SCSK CAE Solution (CAD/CAE/PLM/AI/MI/最適化)

お問い合わせはこちら

SCSKデジタルエンジニアリング オンデマンド配信サイト

SCSKデジタルエンジニアリング オンデマンド配信サイト

SCSKデジタルエンジニアリング

オンデマンド配信サイト コンテンツ一覧

SCSKデジタルエンジニアリングオンデマンド配信サイトは、CAE解析や生産技術解析など、モノづくりに最適なソリューションの概要紹介や事例紹介を、自由に視聴できる動画配信サイトです。
会員登録後、こちらのページで紹介している動画が、すべて視聴可能となります。

ニュース・新着動画情報

製品分野・製品名を選んで動画を表示する

製品分野

  • AI/深層学習
  • 材料開発
  • CAE解析
  • 生産技術系解析
  • 最適化
  • デザイン/設計/PLM

製品名

  • ADVENTURECluster
  • Neural Concept Shape
  • GeoDict
  • Citrine Platform
  • Realis Simulation
  • pSeven
  • Industrial Path Solutions (IPS)
  • MAGMASOFT
  • TRANSVALOR MATERIAL FORMING
  • SORPAS
  • Elsyca
  • Aras Innovator
  • aPriori
  検索条件をリセット
EL008

公開日 2024/01/22  動画時間 08:11

【製品紹介】電気めっきシミュレーションソフトウェア ElsycaPlatingManager[EL008]

ElsycaPlatingManagerは、めっき品質評価と効率的なめっき工程を検討できる、電気めっきプロセスシミュレーションツールです。電気化学の基礎理論とElsyca社の長年のノウハウに基づいたアルゴリズムで計算をしており、バイポーラ現象といった電気化学で主に知られている現象も考慮して計算を行います。
直感的な操作やパラメータ入力で、ラック内の製品や治具の配置も簡単に行うことができます。この簡単な操作感をぜひご覧ください。

PS20231225

公開期間 2023/12/25~2024/1/12

【期間限定】pSevenユーザー会2023 アーカイブ配信[PS20231225]

効率的なパラメータ分析を行うための先進的な設計空間探索(実験計画法・最適化・不確からしさの定量化)機能や、既存の試験・シミュレーションデータから機械学習モデルを構築する予測モデリング機能を提供する、pSevenユーザー会のアーカイブ配信です。

PS006

公開日 2023/11/21  動画時間 09:37

【製品紹介】
設計自動化/最適化/機械学習用ソフトウェア&プラットフォーム pSeven[PS006]

pSevenは、自動化/CAE・CAD統合、設計空間探索、機械学習という3つの機能により、最短リードタイムでエンジニアリングの問題を解決し最適設計を導出します。これらの機能の概要や、pSeven最大の強みであるスマートセレクション(最適化や機械学習のアルゴリズム/パラメータを最適に自動選択・調整する機能)、そして活用方法を交えてご紹介します。

GE20231211

公開期間 2023/12/11~2024/1/12

【期間限定】GeoDictユーザー会2023 アーカイブ配信[GE20231211]

リチウムイオン二次電池や燃料電池、全固体電池、フィルター濾材、複合材、構造部材/高機能材、織物、不織布などのさまざまな多孔質材料構造の生成を容易にし、それらの材料特性や機能を最適化できる革新的な材料開発シミュレーション、GeoDictユーザー会のアーカイブ配信です。

TR20231211

公開期間 2023/12/11~2023/1/12

【期間限定】TRANSVALOR User Conference Japan 2023 アーカイブ配信[TR20231211]

有限要素法をベースに、熱間・温間・冷間における型鍛造・自由鍛造、熱処理・切削など、塑性加工に関わる幅広い領域をワンパッケージでカバーする塑性加工シミュレーション、TRANSVALORユーザー会のアーカイブ配信です。

IP20231211

公開期間 2023/12/11~2023/1/12

【期間限定】第8回 IPS Cable Simulation Japan アーカイブ配信[IP20231211]

従来デジタルの検証が難しかったケーブルやホース、ワイヤーハーネスなどの部品や工程を専門的に取り扱う製品群、IPS Cable Simulation(IPS)ユーザー会のアーカイブ配信です。

SO20231025

公開期間 2023/10/25~2023/10/31

【1週間限定】
溶接条件最適化セミナー ~ウェルドローブの自動作成・最適化ソフト連携~[SO20231025]

昨今、EV化や車体軽量化に伴い、新たな溶接条件の探索や異種材接合の検討等、さらなる性能向上に向けた取り組みが求められています。
SCSKが提供する幅広いソリューションの中から、溶接品質の向上、溶接条件の最適化が可能な「SORPAS」の最適化機能の活用方法を、期間限定のオンデマンド配信にてご紹介いたします。

GE014

公開日 2023/9/29  動画時間 26:43

バッテリー研究開発・製造向けCAEソリューションセミナー材料開発編①
事例紹介: 研究開発向け材料開発シミュレーションGeoDict[GE014]

画像読込やモデリングによる材料構造生成と機能特性評価・可視化までを行うGeoDictを用いた事例をご紹介します。

  • ・急速充電時のリチウムイオン 濃度分布解析 など
  • ※2023年9月1日に実施したウェビナーの内容の一部です。
GE015

公開日 2023/9/29  動画時間 15:13

バッテリー研究開発・製造向けCAEソリューションセミナー材料開発編②
事例紹介: 材料開発におけるサロゲートモデル GeoDict × pSeven[GE015]

GeoDictに、設計空間探索と予測モデリングのためのソフトウェアプラットフォームpSeven を組み合わせた事例をご紹介します。

  • ・サロゲートによる最適な電極構造の探索
  • ※2023年9月1日に実施したウェビナーの内容の一部です。
GE016

公開日 2023/9/29  動画時間 21:06

バッテリー研究開発・製造向けCAEソリューションセミナー材料開発編③
事例紹介: 材料開発における配合最適化 GeoDict × Citrine[GE016]

近年、価格が高騰しているCoなどの使用量を減らした電池開発の取り組みが加速して おります。
本セッションでは、複数の正極活物質を組み合わせ、Coの使用量を制限しつつ 電池性能の向上を目指すことをテーマにした事例をご紹介します。

  • ・材料開発シミュレーションとMIツールの連携による配合最適化手法
  • ※2023年9月1日に実施したウェビナーの内容の一部です。
IP20230904

公開期間 2023/9/4~9/29

【期間限定】
ケーブル・ホース・ワイヤーハーネス設計における最新ツール[IP20230904]

