次世代スイッチ/サーバロードバランサ
A10 Networks Thunder シリーズ

お問い合わせはこちら

OPSWAT

無害化ソリューションの中心的機能についてご紹介(デモ動画公開)

30以上のマルウェア対策エンジンでスキャンする「Mutiscan」、100種類以上のファイル形式を無害化する「Deep CDR」、機密データの情報漏洩防止の「Proactive DLP」の機能を設定画面などを交えて紹介します。
充実したデモ動画となっておりますので、是非ご覧ください。(15分26秒)
ミニバージョンでも主要操作をまとめてありますので、お時間のない方は下記URLからミニバージョンをご確認ください。(7分58秒)

※ミニバージョンでご視聴されたい方は
こちら(7分58秒)
 

新世代のデジタルセキュリティソリューション

オンラインとオフラインの両方のネットワークを対象に潜在的な脅威と脆弱性に関する詳細情報を提供することができます。

ゼロトラストの理念を実現するよう、幅広いサイバーセキュリティの脅威に対処し世界の重要インフラを保護しています。

OPSWATの主な特長

MetaDefender Core(重要インフラを保護するコア技術)

プロアクティブ DLP・Deep CDR・マルチスキャン・アンチスパム/フィッシングなど各ソリューションをOPSWAT1台でカバー

MetaDefender Core

最重要なビジネス資産を適切に保護するためには検知ベースのサイバーセキュリティシステムだけに頼ることはできません。なぜなら、ゼロデイマルウェアは「検知ベース」の防御を回避する機能を組み込んでいるからです。企業は、高度な標的型攻撃に対処するために、より未然防止的アプローチを取る必要があります。

MetaDefender Coreにより既存のITソリューションとインフラに高度なマルウェア防止と検知機能を統合することで、悪意あるファイルアップロード攻撃からWebポータルを保護しサイバーセキュリティ製品の強化や独自のマルウェア分析システム開発など、攻撃ベクトルをより適切に処理します。

利点

MetaDefender Coreの主な特長

  •  マルチスキャン

    柔軟なパッケージオプションで30以上のアンチマルウェアエンジンを利用可能。シグネチャ、ヒューリスティック機械学習により、マルウェア脅威の99%以上をプロアクティブに検知。

  •  Deep CDR(ファイル無害化)

    110種類のファイル形式に対応。ユーザビリティを維持したまま安全なコンテンツを再構築するため、ファイル形式を変換しない。何百ものファイル再構築オプションが利用可能。

  •  Proactive DLP

    クレジットカード番号などのセンシティブな情報を検出。ファイルをブロック/該当部分をマスキング/透かしを入れるなど。メタデータ内部のセンシティブデータを除去。

  •  ファイルベースの脆弱性

    loTデバイスを含むエンドポイント端末でバイナリとインストーラーを実行する前に検知分析し、既知のアプリケーション脆弱性を検出。

  •  100以上のファイル変換オプション

    ファイルのユーザビリティと内容を維持した真の「再構築」を実施。または、ファイルをより複雑ではない形式に変換。

  •  カスタムワークフロー

    マルチスキャンとDeepCDRの独自のワークフローを作成し、ファイルが処理される順序とプロセスをカスタマイズ。

  •  アーカイブ抽出

    30種類以上の圧縮ファイルのマルチスキャンとDeepCDR(ファイル無害化)、アーカイブ処理オプションの設定構成が可能で、暗号化されたアーカイブもサポート。

  •  ファイルタイプ検証

    4,500を超えるファイルタイプを判断する際、信頼できない拡張子ではなく、ファイルのコンテンツに基づいて実際のファイルタイプを検証することで、スプーフィングされたファイル攻撃を防御。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITプロダクト&サービス事業本部 
ネットワークプロダクト第二部
E-mail:a10-info@ml.scsk.jp
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら