ブログ

Sysdigのオープンソース基盤の構築

Google Cloudとコンテナの継続的なセキュリティ

本文の内容は、2022年5月16日にEdd Wilder-Jamesが投稿したブログBuilding on Sysdig's Open Source Foundation(https://sysdig.com/blog/edd-open-source-foundation/)を元に日本語に翻訳・再構成した内容となっております。

この場をお借りして、ご挨拶させていただきます。本日、Sysdigは私がオープンソースエコシステム担当副社長としてSysdigに入社したことを発表しました。これ以上ないほど興奮しています。クラウドコンピューティングの将来にとって重要なドメイン、コンテナセキュリティで仕事をする素晴らしい機会です。重要なオープンソースプラットフォームSysdig OSSFalco)の上でこれを行うことは、私にとってこのような素晴らしいフィット感をもたらすものです。

私はGoogle CloudからSysdigに参画します。オープンソースのリーダーとして、Tensorflow、Kubernetes、Istioなどの重要なオープンソースプロジェクトに影響を与え、現代のエンタープライズオープンソースのダイナミクスを理解することができました。成功は、製品、オープンソース・プロジェクト、ユーザーとコントリビューターのエコシステムの間のバランスの取れた関係にかかっています。私は幸運にも、多くのプロジェクトでその成功を促進するチームを作る機会に恵まれました。

Sysdigは、オープンソースを基盤にした急成長中の企業でこの経験を生かすことができる、私にとって自然な流れであり、エキサイティングなステップです。進化するクラウド市場において、多くの企業がSysdigに続き、役員レベルでオープンソースエコシステムにリソースを供給することを期待しています。今日の組織では、ビジネスと技術の知識と戦略的なオープンソースの専門知識を融合できるリーダーが必要です。

オープンソースは、ユーザーのための透明性と相互運用性を促進する標準ベースのエコシステムを提供し、クラウド・セキュリティの将来にとって不可欠です。私は、CNCFへの強いコミットメントと、業界全体にわたる非常に有能なコントリビューターと共に、成功したプロジェクトのポートフォリオをサポートできることを光栄に思っています。FalcoとSysdigの繁栄と持続可能なオープンソースの未来は、ユーザー、Kubernetesエコシステム、そして企業のお客様にとって同様に不可欠なものです。

今週、私はKubeCon EUでチームと一緒にいます。もし会いたいのであれば、私に声をかけてください。Sysdigのブース#P7を含め、そこらじゅうにいますよ!

Sysdigに関するお問い合わせはこちらから

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ご質問・お問い合わせはこちら

top