ケーブル、ホース、ワイヤーハーネス設計に携わっておられる製造業の研究開発部門のお客様向けに、ヨーロッパ最大の科学技術分野における応用研究機関フラウンホーファー研究機構を開発元とし、独fleXstructures社が販売している最先端の統合シミュレーション環境IPS Cable Simulationソリューションをご紹介する、期間限定のオンラインセミナーを開催いたします。

AD20231016

公開期間 2023/10/16~11/30(予定)

【期間限定】
ADVENTUREClusterユーザ会2023 アーカイブ配信[AD20231016]

この度、SCSK株式会社では、株式会社アライドエンジニアリングが開発する構造解析ソフトウェア「ADVENTURECluster」のユーザ会を開催致します。本ユーザ会は数年ぶりに対面形式での開催となり、ユーザ様の先進的な活用事例や最新機能のご紹介を予定しております。
当日ご都合が悪くご参加できないユーザ様、及び、ADVENTUREClusterを未導入のお客様で、ご検討中・ご興味を持たれているお客様向けに、当日の録画を期間限定のオンデマンド動画配信にてご視聴頂けることになりました。是非、この機会にADVENTUREClusterの最新事例や先進機能をご視聴頂き、皆様の業務にお役立てください。

GE013

公開日 2023/08/09  動画時間 16:27

【ユーザー会2022】
複合材/構造部材領域向け事例発表[GE013]

本セッションでは、3つの異なる分野の事例をご紹介いたします。

  • 1.『GridGeoで積層造形用に格子構造を生成するための新機能』
  • 2.『FoamGeoを使用した金属発泡体のデジタルツインの生成と、Identify Poresの結果を使用してFoamGeoをセットアップする新機能』
  • 3.『長繊維強化ポリマー材料の3Dスキャンに対して、繊維と空孔の識別と分析から機械的特性の計算を含む全体的な解析』
GE012

公開日 2023/08/09  動画時間 18:34

【ユーザー会2022】
燃料電池領域向け事例発表[GE012]

GeoDictは、燃料電池の開発でも非常に多くの場面で活用いただいております。
今回は、典型的なGeoDict活用のワークフローに沿って機能をご紹介いたします。
GDLのµCT画像からモデルを再構築し、AIを活用して繊維とバインダーを区別させたり、電気伝導率計算や流体計算、水の含浸シミュレーションなど、多くの機能をご紹介いたします。その他にも、織物構造や金属フェルトを対象とした計算などもご紹介いたします。

GE011

公開日 2023/08/09  動画時間 20:55

【ユーザー会2022】
二次電池領域向け事例発表[GE011]

GeoDictは、リチウムイオン電池の研究領域で多くの方に利用いただいており、試作品の開発時間やコストの削減、内部プロセスの解明など、材料開発プロセスを大幅に改善することが可能です。
今回は、典型的なGeoDictのワークフローに沿ってGeoDictの活用方法をご紹介いたします。
nanoCT画像からモデルを作成し、デジタルツインを作成します。その後、レーザーピンチによる加工やレーザー焼灼による加工を模擬したデジタルプロトタイプを作成し、性能比較を実施しました。最後に、GeoDict2023で実装を予定している機能を紹介いたします。

GE010

公開日 2023/08/09  動画時間 24:13

【ユーザー会2022】
石油化学領域向け事例発表[GE010]

GeoDictではデジタル岩石物理学と呼称して、地層内の岩石構造を3Dモデル化し空隙を流れる石油や天然ガスの流動解析等を可能といたします。
今回は、ダルシー流ソルバーの実装によってこれまでの岩石の一部に着目したスケールから、コア全体まで拡大した解析をご紹介いたします。
また、昨今のCO2排出削減に関するアプローチとして、GeoDictによるCCS(二酸化炭素回収・貯留)研究のデジタル化についてもご提案いたします。

GE009

公開日 2023/08/09  動画時間 18:22

【ユーザー会2022】
フィルター/触媒領域向け事例発表[GE009]

GeoDict2023でアップデート予定の液滴の結合・分離シミュレーションや、GUIのアップデートによる円筒型プリーツフィルターのモデリング機能をご紹介いたします。
特に新機能によって、液滴分離フィルターの効率向上とコアレッサの圧力損失低減について解析が可能となります。
また、シミュレーション実行のオプション機能として、マルチスケールろ過シミュレーションの自動化についてもご紹介いたします。

GE008

公開日 2023/08/09  動画時間 29:07

【ユーザー会2022】
GeoDict2023新機能のご紹介[GE008]

GeoDictでは、昨今のトレンド技術やお客様のニーズに合わせたサービス提供の実現に向け、バージョンごとにアップデートを行っております。
本セッションでは、複合材、DRP、フィルター、電池の各領域においてGeoDict2023で実装される新機能についてご紹介いたします。
また、GeoDict2024以降で実装予定の機能についてご紹介いたします。

CI010

公開日 2023/07/26  動画時間 31:45

【電池・触媒領域】
Citrine Platformによる代替材料の検討 ~カーボンニュートラルを実現する材料開発手法のご紹介~[CI010]

カーボンニュートラルの実現に向けて、MIソリューションはコバルトフリーな正極材(LNMO)を使用した次世代電池開発、PFASに代わる材料の検討、温室効果ガスを捕捉する新素材の探索などへの活用が期待されます。
本セミナーでは、米国Citrine Informatics, Inc.が提供するマテリアルズ・インフォマティクスソリューション「Citrine Platform(シトリンプラットフォーム)」を活用したサステナビリティ推進や、電池/触媒領域での活用事例についてご紹介いたします。

  • ※2023年7月19日に開催したCitrine Platformウェビナーの内容です。
CI009

公開日 2023/06/30  動画時間 27:13

【複合材領域】
Citrine Platformによる配合最適化~熱マネジメントを題材にした複合材開発手法のご紹介~[CI009]

複合材では様々な制約条件下で目的物性を達成する配合を検討する必要がありますが、パターンが膨大なため複雑な問題となります。本セミナーは、Citrine Platformを活用した熱伝導性フィラーを例に複合材の配合最適化をご紹介します。

  • ※2023年6月28日に開催したCitrine Platformウェビナーの内容です。
CI008

公開日 2023/03/02  動画時間 18:26

【マテリアルズ・インフォマティクス】
[CI008]

マテリアルズ・インフォマティクスによる新素材発見においては、設計空間をどのように定義し探索するかが重要となります。本動画ではCitrine Platformの候補探索機能について、データ構造の設計空間への影響も含めてご紹介いたします。また、デモンストレーションで実際の操作フローをご覧いただきます。

