ホワイトペーパー

「OpenShift セキュリティガイド」を公開しました

企業はクラウドネイティブアプリケーションを初期のサンドボックスから本番環境へ移行していくにあたり、アプリケーションのセキュリティと信頼性を維持するための運用上の課題に直面します。

セキュリティは、OpenShift 移行に際して直面する最大の懸念事項の 1 つです。

コンテナ、マイクロサービス、ハイブリッドクラウドワークロードなどの新しいパラダイムは、これまで企業が実践してきたセキュリティプロセスのままでは通用せず混乱を招きます。

コンテナは、優れたレベルの移植性と分離性を提供し、アプリケーションを開発から本番環境に移行するのに理想的です。

ですが、監視やセキュリティを確保したくても、ブラックボックスのようなコンテナ内部を見ることは非常に困難であるといえるでしょう。

Red Hat OpenShift上でのクラウドネイティブアプリケーションのセキュリティ確保の決定版ガイドである本書を通して、セキュリティと脆弱性管理、コンプライアンスと監査、脅威防止、インシデント対応、デジタルフォレンジックの導入などの課題に対処する方法を学んでいきましょう。

<< 目次 >>

はじめに
OpenShift
ユーザにとってセキュリティが最重要視される理由
- 開発者
- プラットフォームの運用
- セキュリティとコンプライアンス
OpenShiftとSysdig を使ったクラウドネイティブセキュリティ
- Sysdig+OpenShift
- でユーザが得られるメリットとは?
- ホストのセキュリティ
- 認証と認可
- 脆弱性管理
-- イメージスキャニング
-- CI/CDパイプラインのセキュリティ
-- OpenShiftのイメージ保証
-- レジストリのセキュリティ
- コンプライアンス
- ランタイムセキュリティ
-- ランタイムの可視化
-- ランタイム検知の機械学習
- コンテナのフォレンジックとインシデントへの対処
さらなる高価値を:Red Hat OpenShift Sysdig Secure
- セキュリティレイヤ
- OpenShift
- Sysdig+OpenShift のメリット
おわりに
SysdigのRed Hat認定取得
参考情報

以下をクリックすると資料ダウンロードフォームに移動します。

ご質問・お問い合わせはこちら

top