用時の開発手法

BRMS使用時の開発手法


BRMS使用時の開発手法(プロジェクト体制)

BRMS使用時の開発手法(プロジェクト体制)


BRMSに関するお問い合わせ 無償 ProgressCorticonハンズオンセミナー InnoRules ハンズオンセミナー 無償 InnoProduct ハンズオンセミナー 無償 BRMSならSCSK その理由とは? JBoss Enterprise Middleware

閉じる

11月13日(金)

With/Afterコロナに向けた企業システムを考える ~BRMSによる業務の変革~

申し込む