  • ※2023年1月30日~2月17日に公開した期間限定オンデマンドセミナーの内容の一部となります。
CI007

公開日 2023/01/23  動画時間 26:15

【マテリアルズ・インフォマティクス】
Citrine製品紹介セミナー第6回 マテリアルズ・インフォマティクス導入における課題と解決へのアプローチ[CI007]

材料開発にAIを適用する上では、既にAIが活用されている他の分野とは異なる課題が複数存在し、導入におけるネックとなっております。
本動画ではこれらの課題についてご説明するとともに、その解決に向けてCitrine社が提唱する「シーケンシャルラーニング」の手法をご紹介いたします。また、デモンストレーションで実際の操作フローをご覧いただきます。

  • ※2022年12月12日~12月28日に公開した期間限定オンデマンドセミナーの内容の一部です。
NC001

公開日 2023/06/20  動画時間 17:11

【セミナー】
製品紹介/Neural Concept Shape (NCS)[NC001]

NCSは、深層学習AI技術を用いてシミュレーションや実験の代わりに未知の結果を予測するサロゲートモデル構築ソリューションです。サロゲートモデルによる瞬間評価、過渡的な現象の予測、学習データの汎用性に長けている、などのNCSの特徴や、フォーミュラーカーをモデルとした走行時におけるフロントウイングの圧力分布と任意断面の風速分布を予測するデモンストレーション、そして、構築・運用方法やライセンス体系・利用イメージなどについてご説明します。

NC002

公開日 2023/06/20  動画時間 16:03

【セミナー】
事例紹介/Neural Concept Shape (NCS)[NC002]

事例:EVモーター外装の振動解析(BOSCH)、HVAC流体解析、自動車の空力特性 (PSA※現Stellantis)、ラジエーター流体解析、EVバッテリー外装の衝突解析(Mubea)、EVバッテリー用コールドプレートの熱流体解析(Mubea)、転移学習検証(自動車ホイールの構造解析、自動車ボディの空力解析)、テールゲートの樹脂流動解析(Plastic Omnium)、自動車サイドミラーの空力解析と形状最適化(CAD-IT)、ドローンの空力解析と形状最適化 (Sensefly)

CI006

公開日 2022/10/13  動画時間 38:18

【マテリアルズ・インフォマティクス】
Citrine製品紹介セミナー第5回金属編[CI006]

Citrine Informatics社の金属分野における取り組みから、金属の研究開発におけるAI活用として、シミュレーション連携や3Dプリンティングなどについて解説します。また、デモンストレーションで実際の操作フローをご覧いただきます。

  • ※2022年10月6日に実施したウェビナーの内容の一部となります。
AD017

公開日 2023/01/11  動画時間 05:54

【活用事例】
薄板混在&大規模アセンブリ解析の課題解決[AD017]

電動化により電池や電子部品の利用拡大が進んでおり、これらの部品は微小な形状や薄板物で構成されている場合が多く見られます。 このような大規模アセンブリを解析しようとする場合、接触設定が複雑となり、拘束条件の設定漏れなどで剛体運動が発生し、計算エラーとなることがあります。また、薄板物の場合、長手方向と厚さ方向との比率の兼ね合いで、メッシュの要素品質が悪くなり、解析に時間がかかったり、計算エラーとなったりすることが多発します。本動画では、これらの問題をADVENTUREClusterでどのように解決するかをご紹介いたします。

AD016

公開日 2022/11/25  動画時間 04:37

【活用事例】
歯車の強度解析_ADVENTURECluster[AD016]

歯車は噛合い位置により応力状態が複雑に変化し、強度が不十分だった場合、破損などにより使用不能な状態を招く恐れがあります。このような問題を事前に把握するために、CAEを用いた予測技術の確立は重要な要素です。一方で歯車の応力解析は、複雑な接触状態・多くの噛合いパターン・不安定な歯車挙動を計算させる必要があるため、非常に難しく多くの解析時間がかかってしまうと言われています。本事例では、噛合う歯車に発生する応力、高サイクル疲労の評価を行った事例をご紹介いたします。接触計算の収束性が良く、実機現象の接触部分を詳細に表現可能なADVENTUREClusterを用いて歯車の設計を支援いたします。

AD015

公開日 2022/11/25  動画時間 13:13

【活用事例】
ADVENTURECluster-pSeven-3DCADによる形状最適化ワークフローのご紹介[AD015]

製品の他機種適用やマイナーチェンジする場合、多数のモデルを評価が必要になり計算コストや人的リソースの増加が課題となります。これらの課題を解決するには、CAEを用いた予測技術の確立が重要な要素です。本動画では、他機種適用やマイナーチェンジの度に必要となる強度評価にサロゲートモデルを活用し、将来的に必要となる解析工数を予測した事例をご紹介いたします。大規模モデルの解析を得意とするADVENTUREClusterと、設計最適化を探索が可能なpSevenの連携で、机上での検討により将来的に必要となる解析工数の削減に貢献します。

AD014

公開日 2022/11/25  動画時間 09:34

【活用事例】
ADVENTUREClusterとpSevenによる金型温度制御手法の検討[AD014]

金型の冷却は製品の品質や生産性に影響を与える重要な開発要素で、金型温度を均一に保つことで成形品の品質が向上するといわれています。しかし、設計現場においては経験則やCFDを使用した設計が主流の分野である為、非効率な設計プロセスで、開発コストや成形加工の時間を費やす結果となっている可能性がございます。本事例では、金型の温度均一化と平均温度の低減を検討した事例をご紹介いたします。金型のような大規模モデルを高速に解析可能なADVENTUREClusterと、設計の最適化を支援可能なpSevenの連携で、優れた冷却回路の実現と、最適な設計プロセスや開発コストの削減に貢献します。

AD013

公開日 2022/11/21  動画時間 03:57

【活用事例】
IGBTの熱応力解析[AD013]

IGBTのような電子部品は、設計段階で品質向上に伴う検討をすることが非常に困難です。このような課題においてCAEを用いた予測技術の確立は重要な要素です。本動画では、ADVENTUREClusterの熱応力解析や熱伝導解析を用いて、スイッチのON/OFF時に発生するワイヤーへの熱応力の繰り返しによる強度、回路基板と搭載デバイスの熱膨張係数の相違による強度を評価した事例をご紹介いたします。ワイヤーのような細くて小さなモデルをソリッド要素で解析することが可能なADVENTUREClusterは、試作テストの机上検討への置き換えにより開発コスト削減に貢献します。

