ブログ

EUデジタル政策における5つの主要な成果:企業リーダー向け実践ガイド

2024年度クラウドネイティブセキュリティおよび利用状況レポート

ヨーロッパでデジタル製品やサービスを提供する組織にとって、デジタルコンプライアンスは重要です。EUはデジタル変革を推進し、デジタルスキルと労働力の強化、公共サービスのデジタル化などに注力していますが、デジタル規制は多様で、Brexitも複雑化を招いています。デジタル10年政策プログラムでは、2030年までの具体的な目標が設定されています。

主要な立法動向には、NIS2指令、AI法、サイバーレジリエンス法、欧州クラウドセキュリティ認証制度(EUCS)、欧州サイバーセキュリティコンピテンスセンター(ECCC)があります。NIS2指令は重要インフラのセキュリティを強化し、AI法はAI技術の倫理的利用を保証します。サイバーレジリエンス法は、デジタル製品のセキュリティ要件を強化し、ECCCはサイバーセキュリティのスキルギャップを解消する役割を果たします。EUCSはデジタル製品とサービスのセキュリティを強化する認証フレームワークで、デジタル主権をめぐる議論もあります。企業はこれらの規制を理解し、対応することで競争力を高めることができます。

詳細はこちら

Sysdigに関するお問い合わせはこちらから

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ご質問・お問い合わせはこちら

top