ブログ

RaspiとPrometheusでスマートガーデニング

Google Cloudとコンテナの継続的なセキュリティ

PrometheusとRaspberry Piを活用して、スマートガーデニングシステムを構築する方法を紹介します。
このシステムは、植物の水分、温度、光量、土壌の肥沃度、センサーのバッテリー残量を監視し、植物の健康状態を最適に保ちます。
フラワーセンサーを土壌に設置し、Raspberry Piを通じてBluetoothでデータを受信。
受信したデータはPrometheusによって解析され、リモートエンドポイントに送信されます。
このプロセスにより、植物が必要とする適切な環境を維持することができ、植物の成長を効果的にサポートします。
Sysdig Monitorのフリートライアルを利用すれば、Raspberry PiからSysdigにメトリクスを送信し、ダッシュボードで植物の状態を視覚的に確認し、必要に応じてアラートを設定できます。
これにより、植物の世話が容易になり、健康的な成長を促進できます。

詳細はこちら

Sysdigに関するお問い合わせはこちらから

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ご質問・お問い合わせはこちら

top