ASTERIA Warp(アステリア ワープ)

お問い合わせはこちら
ASTERIA Warpロゴ
革新的なデータ・システムの連携がビジネスの変革を加速

EAI市場シェアNo.1を獲得!(※)
8,500社以上の企業での導入実績を誇るデータ連携ツール「ASTERIA Warp」。

※テクノ・システム・リサーチ「2019年ソフトウェアマーケティング総覧 EAI/ESB 市場編」によるものです。

SCSK株式会社は10年以上にわたるASTERIA Warp販売実績および、様々な業種・業務での構築ノウハウによりお客様をサポート致します!

トピックス

「ASTERIA Warp」

「ASTERIA Warp(アステリア ワープ)」はアイコンのドラッグ&ドロップとプロパティの設定で作成するフローによって既存のデータベース、ファイルシステム、各種業務システム、各種クラウドサービスと簡単に接続、連携することのできるデータ連携ミドルウェアです。

専門的な技術者向けではなく、より多くの人に使って頂くことを念頭に置いて設計されたASTERIA Warpは、ノン・プログラミング開発で幅広い業種の方々に最良の製品です。

ASTERIA Warp:既存のデータベース、ファイルシステム、各種業務システム、各種クラウドサービスと簡単に接続、連携することのできるデータ連携ミドルウェア
※1 SAPとの連携を実現する、SCSK自社開発アダプタです。詳細は「こちら」

「ASTERIA Warp」の特長

低コスト・短期開発を実現!

「ノン・コーディング」をコンセプトにGUIベースで提供される開発環境により、"開発期間の短縮" や "開発コストの大幅な削減" が実現できます。

専門スキル不要!

「ASTERIA Warp」のフロー機能では、コンポーネント化された処理アイコンを並べて設定していくだけで開発が可能なため、システムの変更や追加など、開発後のメンテナンスも、特定のエンジニアのスキルに依存することなく容易に行なうことができます。

日々の業務の「自動化」で業務効率を向上

ASTERIA Warpは日々行なっている業務を自動化します。様々な日々のメールやExcelを使った定型業務を自動化することで作業コストの削減だけでなく、必ず発生する人為的なミスの低減にも貢献します。

「ASTERIA Warp」の機能

「ASTERIA Warp」 はフローサービス、フローデザイナー、様々なシステムに接続可能な専用アダプタで構成されており、多数の機能を提供しております。

フロー機能

フローデザイナーで作成されたフローを実行する実行環境となるプラットフォーム

フロー機能は、マルチプロトコル・マルチプラットフォーム対応のデータ連携サーバーです。 ASTERIA Warpの運用状況の監視、各種設定、メンテナンスなどが可能なWebベースの管理ツール「FSMC」を提供しています。

フローデザイナー

ノンプログラミング、GUIベースで行う快適なフロー開発環境

フロー機能を活用するためには、「フローサービス」上で動作(起動・実行)する『フロー』を作成する必要があります。その『フロー』を作成するGUI開発環境が「フローデザイナー」となります。

  •   アイコンを連結してシステム開発を行う「フロー」設計

    『コンポーネント』という各処理をアイコン化したものを利用し、処理手順どおりにそれを線(ライン)で連結していき、設計・開発を行います。ソースコードのメンテナンスの必要がないため、システムの維持、拡張が非常に容易です。

    フロー設計
  •   簡単にデータ変換を実現する「マッパー」機能

    フローデザイナーの1つのコンポーネントとして提供される、データマッピングの機能がマッパーです。入力されるデータと出力されるデータの変換は画面の左右に示された項目を結びつけるだけで変換処理を実現します。単純に連携させるだけでなく、文字列の操作、四則演算、条件分岐など、様々なデータ変換機能を有しています。

    マッパー機能
  •   ExcelやSQLの設定を簡単に行える「ビルダー」機能

    コンポーネントは様々な画面を持っています。Excelコンポーネントが持っているExcelビルダーはExcel連携時の行や列、セルの指定だけでなく、条件による色や罫線などスタイルの設定も画面で可能です。RDB読込コンポーネントが持つSQLビルダーは画面の設定のみでSQLを自動生成し、その場で接続試験を行うことが可能です。

    ビルダー機能
  •   引継ぎなどに便利な仕様書出力機能

    フローデザイナーで作成したフローはボタン一つで仕様書を出力することが可能です。色分けやコメントなどもそのまま出力されるため提出物としてのドキュメント作成や、複数メンバーでの開発、引き継ぎなどの際に情報共有が容易です。

    仕様書出力機能

オプション製品

様々なシステムにダイレクトに接続することを可能にする専用アダプター

「ASTERIA Warp」のコンポーネント機能として、システム特有の接続方式やデータ連携方式を、専用のプロパティ設定で利用できます。開発を、より容易でスピーディに実現できます。

※他にも多数のアダプターをご提供しております。(他アダプターについてはこちらから)

導入事例のご紹介

  • SCSK株式会社は、ASTERIAマスターパートナーです。
  • 「ASTERIA Warp」は、アステリア株式会社の登録商標です。
  • 記載製品の仕様は予告なしに変更する場合があります。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITエンジニアリング事業本部
ミドルウェア第一部
TEL:03-5166-1960
FAX:03-5859-3097
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら