HOME > 

ケーススタディ

    • 膨大なビジネスデータを効率よく分析&視覚化したい
    • 企業で利用している各システム(基幹システム・情報系システム)には、多くのビジネスデータが存在しています。これらのデータを数値だけではなくグラフ・チャートなどで視覚化することが、効率的な分析を促します。
    • QlikView、MotionBoardを利用して
      分析データを視覚化できます。
    • 経営上の気付きを多角的に得られるような分析結果が欲しい
    • 収集したデータは一方向から見ただけでは、新たなビジネスチャンスの発見には繋がりません。様々な角度でデータを繋ぎ分析することで新たな発見を見出します。
    • QlikViewの連想技術で、
      今まで見えてこなかったデータ間の関連性を見つけます。
    • 複数のシステムやデータソースから情報を取得したい
    • 分析に利用したいデータが、異なる種類のデータベースを利用していたり、Excel・CSVなどのファイルで存在している場合があります。データソースの種類にかかわらず収集することで、分析データの幅が広がります。
    • Dr.Sum・MotionBoard・QlikViewでは
      複数のデータソースを取り込むことが出来ます。
    • 使い慣れたExcel環境でBIシステムを利用したい
    • Excelを利用したデータ分析を行ってきたユーザ様に、ピボットテーブルの操作感に近い形のBIシステムを利用することで、ユーザの利用負荷を軽減します。
    • Dr.SumのDatalizer for Excelの利用で
      Excelをそのままツールとして利用できます。
    • 多くのユーザに分析結果を閲覧させたい
    • 分析作業とは別に、分析結果だけを閲覧するユーザを増やすことで、情報の共有化を促進します。
    • Dr.Sum・MotionBoardを利用して
      多数のユーザに分析データをWeb公開します。
    • 分析にかかる時間を短縮したい
    • データ分析に時間がかかると経営判断にスピード感が失われ、またシステムに対するストレスにもなります。迅速な分析が行えることで、ツールの利用を推進し、素早い経営判断に繋げます。
    • QlikViewのインメモリ技術で
      迅速な分析が行えます。
    • 数十億レコード以上の膨大なデータを高速に処理し、
      データドリブン経営を実現したい
    • 大量のトランザクションやIoTセンサーデータを高速集計、機械学習させることが可能です。
    • VERTICAは、膨大なデータを高速集計し、
      機械学習することが可能です。
      BIと連携しデータを可視化することもできます。