SAP S/4HANA 電子帳簿保存法ソリューション SCSK株式会社 Add-Value
for DX/電子帳簿保存法

最短1ヵ月で導入可能!
SAP ERPユーザー向け
電子帳簿保存法ソリューション

電子帳簿保存法の改正やインボイス制度の開始を控え、これまで紙で行っていた
承認ワークフローや証憑の保管を電子化するなど、大きな見直しが迫られています。
SCSKでは、SAP ERPとワークフロー、文書管理をリアルタイムに連携するソリューションを開発しました。
導入期間の短縮とコスト削減を実現し、問い合わせ窓口の一本化による運用負荷の軽減にも貢献します。

SAP ERPユーザーにおける電子帳簿保存法対応の課題

  • 紙での承認業務から脱却して、効率化と内部統制の強化を進めたい...
  • SAP ERPからシームレスにワークフロー、文書管理の電子帳票を参照したい...
  • 会計仕分け以外の電子化が進んでいない...

SAP ERPとワークフロー/文書管理との
リアルタイム連携を実現

ERPを軸としたワークフローの電子化、証憑の電子保存対応には、個別のソリューションの導入とその連携が必要となります。「Add-Value for DX/電子帳簿保存法」では、SAP ERPと電子帳簿保存法対応で実績の豊富なソリューション「intra-mart」「SPA」との連携をワンストップでご提供することで、SAP ERPからリアルタイムな連携を実現します。電子帳簿保存法対応で求められる真実性と検索性も確保できます。

Add-Value for DX/電子帳簿保存法の特長

「ワークフロー+文書管理」をセットにしたソリューション

電子帳簿保存法対応のワークフロー/文書管理ソリューション「intra-mart」「SPA」とのAPI連携を標準装備しています。

SAP ERPユーザー様からご要望の多い機能を事前定義

電子帳簿保存法対応システム連携において、SAP ERP利用ユーザー様からご要望の多い機能を装備しています。
また、独自のご要望にも柔軟に対応します。

  • POINT1:未転記伝票はワークフロー申請時に自動ロック制御
  • POINT2:SAP ERPからワークフロー起動時に、
    伝票番号などを自動連携
  • POINT3:承認完了時に伝票を自動転記処理
  • POINT4:承認完了時に証憑をSPAに自動アーカイブ
  • POINT5:証憑に自動タイムスタンプ付与
  • POINT6:SAP伝票からURLリンク等で紐づく証憑を参照

電子帳簿保存法ソリューション事例

電子帳簿保存法対応の進め方についてお困りのお客様のために、約80通りの業務フローのパターンをご用意し、それぞれの要件に合わせてご提案します。

  • 事例1

    既にSAPで会計を入力を行っており、ユーザ業務を極力変更しないで電帳法対応を行いたい。

  • 事例2

    SAP標準で会計入力することはユーザ業務負荷が高いと判断し、
    会計入力を別システムで構築したい。

CONTACT

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。

0800-500-4000

携帯電話でのお問い合わせ 03-6670-2990
【受付時間】9:00〜18:00
(⼟・⽇・祝⽇、年末年始、当社指定⽇を除く)

0800-500-4000

携帯電話でのお問い合わせ

03-6670-2990

【受付時間】9:00〜18:00
(⼟・⽇・祝⽇、年末年始、当社指定⽇を除く)

PAGE TOP