ブログ

Sysdigで働いて2ヶ月

Sysdigで働いて2ヶ月

本文の内容は、2021年10月14日にPablo Molina Martinezが投稿したブログ(https://sysdig.com/blog/two-months-working-at-sysdig/)を元に日本語に翻訳・再構成した内容となっております。

Sysdigに入社して2ヶ月余りが経ちましたので、私が新たな冒険の場としてこの会社を選んだ理由と、その経験がどのように進んでいるかを紹介したいと思います。

A diverse group of people around the Sysdig logo

個人のレベルでは

より良い条件:正直に言うと、ほとんどの人は経済的な理由で仕事をしています。私の給料が上がったのは事実ですが、それだけではありません

在宅勤務:好きなときに家で仕事ができるので、家族と過ごす時間が増えました。これまでオフィスに閉じこもって大切な時間を失ったことが何度もありましたが、もう二度と同じことを繰り返したくないと思っています。

率先して行動する:前職の親友に別れを告げたとき、彼は「君は一貫した決断をしたね」と言ってくれました。気に入らないことがあったら、率直に話し合って、建設的な方法で代替案を提案したい。もし、しばらくしても状況が変わらないのであれば、私が動かなければなりません。

学び直すこと:私の母はいつも私に「先生になりなさい」と言っていました。私はいつも母に「一生同じことを続けるのは嫌だ」と言っていました。5年も経つと、以前の仕事は決まりきったものになり、新しいこともほとんど学べなくなっていました。そろそろ変化を求めて、勉強に戻り、自分の居心地の良い場所から抜け出したいと思いました。

プロフェッショナルのレベルで

"Sysdig?ピンとこない"

これは、私が新しい会社を紹介したときの一般的な反応です。結局のところ、Sysdigのユーザーはどちらかというと技術系の人たちです。前の会社のことは、良くも悪くもみんな知っていましたが、Sysdigではそんなことはありません。

ここでは、ほぼゼロからのスタートとなりますが、これは私が参加したいと思っている大きなチャレンジです。

COSS: コマーシャル・オープンソース・ソフトウェアというビジネスモデルは、今の時代に合っていると確信しています。また、このモデルを採用したテクノロジー企業のIPOが増えていくことも間違いないでしょう。Red HatやMongoDBがその例ですが、彼らだけではありません。

未来のテクノロジー:仮想化、クラウド、コンテナは、柔軟性と効率性の向上を前提とした、アプリケーションを実行するためのインフラ管理における過去、現在、そして未来の姿です。各社がそれぞれのペースでそれらを採用していますが、私にとっては道筋がはっきりしているので、未来に賭けることにしました。

セキュリティ:ますます必要性が高まり、導入が難しくなっています。

クラウドやコンテナなどのテクノロジーの使用は、ゲームを変え、私たちを "盲目 "にします。従来のツールでは、必要な可視性や制御ができなくなり、時代遅れになっています。

現場で本当に訓練されたプロフェッショナルが不足しているため、スタッフを配置するためのコストが高騰し、その維持がますます困難になっています。このような状況では、自動化の利用が唯一の選択肢となります。

解決策 :今こそ、古き良きツールを "クラウドネイティブ "なツールに置き換える時です。これらのツールは、セキュリティタスクを自動化し、開発者などの他のチームを巻き込むことができます。Secure DevOpsのような新しい言葉や、"shift left "のような表現にも慣れ始めなければなりません。

スケーラブルなスタートアップ :LinkedInによると、当社はユニコーンで、従業員数437名、今も猛烈なスピードで採用を続けています。私たちはまだスタートアップなので、千差万別のことができるチャンスがあります。しかし、実行されている決定は、スケーラビリティという一つのことを追求しています。スケーラビリティとは、当社のソフトウェアが何百万ものコンテナに対応できるようにすることであり、当社のチームがお客様の要求するペースで成長できるようにすることです。

マネジメント:ロリス(Wiresharkの共同開発者)のように技術やオープンソースのエコシステムに精通したCTOと、スレッシュのように圧倒的なリーダーシップとビジョンを持つCEOがいることは、会社の成功を保証するものだと私は考えています。しかし、彼らの活動を実際に見て、毎週のように交流することができれば、それはMITに行ってお金をもらっているようなものです。

チーム:私たちには、何か素晴らしいものを一緒に作りたいという、とてつもない願望があります。その欲求が伝染して、一人一人の能力を最大限に引き出すのです。

価値観:こんなにシンプルな価値観が、どうしてこんなに意味のあるものになるのでしょうか?お客様を愛すること、チームを信じること、より深く掘り下げること。

私たちと一緒に働きませんか?

企業で働いている方で、コンテナ、Kubernetes、クラウドサービスを自信を持って運用したい方は、ぜひご参加ください。

ご質問・お問い合わせはこちら

top