ブログ

Sysdigは、最先端のクラウドアプリケーションセキュリティを実現するために$1.19Bの評価額で$188Mを調達

Sysdigは、最先端のクラウドアプリケーションセキュリティを実現するために$1.19Bの評価額で$188Mを調達
本文の内容は、2021年4月28日にSysdigがプレスリリースした内容(https://sysdig.com/press-releases/sysdig-raises-188m-at-a-valuation-of-1-19b-to-secure-modern-cloud-applications/)を元に日本語に翻訳・再構成した内容となっております。


加速する成長とオープンソースコミュニティの勢いを受けた資金調達により、Sysdigはコンテナとクラウドセキュリティのリーダーとなります。

サンフランシスコ - 2021年4月28日 - Secure DevOpsのリーダーであるSysdig, Inc.は、本日、評価額$1.19BのシリーズF資金調達ラウンドを発表しました。今回のラウンドにより、Sysdigの創業以来の資金調達総額は$394Mとなりました。今回の資金調達は、Premji Invest & AssociatesとThird Point Venturesがリードし、Accel、Bain Capital Ventures、DFJ Growth、Glynn Capital、Goldman Sachs、Insight Partners、Next47が参加しました。また、サードポイントベンチャーズのロバートシュワルツ氏、プレムジインベストアンドアソシエイツのサンデシュパトナム氏、ベインキャピタルベンチャーズのエンリケサレム氏が取締役会に参加したことも発表しました。

CEO Suresh Vasudevanのブログ:$188Mの資金調達により、お客様が自信を持って最新のクラウドアプリケーションを実行できるようにするという弊社のミッションが実現します。

Sysdig Secure DevOps Platformは、コンテナ、Kubernetes、パブリッククラウドインフラストラクチャーセキュリティに関する課題をユニークに解決します。Sysdigは、Worldpay by FIS、Yahoo! JAPAN、IBM、JW Playerなど、数百社の大手企業から信頼を得ており、セキュリティリスクを管理し、コンプライアンス要件を満たしながら、最新のクラウドアプリケーションを自信を持って実行することができます。

今回のラウンドは、2020年の力強い成長、急速に拡大する顧客基盤、活発なオープンソースコミュニティ、そしてコンテナとクラウドによる大規模な成長機会を受けたものです。

主要なマイルストーン

  • 2021年度下半期(FY21)に新たに追加された年間契約額(ACV)は、前年度の同時期に追加された額の2.3倍となりました*。これは、2020年を通してクラウドの導入が進み、勢いが増したことを反映しています。
  • 大規模なグローバル企業数十社を含む450社の企業顧客を有し、購入顧客上位50社の平均年間経常収益(ARR)は$500,000を超えています。
  • 21年度末の年間純収益維持率(NRR)が140%であり、お客様において拡大する強い傾向があります。
  • 先月の170万件を含む約2,400万件のダウンロードにより、Falcoの普及率は過去1年間で300%増加しています。
  • Sysdigは、2021年に継続的なクラウドセキュリティポスチャーマネジメント(CSPM)を追加したことで、コンテナやKubernetesのセキュリティだけでなく、クラウドセキュリティも含めたトータルアドレサブルマーケット(TAM)を大幅に拡大しました。また、昨年は、Fargateの初のインラインスキャンゼロトラストネットワークセキュリティクラウドでスケールできるPrometheusモニタリングなど、50以上の重要な機能を提供したことで、サービス提供可能市場(SAM)も拡大しました。

*2021年の会計年度は、2020年2月~2021年1月まででした。

2020年11月、ガートナー社は、2021年のパブリッククラウドの予測を、2020年の$257.5Bから$304.9Bに引き上げました。[1] 最先端のアプリケーションは、コンテナやKubernetesを活用した高度に分散されたマイクロサービスとして構築され、パブリッククラウドのプラットフォーム上で膨大な数のサービスを利用するケースが増えています。このような変化はイノベーションを加速させる一方で、独自のファイアウォール思考で構築されたレガシーのセキュリティツールでは対応できない固有の課題をもたらしています。アプリケーションの提供を遅らせることなくリスクを管理するために、企業はセキュリティスタックを必要としています:

  • セキュアなDevOpsのために設計されている
  • オープンソースで構築されているため、イノベーションを促進し、標準化を進めることができる
  • シンプルで拡張性の高いSaaSとして提供されている
  • また、コンテナとクラウドを横断する深い可視性を提供

Secure DevOpsでコンテナ、Kubernetes、クラウドアプリケーションを安心して実行

Sysdig Secure DevOps Platformは、コンテナ、Kubernetes、およびクラウドを自信を持って実行するためのセキュリティと可視性を提供します。ソフトウェアビルドパイプラインの保護、ランタイムの脅威の検出と対応、サービスの健全性を監視、クラウドのセキュリティ体制とコンプライアンスの継続的な検証など、お客様はこのプラットフォームを利用しています。