AD012

公開日 2022/11/18  動画時間 12:48

【活用事例】
はんだボールのき裂進展解析_ADVENTURECluster[AD012]

近年、電子機器の厳しい温度変化に対する長期信頼性の確保が重要となってきており、はんだボール接合部の疲労寿命評価の高精度化を重要とするケースがございます。実製品の温度サイクル試験で信頼性の評価を調査することも重要ですが、CAEを活用することによって、事前に短期間で信頼性を見積もることが可能となります。本動画では、多数のはんだボールを含み配置場所ごとに異なるひずみを考慮できる大規模モデルをADVENTUREClusterのき裂進展解析によって、破損過程を詳細に再現した事例についてご紹介いたします。

AD011

公開日 2022/10/27  動画時間 11:16

【活用事例】
ADVENTUREClusterとIPS連携解析[AD011]

様々な製品で利用されている電子ケーブルやコネクタを評価する場合、製品利用時のケーブル挙動把握だけでなく、コネクタ部の挙動把握も重要で、このような課題にシミュレーションの活用が有効です。
本事例では、ケーブルシミュレーションソフト「IPS」と、構造解析ソフト「ADVENTURECluster」を連携しこれらの課題を評価した事例をご紹介いたします。
初めに、IPSでケーブルの変形解析を実施し挙動を評価した上で、コネクタにかかる時刻歴の荷重結果を出力します。次にADVENTUREClusterでコネクタの挿入解析を行い、ここにIPSの荷重結果データを負荷します。これにより挿入時及び製品使用時のコネクタに発生する変形や応力・接触状態などを評価いただけます。更にこの応力結果を参照し、高サイクル疲労解析を行う事で、繰り返し使用された場合の内部ピンの安全率も確認する事が可能です。このように電子部品領域の複雑な接触等を含む製品開発においても机上検討による開発加速に貢献します。

AD010

公開日 2022/09/16  動画時間 15:55

【活用事例】
ガスタービン動翼モデルの構造解析事例[AD010]

ガスタービンは発電をはじめ、産業の各分野で欠かすことのできない構造品です。タービンブレードはガスタービンの重要構成部品として、高温高圧の環境下で使用される為、熱応力解析と疲労解析の評価がよく行われます。
本事例では、ガスタービン動翼を対象として、昇温・定常燃焼・降温の熱負荷環境を想定し、非定常熱伝導解析と熱応力解析をステップごとに交互に行う双方向連成解析を実施しています。更に得られた応力を参照して、疲労解析を行い、低サイクル疲労寿命を算出します。この様に、ADVENTUREClusterでは熱・強度・疲労といったタービンブレード評価に必要な機能を1つのソフト内で完結させる事ができます。

AD009

公開日 2022/07/29  動画時間 10:37

【セミナー】
SCSKが実現する全固体電池の大規模構造解析効率化[AD009]

自動車業界において、安全性、高エネルギ密度を実現可能な全個体電池に注目が集まっています。設計においては、性能向上の為、内部粒子の充填状況や、充放電の温度変化による粒子挙動の把握が必要となりシミュレーションの活用が有効です。
しかし、膨大な粒子モデルの準備、粒子同士の複雑な接触状態の解析に、多くの解析工数が予想されます。本動画では、材料開発ソフト「GeoDict」、汎用プリポスト「Simlab」、大規模構造解析ソフト「ADVENTURECluster」を連携し効率的に検討した事例をご紹介いたします。
検討の流れとして、はじめにGeoDictで粒子のモデルを作成、その後SimLabでマクロを使用し自動でメッシュを生成、最後にADVENTUREClusterで圧縮・充電による膨張・放電による収縮を計算し粒子の充填率や接触状態を観察しています。大規模構造解析ソフトADVENTUREClusterではこのような多くの物体同士の複雑な接触計算にご活用いただく事が可能です。

AD008

公開日 2022/07/29  動画時間 10:42

【活用事例】
溶接解析事例(スポット、アーク)[AD008]

溶接は重要な工法として幅広く適用されていますが、溶接部の熱収縮により狙いの形状寸法を外れてしまう場合があります。このような課題に対しCAEによる事前検討が非常に有効です。一方、溶接部の状態変化や溶接パスの生成など、多くの溶接工程を考慮することで計算時間の増加が懸念されます。ADVENTUREClusterには大規模高速計算性能や、ソリッド要素の扱い易さとシェル要素の曲げ変形精度を併せ持つソリッドシェル要素など、溶接解析に有効な機能が多数搭載されております。

AD007

公開日 2022/07/29  動画時間 11:59

【活用事例】
ケーススタディのご紹介(鍛造・プレス金型・製品)[AD007]

プレスや鍛造などの塑性加工では、スプリングバックによる寸法精度、大荷重による金型の変形など問題となる場合があります。CAEを活用した検討はこれらの課題解決に非常に有効です。一方、これらの塑性加工設備は大型のものが多く、解析モデルが大規模になり、計算時間が課題になる場合があります。
ADVENTUREClusterでは、大型構造物を高速で解析できるため、このような課題に貢献できます。また、鍛造解析やプレス解析と連携することで、成形圧による金型の変形や金型変形によるプレス部品仕上げ形状への影響などの課題に、手早く確認することができます。一方、ADVENTUREClusterでの最適化計算では、体積を減らしつつ、剛性を最大化させる効果があり、製品の軽量化にも貢献できています。

AD006

公開日 2022/07/29  動画時間 16:05

【活用事例】
コネクタ信頼性評価解析[AD006]

近年の電動化拡大に伴いコネクタ部品の使用が増加しており、多品種・小型化への対応など設計要求は年々厳しくなっております。このような課題を早期に解決するために、CAEを用いた予測技術の確立は重要な要素です。一方で、挿抜解析は、刻々と変化する接触状態や大きな変形を考慮する必要があり、計算難易度が高く、解析による事前検証が難しいと言われています。接触問題にも強いADVENTUREClusterは複雑な解析も安定して計算が可能なため、収束が難しいといわれている挿抜解析においても実用的な時間で再現可能です。

AD005

公開日 2022/07/29  動画時間 10:20

【実演セミナー】
最適化解析編(操作デモ)[AD005]

位相最適化は、目的関数、制約関数に応じて自動で形状変更を行い、性能とコストバランスのよい製品形状を導き出す機能です。
位相最適化は何度も繰り返し計算を行うため、計算時間が長くなる傾向がありますが、ADVENTUREClusterは高速計算可能な構造解析ソフトウェアのため、この時間を大幅に短縮することが可能であり、設計工数の大幅削減に貢献できます。

