ブログ

Prometheus Day 2022 EU(バレンシア)の見どころ

Google Cloudとコンテナの継続的なセキュリティ

本文の内容は、2022年5月31日にDavid de Torres Huertaが投稿したブログ(https://sysdig.com/blog/prometheus-day-2022-eu/)を元に日本語に翻訳・再構成した内容となっております。

先週バレンシアで開催されたKubeCon EU Cloud Native Collocated Eventsで、Prometheus Day Europeに参加する機会を得ました。

Prometheusのオープンソースコミュニティ、コントリビューター、メンテナーと再びコンタクトを取ることができ、また講演や講演後に知識やアイデアを共有することができたのは素晴らしい機会でした。そしてもちろん、ネットワーキングの時間を持てたことは素晴らしいことでした。

参加できなかった方のために、私が最も楽しめたことをいくつか紹介します。

Prometheusオープンソースコミュニティ

メインイベントの前日、PrometheusとThanosプロジェクトの共有プロジェクトミーティングが行われました。このミーティングでは、様々な技術的、組織的な議論が行われました。私が特に興味深かったのは、Prometheusプロジェクトの機能リクエストとその受け入れ方法を改善・統一する提案と、ガバナンスワーキンググループの設立です。

今回の会議と過去の会議の全記録は、Prometheus開発サミットの公開文書で読むことができます。

ウクライナへの愛

Prometheusチームは、「ロシアのウクライナへの不法侵攻を強く非難する」というコンセンサスに達しました。コミュニティ・ディレクターのRichard Hartmannが、紛争のために旅行できなかったPrometheusコミュニティの同僚やメンバーに贈った感動的な賛辞を、どうぞお見逃しなく。次回の開催には、ぜひ参加してほしいものです。

セッションとlighting talk

この日、いくつかのホットなトピックがあり、いくつかのスライドデッキに登場しました。

異常検知

Björn Rabenstein氏は、アラートに異常検知を使用することの利便性について、刺激的な講演を行いました。また、私が担当させていただいたlighting talk「PromQLで異常検知の実装を始める方法」では、2つの意見を述べました。

監視ソリューションを導入する企業が増えるにつれ、そのニーズや期待も高まり、AIOpsについて質問するまでに至っています。この2つの講演は、正しい期待値を設定し、最初のモデルや結果を探求し始めるための出発点となります。

Prometheusにおける模範例

PrometheusにおけるExemplarsもまた、ホットなトピックでした。Ramon Guiu氏とIan Billett氏が発表し、Prometheusがどのように模範例のサポートを実装しているか、また実際のアプリケーションでどのように模範例を使用するかについて述べました。PrometheusのメトリクスにExemplarを追加することで、観測可能性の主要な柱であるメトリクスとトレースの2つを組み合わせることができ、監視プラットフォームとトレースアプリケーションの間に接続を作成する機会を与えてくれます。

Prometheusの内部とOperator

また、Prometheusのいくつかのコンポーネントの内部を説明するこれらの講演をお手伝いする機会もありました。Jayapriya PaiとHaoyu Sunは、Prometheus Operatorのアーキテクチャーと機能について深く掘り下げた講演を行いました。JayapriyaはPrometheusのインスツルメンテーションの学習パスを紹介し、テストの実装方法についていくつかの素晴らしいヒントを説明しました。

また、Harkishen Singhは、Prometheusがどのようにデータをブロックに格納し、クエリーのためのインデックスを管理するかについて説明しました。

サーバーレス

Prometheus Dayでは、サーバーレスやFaaSの世界も盛り上がりました。Bartłomiej PłotkaとSaswata Mukherjeeは、エフェメラルプロセスの監視に関する知識と経験を共有する講演を行ないました。また、Alex Ellis氏は、OpenFaaSでPrometheusのメトリクスを使ってどのようにオートスケーリングを実装したかについて説明しました。

ゲームも

最後に、私の同僚であるDavid Loriteが、ビデオゲームCounter Strike Global Operationsのレベルごとのプレイヤー数だけでなく、コストを最適化するためのサーバーのライトサイジングをPrometheusを使って監視した方法を皆に説明しました。

まとめ

KubeConの全イベント、特にPrometheus Dayに参加するためにバレンシアまで足を運べたことはとても素晴らしいことでした。とても久しぶりの現地イベントでしたが、とても楽しめました。この記事では、私が参加できた、または最も興味深かった講演を紹介しました。

他にも素晴らしい講演があり、YouTubeのプレイリストで見ることができますし、イベントのSchedページでスライドを見つけることができます。もし、この記事やPrometheus Dayについて、感想や指摘があれば、Twitterで教えてください

Sysdigに関するお問い合わせはこちらから

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

ご質問・お問い合わせはこちら

top