ブログ

SysdigがPrometheus監視における初のクラウドネイティブサービス統合の自動化を発表

SysdigがPrometheus監視における初のクラウドネイティブサービス統合の自動化を発表

本文の内容は、2021年8月11日のプレスリリース(https://sysdig.com/press-releases/sysdig-announces-first-automated-cloud-native-service-integrations-for-prometheus-monitoring/)を元に日本語に翻訳・再構成した内容となっております。

SysdigがPrometheusマネージドサービスサービスの機能強化により、Prometheusの導入を簡素化


サンフランシスコ - 2021年8月11日 - Secure DevOpsのリーダーであるSysdig,Inc,は、本日、Sysdig Monitorの大幅な機能強化を発表しました。Sysdig Monitorは、新しいインテグレーション管理シンプルなクエリー、Prometheusマネージドサービスによる長期的なメトリクス保存により、Prometheusの導入を根本的に簡素化します。

Prometheusは、企業が最新のクラウドアプリケーションを構築する際に、Kubernetesベースのワークロードを監視するためのツールとして急速に普及しています。開発者やSREは、幅広い機能を提供し、ベンダーロックインを避けることができるモニタリングのオープンスタンダードとして、Prometheusを信頼しています。しかし、Prometheusの環境が組織内に広がると、インフラ、エクスポーター、ダッシュボード、アラートなどの管理が複雑になり、時間がかかるようになります。さらに、時系列の長期保存、情報のサイロ化、すべてのアプリケーションとインフラストラクチャーにわたる環境の健全性のグローバルビューの欠如に悩まされることになります。PromQL(Prometheusのクエリー言語)を学び、効果的に使用する方法を習得するには数ヶ月を要し、チームが適切にメトリクスを分析する能力が低下します。

Sysdigは、Prometheusマネージドサービスの新たな機能強化により、これらの問題を解決します。企業は、監視ツールの設定や管理の負担から解放され、代わりに希少なエンジニアリングリソースをイノベーションに集中させることができます。また、クラウド・ネイティブ・アプリケーションの詳細な可視化を必要とする開発者やDevOpsチームは、サービス、クラスター、クラウド間のパフォーマンスや健全性を単一のビューで簡単に把握することができ、時間を節約することができます。

世界初のインテグレーションマネージャー

Sysdig Monitorは、Prometheus 監視インテグレーションの自動検出と導入支援を行い、事前に設定されたダッシュボード、アラート、新しいインテグレーション管理インタフェースを提供します。Sysdigは、オープンソースのPrometheusエクスポーターをベースに統合管理機能を構築した最初の企業であり、独自のインテグレーションやアプリケーションチェックを廃止しました。統合の発見と構成管理を自動化することで、お客様はデプロイするインテグレーションのオープンなアプローチを維持しながら、何百時間もの労力を削減することができます。

クエリーのためのPromQL Explorer

Sysdigは、平均検出時間(MTTD)を短縮するために、チームがメトリクスと対話する方法を簡素化しています。Sysdigは、PromQL Explorerを導入することで、PromQLの学習と使用を容易にしています。PromQL Explorerでは、クエリーを素早く作成し、大事な事に集中できるように、それらのクエリーをダッシュボードやアラートに即座に追加することができます。さらに、新しいPromQLライブラリーでは、監視コミュニティで人気のあるクエリーを発見し、本当に重要な情報を得るための新しい方法を学ぶことができます。

シンプルなラベリング

Sysdigは、PromQLクエリーの複雑さを最大90%削減するために、取り込み時に自動的にラベルを追加する機能も実現します。お客様は、PromQLまたはフォームベースのUIを使用して、データソースに関係なく、すべてのメトリクスを検査することができます。これにより、開発者からアーキテクトまで、経験値の異なる様々なユーザーにユニバーサルなアクセスを提供します。

既存のPrometheusデプロイメントのための長期的なストレージ

最後に、SysdigはPrometheus remote_writeのサポートを追加し、組織がPrometheusのメトリクスをSysdigにオフロードして長期保存できるようにします。ユーザーはエージェントをインストールすることなく、カスタム・メトリクスをSysdigのバックエンドにプッシュして可視化することができます。カスタム・メトリクスの数を柔軟な課金オプションで動的に増やすことができるようになり、予期せぬカスタム・メトリクスの増加にも驚きのない課金で対応できるようになりました。

Prometheusのネイティブな互換性

他のベンダーとは異なり、Sysdig MonitorはPrometheusとのネイティブな互換性があります。Prometheusへの既存の投資を維持しながら、Sysdigが提供するシンプルさとエンタープライズ・サポートを得ることで、お客様は両方の利点を享受できます。同時に、お客様は貴重な人的資源を解放して、日常的な監視インフラストラクチャーではなく、ビジネスクリティカルなアプリケーションに集中することができます。

Sysdigのエンジニアリング&テクノロジー部門のバイスプレジデントであるSaravanan Subbiahは、"可用性とパフォーマンスに対するユーザーの期待に応えるには、ハイブリッド環境やマルチクラウド環境におけるインフラストラクチャー、サービス、アプリケーションを完全に可視化する必要があります"と述べています。また、"組織が独自の監視アプローチからDIYのオープンソースに移行するにつれ、リソース要件が制御不能に陥る可能性があります。SREや開発者は、オープンソースの標準を破ることなく、DevOpsのワークフローに根本的に簡単に統合できる、使いやすいPrometheusモニタリングサービスを必要としています。"

"私たちは、拡張と社内のアプリケーション・チームの需要に応えることに忙しく、Prometheusのスケーリング・ソリューションを考えるための予備のサイクルはあまりありませんでしたので、商用オプションを検討し始めました。Sysdig MonitorのPrometheusマネージドサービスはオープンスタンダードに基づいているので、我々の監視環境を再構築する心配はありませんでした。" - SAP Concur シニア・ディベロップメント・マネージャー Tiziano Tarolla氏

Sysdig SaaSソリューションに加えて、新しいPrometheusの機能は、Sysdig Monitor上に構築されたIBMのクラウド・ネイティブなコンテナ・インテリジェンス管理システムであるIBM Cloud Monitoringでも利用できるようになりました。

ご質問・お問い合わせはこちら

top