AD004

公開日 2022/07/29  動画時間 12:05

【実演セミナー】
静解析編(操作デモ)[AD004]

ADVENTUREClusterの静解析を用いた操作デモンストレーションです。モニター形状モデルに対して、底面を固定し、上部に負荷を与えた静解析を実施いたします。
プリプロセッサのBuilderではメッシュ生成、境界条件、拘束条件の設定に関して、直感的な操作が可能となっています。また接触探査機能を利用して、部品同士の接触箇所を視覚的に確認することができます。
ポストプロセッサのVisualを利用することで、各種結果の確認、ファイルの出力、解析結果をアニメーション表示して確認することが可能となっています。
本動画を通じてプリポスト・ソルバーを利用する際の基本操作をご確認いただけます。

AD003

公開日 2022/07/29  動画時間 19:53

【活用事例】
多層プリント基板の実装済みICチップのサブモデル解析[AD003]

近年、自動車の先進運転支援システムの採用増加・電動化の需要の高まりに伴い、多層プリント基板市場の大きな成長が予測されています。多層プリント基板の製造工程においては、熱による基板の反り、はんだ接合部の破断などのトラブルが生じる可能性があり、事前予測の手段としてCAEのニーズも高まっています。しかし、多層プリント基板は薄板物の集合体かつ複雑な配線が絡むため、メッシュ数が膨大になるという課題があります。大規模モデルに対応しているADVENTUREClusterは、膨大なメッシュ数に対しても実用的な時間で検証可能であり、開発コスト削減に貢献します。

AD002

公開日 2022/07/29  動画時間 19:32

【活用事例】
動解析(落下・衝突)[AD002]

落下・衝撃解析などの動解析は陽解法で実施することが多いですが、ADVENTUREClusterでは陰解法を使用した動解析も実施いただく事が可能です。陰解法では1ステップの計算でマトリックスを解くため、計算量は陽解法より多くなりますが、時間ステップに関してクーラン条件の縛りがないことから、要素サイズに制限が無く計算モデル作成が容易な事が大きな特徴です。また、動解析は接触条件の設定が複雑になる場合がありますが、ADVENTUREClusterのGUIは直感的な操作が可能なため、初心者の方でもお使いいただきやすく設計されています。

AD001

公開日 2022/07/28  動画時間 15:55

【製品紹介】
汎用構造解析ADVENTURECluster[AD001]

ADVENTUREClusterは、SCSKのグループ会社であるアライドエンジニアリング社が開発した構造解析ソフトウェアです。一億自由度を超える大規模なアセンブリモデルを、超高速で計算出来る計算性能が最大の特徴です。近年の開発では、従来の利用領域である生産技術だけでなく多層プリント基板解析、最適化解析にも対応しており、CAEの可能性を飛躍的に拡大できます。本動画では、CAE専任者の方だけでなく設計者としてCAE製品を取り扱う方、はじめてCAE製品を取り扱う方にもわかりやすく、ADVCNTUREClusterの機能をご紹介いたします。

MA004

公開日 2022/08/02  動画時間 01:50

【製品紹介】
MAGMAstressによる中子応力解析機能ご紹介 / MAGMASOFT [日本語字幕][MA004]

MAGMAstressモジュールでは、鋳造品及び型に発生する応力や変形、残留応力、割れなどを予測することができます。MAGMAstress v5.5 では、充填中における中子の熱膨張や浮力を考慮した応力・変形解析が行えるようになりました。ぜひMAGMAstress v5.5 新機能の詳細をご確認ください。

MA003

公開日 2022/08/02  動画時間 01:59

【製品紹介】
連続鋳造向け鋳造プロセスシミュレーション機能ご紹介 / MAGMASOFT [日本語字幕][MA003]

MAGMA CCは連続鋳造プロセスに対応したシミュレーションソリューションです。MAGMA CC v5.5では、ボウタイプ(湾曲型)の鋳鋼の連続鋳造プロセスに対応する新機能が加わりました。ぜひMAGMA CC v5.5 連続鋳造向け新機能の詳細をご確認ください。

MA002

公開日 2022/08/02  動画時間 01:50

【製品紹介】
鋳鉄向け鋳造プロセスシミュレーション機能ご紹介 / MAGMASOFT [日本語字幕][MA002]

MAGMASOFTは、砂型鋳造、ダイカスト、精密鋳造、連続鋳造など幅広い鋳造プロセスに対応した、鋳造プロセスシミュレーションソフトです。鋳鉄専用モジュールであるMAGMAiron v5.5では、溶湯補給や対流の考慮などのアルゴリズムが改善され、ポロシティ予測精度の向上が図られています。ぜひMAGMASOFTv5.5 鋳鉄向け新機能の詳細をご確認ください。

MA001

公開日 2022/08/02  動画時間 01:59

【製品紹介】
ダイカスト向け鋳造プロセスシミュレーション機能ご紹介 / MAGMASOFT [日本語字幕][MA001]

MAGMASOFTは、砂型鋳造、ダイカスト、精密鋳造、連続鋳造など幅広い鋳造プロセスに対応した、鋳造プロセスシミュレーションソフトです。ダイカスト専用モジュールであるMAGMAhpdc v5.5では、溶湯内部の気泡の追跡が可能な新指標が加わりました。ぜひMAGMASOFTv5.5 ダイカスト向け新機能の詳細をご確認ください。

CI005

公開日 2022/10/04  動画時間 41:32

【マテリアルズ・インフォマティクス】
Citrine製品紹介セミナー第4回化学材料編[CI005]

化学材料の研究開発とその課題とAI活用の課題から、Citrine Platformによるソリューションとして化学情報の機械解読データへの変換、顧客要求への迅速な対応、制限成分の再配合などについてご紹介します。また、デモンストレーションで実際の操作フローをご覧いただきます。

  • ※2022年9月21日に実施したウェビナーの内容の一部です。
CI004

公開日 2022/09/13  動画時間 38:48

【マテリアルズ・インフォマティクス】
Citrine製品紹介セミナー第3回触媒編[CI004]

なぜ触媒は難しいのか、触媒領域ではAI構築も難しいのか、などの解説から、なぜAIの適用が難しい領域であるにも関わらず、CitrineのAIが触媒の最適解となりうるのかの理由について3つのメリットに焦点をあてて説明します。また、デモンストレーションで実際の操作フローをご覧いただきます。

  • ※2022年9月8日実施したウェビナーの内容の一部です。
CI003

公開日 2022/09/06  動画時間 41:57

【マテリアルズ・インフォマティクス】
Citrine製品紹介セミナー第2回電池材料編[CI003]