SysdigのSaaS型デプロイメントモデルと、厳選されたすぐに使えるワークフローにより、企業はセキュリティリスクを低減しながら、運用効率を25~50%向上させることができます。クラウドセキュリティポスチャー、クラウドワークロードプロテクションプラットフォーム、コンテナモニタリングの各市場を網羅する機能を備えており、新規顧客の85%が3つのポイントソリューションに代わってプラットフォームソリューションを購入しています。

Sysdigはオープンソース企業として設立され、Sysdig Secure DevOps Platformは、最新のクラウドアプリケーションのセキュリティ課題に対応するために、オープンソースの基盤上に構築されています。オープンソースのSysdigとFalcoは、Sysdigがセキュリティの基盤として深い可視性を活用するために創作されたプロジェクトで、コンテナやクラウドの脅威検知やインシデント対応の標準となっています。2018年にCloud Native Computing Foundation(CNCF)に寄贈されたFalcoは、現在、インキュベーションホスティングレベルのプロジェクトとなっています。Sysdigは昨年、Kubernetesに次ぐ人気を誇るCNCFプロジェクトであるPrometheusの完全な互換性とスケーラビリティを発表しました。SysdigのCSPM機能には、静的構成チェックのためのCNCFプロジェクトとして人気の高いCloud Custodianが組み込まれています。

今回の投資の焦点

Sysdigは今回の投資により、オープンソース基盤や Secure DevOps Platformの継続的な革新に投資し、ローリー、スペイン、イタリア、ベオグラード、サンフランシスコの研究開発チームを成長させることができます。今回の資金調達により、米国、欧州、日本、オーストラリアの既存市場における販売・マーケティングの拡大、およびアジア太平洋地域の新規市場への参入が促進されます。また、エコシステムやチャネルパートナーシップの構築、世界各地のSaaS リージョンへの参入にも重点を置きます。

引用

ベインキャピタルベンチャーズのパートナー:エンリケサレム氏は次のように述べています。"既存の企業が推進しているファイアウォールの考え方に基づく現在のセキュリティスタックは、クラウドでは無意味です。SysdigはSecure DevOpsアプローチを採用しており、チームはセキュリティリスクを管理しながらクラウドアプリケーションをより早く市場へ投入することができます。Sysdigは、オープンソースのセキュリティスタックをベースに構築しており、これがイノベーションと採用を加速させると考えています。"

プレムジインベストアンドアソシエイツ、USマネージングパートナー、サンデシュパトナム氏:"クラウドは、アプリケーションの開発やセキュリティ対策の方法に変革をもたらしています。これにより、若くて革新的な企業が、この新しくてエキサイティングなカテゴリーのリーダーとして登場するための競争の場が整います。我々は非常に慎重に投資を行っており、Sysdig社がIPOを成功させるだけでなく、公開市場で長期的に大きな利益をもたらすことを期待しています"と述べています。

サードポイントベンチャーズのマネージングパートナー、ロバートシュワルツ氏:"Sysdigは、他のソリューションとの差別化を図るために、他社が流行に乗る前にコンテナやKubernetesのセキュリティにオープンソースのアプローチを取るなど、早い段階でいくつかのステップを踏みました。これは彼らにとって非常に大きな成果となりました。Sysdigは主要な顧客基盤を持ち、その拡張性を証明しています。我々はSysdigのチームに参加できることを嬉しく思い、彼らがここから加速していくのを手助けするのが待ちきれません。"

アクセルのパートナー、Ping Li氏:"アクセルは、オープンソースをベースにしたDevSecOpsスタックをSaaSとしてデプロイすることが勝利の方程式であるという信念のもと、早い段階でSysdigと提携しました。今日、Sysdigはコンテナとクラウドのランタイムセキュリティの明確なリーダーとなっています。"

Sysdig、最高経営責任者 スレッシュヴァスデヴァン:"Sysdigはオープンソースの会社として設立され、Secure DevOpsのために設計されました。対して、Palo Altoはプロプライエタリなファイアウォールの会社として設立され、その考え方がクラウドにおけるアプリケーションデリバリーを遅らせています。クラウドでデリバリーされるアプリのための主要なセキュリティスタックは、コンテナやクラウドへの深い可視性を提供するSecure DevOpsアプローチを備えたオープンソース上に構築されます。"

メディア連絡先
アマンダマッキニースミス
(703) 473-4051
amanda.smith@sysdig.com

[1] Gartner, Gartner Forecasts Worldwide Public Cloud End-User Spending to Grow 18% in 2021, Katie Costello and Meghan Rimol, 17 November 2020

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ご質問・お問い合わせはこちら

top