Case 3

複数のシステムやデータソースから情報を取得したい

分析に利用したいデータが、異なる種類のデータベースを利用していたり、Excel・CSVなどのファイルで存在している場合があります。データソースの種類にかかわらず収集することで、分析データの幅が広がります。

解決の
ポイント
  • 複数のデータベースと接続可能
  • CSV、Excelなどファイルベースのデータ取込
導入
メリット
  • 接続先のデータベースに制限されない
  • ファイルベースで保持しているデータを活用できる(予算データをファイルで持つ企業は意外と多い)