電池材料の研究開発における課題から、AIの活用がなぜ必要になるか、そして一般的なAIと違い、Citrine Platformはどのように電池材料開発に適用できるのかなどをご紹介し、デモンストレーションで実際の操作フローをご覧いただきます。

  • ※2022年8月24日実施したウェビナーの内容の一部です。
CI001

公開日 2022/08/03  動画時間 34:52

【マテリアルズ・インフォマティクス】
Citrine製品紹介セミナー第1回製品概要編[CI001]

Citrine Platformは、SaaS型のマテリアルズ・インフォマティクスソリューションであり、世界をリードする素材・化学企業との協業実績を生かした最先端のノーコードAI、スマートなデータ構造管理、最高水準のセキュリティを兼ね備えています。
本動画では、革新的な材料開発の高速化を実現するCitrine Platformの概要及び機能について、デモンストレーションを交えてご紹介します。

  • ※2022年7月27日実施したウェビナーの内容の一部です。
AR001

公開日 2022/11/29  動画時間 15:22

【セミナー】
Aras Innovatorを核としたソリューション連携による価値創出 前編[AR001]

あらゆる場所に情報が点在しており必要な情報が見つけられない、アプリケーションやシステムによって必要な情報の内容・形式が異なり上手く連携できない、といった課題を解決するため、データマネジメントシステム「Aras Innovator」を核としたさまざまなソリューション連携の仕組みを解説します。

AR002

公開日 2022/11/29  動画時間 14:22

【セミナー】
Aras Innovatorを核としたソリューション連携による価値創出 後編[AR002]

あらゆる場所に情報が点在しており必要な情報が見つけられない、アプリケーションやシステムによって必要な情報の内容・形式が異なり上手く連携できない、といった課題を解決するため、データマネジメントシステム「Aras Innovator」を核としたさまざまなソリューション連携の仕組みを解説します。

SO003

公開日 2023/8/18  動画時間 05:23

【解析事例】
溶接CAE「SORPAS」によるバッテリ―タブ溶接[SO003]

自動車のEV化の進展に伴い、電池向けの抵抗溶接のニーズが高まっています。特に電池部品の溶接は精密さと安全性が必要なため、プロセスとして抵抗溶接が適している事がございますが、SORPASはこれらのバッテリー溶接解析に最適なソフトとなっております。
本セミナーでは、Swantec社が提供する抵抗溶接・機械接合に特化したシミュレーション 「SORPAS(ソーパス)」をバッテリー領域でどのように活用できるか、デモを交えてご紹介いたします。

SO002

公開日 2022/12/20  動画時間 34:39

【ユーザー事例】
980MPa級超高張力鋼におけるテンパースポット溶接条件最適化の基礎検討(西日本工業大学様)[SO002]

近年、自動車の軽量化の動きが加速し、超高張力鋼の適用が拡大しています。製造時の加工の難しさ、耐衝撃性の低さが懸念される超高張力鋼に対し、溶接シミュレーションSORPASを活用して、効率的にテンパースポット溶接条件を検討した事例を、西日本工業大学様にご発表いただいております。

GE007

公開日 2022/05/25  動画時間 09:47

【製品紹介】 材料開発総合パッケージソフトウェアのご紹介 / GeoDict[GE007]

GeoDictは、リチウムイオン二次電池や燃料電池、全固体電池、フィルター濾材、複合材、織物、不織布などのさまざまな多孔質材料構造の生成を容易にし、それらの材料特性や機能評価を最適化できる革新的な材料開発シミュレーションです。
FIB-SEM画像などの画像処理/読込や幾何的パラメータ入力によるnm~mmスケール3次元構造の生成、幾何形状分析、性能評価のための幅広い解析機能を提供し、シミュレーションによるデジタルツインで新素材や高機能材料の開発を加速させます

GE006

公開日 2022/08/24  動画時間 07:55

【活用事例】 画像処理による材料モデリング[GE006]

GeoDictはモデリングから特性シミュレーションまで一気通貫した解析が可能なソフトウェアです。
GeoDictの特徴的な機能として、FIB-SEM画像やマイクロCTの積層画像から3Dモデルを構築することができます。
その際撮影された複数の材料を識別(セグメンテーション)することが重要となります。
この動画では、

  • 1.Watershedアルゴリズムによる多相セグメンテーション
  • 2.AIベースの画像セグメンテーション

の2つの機能について紹介いたします。

  • ※本動画は2021年度開催の「GeoDict2021新機能ウェビナー」で発表した内容となります。
GE005

公開日 2022/07/07  動画時間 05:13

【ユーザー事例】 ヘルムホルツ電気化学エネルギー貯蔵ウルム研究所事例[GE005]

リチウムイオン電池性の及び寿命に関する限定ファクターの解析事例をご紹介いたします。

GE003

公開日 2022/07/07  動画時間 11:07

電極構造の幾何形状分析と材料特性・性能評価[GE003]

GeoDictの二次電池領域における幾何形状分析機能、および材料特性・性能評価についてにご紹介いたします。

GE001

公開日 2022/07/07  動画時間 07:44

電池の解析と電極構造生成[GE001]

なぜ電池の解析が必要であるか、そしてGeoDictにおいてどのように電極構造を生成できるかについてご紹介いたします。

RS007

公開日 2022/06/27  動画時間 17:55

【JUC2022】液体燃料を用いた内燃機関の脱炭素化へ向けた持続可能な施策[RS007]

Dr Richard Osborne (Ricardo) Global Technical Expert – Sustainable Engines (SCSK代理発表)
気温の長期的な上昇を抑えるため、輸送用機器の脱化石燃料が急務です。運輸業界は、排出量が横ばい、または増加し続けている数少ない部門の一つです。本セッションでは、排出量削減についての目標と政策における世界的なトレンドについて説明します。
伝統的なバイオ燃料、合成バイオ燃料および電気燃料を含む電化を補完するものとして、持続可能な液体燃料の利用に関する展望が示されており、Ricardo社での取り組み事例をご紹介させて頂きます。

RS006

公開日 2022/06/27  動画時間 19:34

【JUC2022】水素燃料に対するRicardo社でのNET-ZERO取組事例紹介[RS006]

Mr Trevor Downes and Mr John Hughes(Ricardo) Chief Engineers (SCSK代理発表)
水素燃料は、内燃機関アプリケーションの脱炭素化に向け、大きな可能性を持っているものの一つです。本セッションでは、水素燃料エンジン開発における業界全体の進捗概要、この分野におけるRicardo社の取り組みについて紹介します。
全体的なモデリングツールチェーンが提示され、実験プログラムの詳細説明を行います。単気筒研究における燃焼特性と、現在の多気筒試作エンジンについて説明します。また、動的・インジェクションおよび燃焼モデリングについて、既存ツールチェーンによる検証をまとめました。

RS005

公開日 2022/08/02  動画時間 07:45

Ricardo社製 エンジン性能&1次元ガス・ダイナミクス・シミュレーションソフト 水素燃焼エンジン適用サンプルモデル紹介[RS005]

Ricardo社製 エンジン性能&1次元ガス・ダイナミクス・シミュレーションソフトが水素エンジンに対応しました。
本動画では、今注目の技術である、内燃機関の水素燃焼シミュレーションについて、サンプルモデルを用いて紹介致します。
技術や製品にご興味を持たれた方は、お問い合わせボタンよりご連絡下さい。

RS004

公開日 2022/08/02  動画時間 09:00

Ricardo社製 ギヤトレイン/eアクスル開発「Transmission Tools」のご紹介[RS004]

Ricardo社製 トランスミッション研究開発ソリューション「Transmission Tools」をご紹介します。電動化開発において、ギヤトレインの最適化は重要なテーマです。
本動画では、eアクスル開発に効果を発揮するTransmission Toolsの概要をご紹介致します。

RS003

公開日 2022/07/21  動画時間 02:48

Ricardo 「R-Geometry」のご紹介[RS003]

Ricardo Software 2021.2で、新製品(オプション)R-Geometryをリリースしました。
G-Geometryは、CFD及びFEMの3次元CADファイル前処理の作業効率を大幅に改善するオプション製品です。
本動画では、R-Geometryの機能をご紹介致します。

RS002

公開日 2022/07/19  動画時間 14:39

内燃機関温度解析のため熱境界条件予測ソリューションRicardo「FEARCE-Vulcan」技術概要[RS002]

Ricardo社製 内燃機関熱予測ソリューション「FEARCE VULCAN」技術概要
カーボンニュートラルに向けた内燃機関開発において、燃費向上、排出ガス予測、オイル消費予測、冷却システム検討、材料挙動や変形量予測などの性能評価を行う上で、開発上流フェーズでの熱予測が非常に重要です。
2021年に発売されたRicardo「FEARCE-Vulcan」は、内燃機関の熱境界条件を高速・高精度にシミュレーションする画期的なソリューションです。
本動画では、FEARCE-Vulcanの画期的な機能と導入効果をご紹介致します。

RS001

公開日 2022/07/19  動画時間 25:19

Ricardo FEARCE-Vulcan概要紹介[RS001]

Ricardo社製 内燃機関熱予測ソリューション「FEARCE VULCAN」概要紹介
本動画では、内燃機関熱予測ソリューション「FEARCE VULCAN」の概要をご紹介いたします。
「FEARCE VULCAN」は、カーボンニュートラル社会へ向けたクリーンな内燃機関開発を実現する革新的な熱予測ソリューションです。
Ricardo Softwareのユーザー様は勿論のこと、内燃機関やコンポーネントの開発に携わっておられるメーカー様にご参考に頂き、ご活用頂ける内容です。
是非動画をご視聴頂き、資料請求・お問い合わせをお願い致します。

AP001

公開日 2022/06/22  動画時間 15:55

aPrioriのご紹介[AP001]

現代は、設計段階で製造コストを意識するフロントローディングの時代です。このような環境の中で、製品開発の早い段階、すなわち設計段階でコストを意識するため、そして、ターゲットコストを下げて利益向上のために誰でもすぐに原価を知ることができるツールとして開発されたのがaPrioriです。この動画ではaPrioriの仕組みワークフローなどを元に概要をご紹介します。

IP009

公開日 2022/01/25  動画時間 43:54

【セミナー】 統合されたデジタル検証プロセス/IPS Cable Simulation & IMMA[IP009]

“ワイヤーハーネスの設計から人間中心の組み立てまで”と題して、ワイヤーハーネスとホースの自動3D設計と物理ベースの検証のための新しい方法、さらに、デジタルヒューマンと組み合わせた組み立て検証方法についても紹介します。なお、こちらの動画は昨年(2022年11月)IPS Cable Sumulation Japanユーザーカンファレンス 2022 で配信した内容となります。
【日本語字幕】

IP006

公開日 2022/10/05  動画時間 10:00

【製品紹介】 デジタルによる作業性検証 / IPS MPP+IMMA+VR[IP006]

モノづくりのデジタル化の流れの中で作業性検証をデジタルで行うという流れが加速しています。本動画はデジタル検証が行えるプロダクト、機能を紹介します。部品の組付け経路検討が行える「IPS Path Planner」、設備動作を考慮した組付け経路検討が行える「IPS Mechanism Path Plannner」、作業性検討が行える「IPS IMMA」と「IPS Virtual Reality」それぞれ使用例を交えお伝えします。

IP005

公開日 2022/08/25  動画時間 06:50

【製品紹介】 ケーブル・ホース・ワイヤーハーネスをリアルタイムにシミュレーション / IPS Cable Simulation[IP005]

IPS Cable Simulationとはなになのか。開発元や研究開発元、ソリューション紹介、またメインとなるCable Simulationがどのようなところで活用できるかなど、概要を紹介します。

IP004

公開日 2022/07/22  動画時間 37:54

【IPS Automatic Routing and Optimaization ウェビナー 後半】 ホースの自動配策と最適化機能のご紹介[IP004]

IPS Cable Simulation の開発元のウェビナーから、オプション機能紹介を日本語字幕でお届けします。本動画は、ウェビナーの後半として 「ホースの自動配策と、ホース長の最適化」機能である IPS Automatic Routing and Optimaization のデモンストレーションを交えた紹介となります。

IP003

公開日 2022/07/22  動画時間 23:03

【IPS Automatic Routing and Optimaization ウェビナー 前半】 成形ホースのモデリング機能のご紹介[IP003]

IPS Cable Simulation の開発元のウェビナーから、オプション機能紹介を日本語字幕でお届けします。本動画は、ウェビナーの前半として 「成形ホースの作成」機能である IPS Preformed Routing (Preformed Editor) のデモを交えた紹介となります。

IP001

公開日 2022/07/15  動画時間 10:02

IPS IMMA 概要紹介[IP001]

