ホワイトペーパー

「Kubernetes セキュリティガイド」を公開しました

Kubernetesは、クラウドの事実上のオペレーティングシステムになりました。

ただし、Kubernetesの操作は難しい場合があります。

チームは、コードを運用環境にデプロイする準備ができるまで、セキュリティプロセスへの対応を延期することがよくあります。

Kubernetesでは、開発サイクルの早い段階でセキュリティに対する新しいアプローチが必要です。

開発ライフサイクルの後半でセキュリティ対策を行うと、クラウドの採用ペースが遅くなり、セキュリティとコンプライアンスのリスクが高まります。

本Kubernetesセキュリティガイドは、Kubernetesセキュリティとコンテナセキュリティを大規模に実装するために必要な情報を提供することを目的とし、次のことをより深く理解できます。

●CI/CDパイプラインでのコンテナイメージの保護
●Kubernetesコントロールプレーンの保護
●ロールベースのアクセス制御でリスクを軽減
●ポッドセキュリティポリシーによるポッドの保護
●ランタイム時のクラウドネイティブワークロードの保護

以下をクリックすると資料ダウンロードフォームに移動します。

ご質問・お問い合わせはこちら

top