Case 2

経営上の気付きを多角的に得られるような分析結果が欲しい

収集したデータは一方向から見ただけでは、新たなビジネスチャンスの発見には繋がりません。様々な角度でデータを繋ぎ分析することで新たな発見を見出します。

解決の
ポイント
  • 分析軸を固定しない(キューブ・データマートの作成不要)
  • 関連する項目間がシステム内で自動連携(連想技術)
導入
メリット
  • 分析をメインとするパワーユーザに向いている
  • 分析データから新たな発見が期待できる