デジタルマネキンを使用し作業性の検討を行えるIPS IMMAについてご紹介します。
IPS IMMAでは、体型の違いなど多様性を考慮した分析をおこなえ、到達性、視認性、組立性もわかりやすく可視化します。
またマネキンの一部を動かすだけで人間工学に基づいた自然な姿勢を自動計算しますので、工数を大幅に削減することができます。

EL007

公開日 2022/09/16  動画時間 25:10

【セミナー】PCB基板への銅めっきソリューション / ElsycaPCB Studio[EL007]

ElsycaPCBソリューションは、プリント基板の銅めっき予測ツールです。回路設計者・CAMエンジニア・基板めっき担当者が連携し、設計段階からめっき品質を作り込むことで、スルーホールや、ビアも含めた銅配線めっきを高品質で実現しつつ、生産効率を最大化できる、ElsycaPCBソリューションを詳しくご紹介いたします。

EL006

公開日 2022/09/16  動画時間 23:02

【セミナー】電気めっきシミュレーション活用事例と最新情報 / ElsycaPlatingManager[EL006]

ドアハンドルの多数個取りを題材に、めっき工程時の部品レイアウト検討における、Elsyca PlatingManagerの活用事例を紹介いたします。さらに、Elsyca PlatingManager v5にて追加された新機能をご紹介いたします。

EL005

公開日 2022/08/09  動画時間 15:14

【セミナー】 電着塗装工程シミュレーションのご紹介 / Elsyca E-CoatMaster[EL005]

カーボンニュートラルの対応が強く叫ばれる中、自動車の生産工程の中でCO2排出量割合の多いプロセスである電着塗装工程の効率化は、各社の大きな課題となってきています。本セッションでは、電着塗装の膜厚予測ツールであるElsycaE-CoatMasterの概要と、機能の詳細をご紹介いたします。

EL004

公開日 2022/08/09  動画時間 01:47

【製品紹介】 雑音リーク経路探索シミュレーションのご紹介 / ElsycaLeakageMaster [日本語字幕][EL004]

ElsycaLeakageMasterは、騒音伝播のスモークテストをバーチャルに行い、その対策を検討できる3Dモデルの経路探索ツールです。本動画では、操作デモを交えながら、ElsycaLeakageMasterをご紹介いたします。

EL003

公開日 2022/08/09  動画時間 01:47

【製品紹介】 PCB基板のめっき設計最適化シミュレーションのご紹介 / ElsycaPCBBalance [EL003]

Elsyca PCBBalance は、世界で唯一のPCB 設計者および CAM エンジニア向けソフトウェアです。銅膜層の厚さ分布を分析するだけではなく、PCB 設計とパネルのレイアウトを最適化して、めっき プロセスの準備を整える自動銅バランシング ステップ機能が装備されています。本動画では、操作デモを交えながら、ElsycaPCBBalanceを2分でご紹介いたします。

EL002

公開日 2022/08/09  動画時間 02:37

【製品紹介】 PCB基板への銅めっきシミュレーションのご紹介 / ElsycaPCBPlate[EL002]

Elsyca PCBPlate は、PCB パネルのめっき性能とパターンめっきプロセスを強化する最先端のグラフィカル シミュレーション プラットフォームです。本動画では、操作デモを交えながら、ElsycaPCBPlateを2分でご紹介いたします。

PS005

公開日 2022/07/29  動画時間 1:04:10

UQ(不確かさの定量化)機能紹介【pSeven/開発元ウェビナー/英語】[PS005]

pSevenの開発元のウェビナーから、pSevenのUQ機能をご紹介します。pSevenは、製品の特性に対する不確実なパラメータの影響を評価する機能を提供します。本ウェビナーでは、設計変数と応答の不確実性を効率的に定量化して処理するためのpSevenツールについてご紹介します。

【アジェンダ】~13:40頃 pSeven/pSeven Enterprise概要紹介 / 13:40頃~ UQ機能紹介

PS004

公開日 2022/07/29  動画時間 1:03:52

予測(サロゲート)モデリング機能紹介【pSeven/開発元ウェビナー/英語】[PS004]

pSevenの開発元のウェビナーから、pSevenの予測モデリング機能をご紹介します。pSevenは、外部データセットやシミュレーションからデータを取得して学習し、モデルを検証し、FMIなど様々な形式にエクスポート可能なツール一式を提供します。Smart Selection機能を活用することで、ワンクリックで予測モデリングを最適な設定で自動実行できます。本ウェビナーでは、pSevenの予測モデリング機能をデモを交えながらご紹介します。

【アジェンダ】~14:50頃 pSeven/pSeven Enterprise概要紹介 / 14:50頃~ 予測モデリング機能紹介

PS003

公開日 2022/07/29  動画時間 52:04

ポスト処理・可視化機能紹介【pSeven/開発元ウェビナー/英語】[PS003]

pSevenの開発元のウェビナーから、pSevenの可視化機能をご紹介します。pSevenは、外部データを完全に制御し、豊富な後処理機能を提供します。本ウェビナーでは統計、相関、依存関係など、インタラクティブでカスタマイズ可能なツールを使用して、エンジニアリング結果を可視化および再利用する方法を説明します。

【アジェンダ】~16:30頃 pSeven・pSeven Enterprise概要紹介 / 16:30頃~ 可視化機能紹介

PS002

公開日 2022/07/29  動画時間 1:19:40

パラメトリック最適化機能紹介【pSeven/開発元ウェビナー/英語】[PS002]

pSevenの開発元のウェビナーから、pSevenのパラメトリック最適化機能をご紹介します。pSevenは、最適化の専門家ではなくても最適化の設定を簡単にできるSmart Selection機能があります。本ウェビナーではデモを交えながら最適化およびSmart Selection機能の良さをご紹介します。

【アジェンダ】~14:00頃 pSeven・pSeven Enterprise概要紹介/ 14:00頃~ 最適化機能紹介

PS001

公開日 2022/07/29  動画時間 55:52

CAD/CAEインテグレーション(統合)機能紹介【pSeven/開発元ウェビナー/英語】[PS001]

pSevenの開発元のウェビナーから、pSevenのCAD/CAEインテグレーション機能をご紹介します。pSevenは、外部ツール、CAD/CAEソフトウェア、および使用しているデータを1つのワークフローに統合できます。本ウェビナーではデモを交えながら機能の良さをご紹介します。

【アジェンダ】~13:00頃 pSeven・pSeven Enterprise概要紹介/ 13:00頃~ インテグレーション機能紹介

  • 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

デジタルエンジニアリング事業本部
プロダクト推進部
TEL:03-5859-3012
E-mail:eng-sales@scsk.jp
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら