認証・証明書・DHCPアプライアンス RADIUS GUARD S

お問い合わせはこちら

証明書インポートツール(Chrome OS)

証明書インポートツール(Chrome OS)

Chrome OSに対応

Chrome OSは、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」を契機に全国で多数導入利用されている端末「Chromebook」で使用されているOSです。「GIGAスクール構想」では、多くの端末が学内ネットワークを利用するため、正しい端末が学内ネットワークにつながるしくみを整える必要があります。今回リリースする「証明書インポートツール」を使用することで、学校現場へ大量導入されるChromebook端末に対し、RADIUS GUARD S(Ver6.14.00以降)が発行する電子証明書を効率よく配付できるしくみを整えることができるようになり、学内ネットワークの正しい端末としてChromebookの利用ができるようになります。

システム構成

システム構成イメージ図

本ソフトウェアはIT 資産管理者によるクライアント端末のキッティング作業時に、クライアント証明書をクライアント端末へインポートする作業を容易にする目的で使用するソフトウェアです。

端末環境

項目 管理端末
OS Chrome OS 93 以降の 64bit 版、または Chrome OS 77 以降の 32bit 版であること
OSの言語設定 日本語
ディスプレイ 1024 × 768 ピクセル以上の解像度を持つディスプレイを有すること
その他 Google Workspace により、管理された端末であること
(Chrome Enterprise Upgrade またはChrome Education Upgrade が必要)

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITプロダクト&サービス事業本部
TEL:03-5859-3037
ご相談・お問合せ
お見積り・価格相談
技術相談・仕様確認
お問い合わせはこちら