電気めっき処理・アルマイト処理・電着塗装のための電気化学シミュレーション Elsyca

お問い合わせはこちら
独自の電気化学の専門知識を活用した電気めっきなどの表面処理デジタルツインソリューション

独自の電気化学の専門知識を活用した
電気めっきなどの表面処理デジタルツインソリューション

開発元:Elsyca NV

Elsyca製品群は、電気化学のコア技術により、電気めっき(樹脂装飾めっき(POP)、工業用硬質クロムめっき、PCB基板の銅めっき等)、アルマイト処理、電着塗装に対応した、表面処理プロセスのための解析ツールです。また、関連ソリューションとして、騒音伝播経路解析ツールも提供しています。これは車体の電着塗装プロセスにおいて、均一な膜厚を得るためにあける、穴の位置や数を最適化するのに役立ちます。

 

ユーザーインタビュー

Elsyca LeakageMasterによる、
遮音性向上のためのリーク経路検出解析
三菱自動車工業株式会社様

日本初の量産乗用車として1917年に製作された「三菱A型」をクルマづくりの起源とする三菱自動車工業株式会社様は、EV技術に4WD技術を融合させた「アウトランダーPHEV」や、RVブームを牽引した「パジェロ」を受け継ぐ海外向け「パジェロスポーツ」など数々の名車を生み出されています。それらの走りの快適性を追求するためには、車体の振動騒音に関わる技術革新は欠かせません。今回は、車体の遮音性向上のためにElsyca LeakageMasterを用いたリーク経路検出解析についてご紹介いただきます。

■ 導入前の課題

■ 使用CAEソフトウェア

pdf image

Elsyca 会社紹介

Elsyca(エルシカ)社は、ブリュッセル自由大学(VUB)のデコニンク教授の研究に端を発し、70年代末に電子計算能力が台頭すると電気化学現象を支配する物理法則をモデル化するという最初の試みを開始しました。その後、欧州共同体からの資金提供により研究が強化され、質量移動と電荷移動の新しい電気化学モデルの開発と検証が行われました。これらの研究努力の集大成として、ソフトウェアシミュレーションツールと専用のエキスパートプロジェクトを通じて電気化学的知識を活用することを目的に、1997年に「電気化学システム計算」を社名の由来としたElsyca社が設立されました。

Elsyca社の目指す電気化学は「電気」、「化学」、「流体力学」を組み合わせたマルチフィジックスの分野です。Elsycaはシミュレーションソフトウェアからエンジニアリングサービスまでを提供することで、エンジニアリングの複数の側面をカバーしています。これらは、包括的なデジタルツインソリューションと組み合わされ、現実を反映するだけでなく、シナリオを予測し、製品の製造のための設計を評価し、資産のライフサイクル全体で問題を解決する機能をクライアントに提供しています。

image Elsyca社の詳細はこちら

製品資料

 
 
 
 
  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

デジタルエンジニアリング事業本部
プロダクト営業部
TEL:03-5859-3012
E-mail:eng-sales@scsk.jp
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら