Palo Alto Networks

お問い合わせはこちら

Prisma Access

製品概要

パロアルトネットワークスの次世代セキュリティプラットフォームをベースに、それらの保護をリモートワークとモバイルユーザーにまで拡張することを可能としたのがPrisma Accessです。また、Panoramaの管理の元、組織全体での一貫したセキュリティポリシーの作成および導入もできます。

特長

リモートネットワーク向け

モバイルユーザ向け

活用パターン

①テレワーク環境向けセキュリティの必要性

近年、国をあげて「働き方改革」の推進が進んでおり、さまざまなデバイスや環境から…といった多様な働き方が増えています。

テレワーク導入企業

いつでもどこからでも企業の「情報資産」へアクセス可能となる一方、 インターネット上に「機密情報」がさらされるリスクも発生しています。

prisma_access_img01

いつでもどこからでも便利に、安全にアクセスができる個々の働き方に合わせた
柔軟なテレワーク環境の実現が不可欠!

構成イメージ

構成イメージ

 ユーザー権限によるアクセス可否一覧

  • PC端末であれば、Prisma Accessを必ず経由して インターネットアクセスとなるように強制もできます。 ユーザーがGlobalProtect エージェントを削除してしまうような こともありません。

ユーザー権限に応じて
アクセス可能な宛先を
適切に制御!(User-ID機能)

インターネット通信は
セキュリティ機能を有効化し、
社外でも社内と同一セキュリティレベル!

Clientless VPN設定まですれば、
管理者がアクセス権限の与えたユーザー
のみクラウドサービスへログイン可能!
(シャドーIT対策)

②多拠点向けクラウドセキュリティの必要性

Microsoft 365やAmazon Web Serviceをはじめとする、クラウドサービスが年々普及中。

自社で環境をつくるよりも安定性・可用性・拡張性が高くなるという声も多々ある一方で、想定外のトラフィック増となったという話も。

prisma_access_img01

従来どおりのセキュリティレベルを保ち、クラウド時代に合った快適さを追求し、
迅速対応が可能なクラウド環境づくりを!

便利なポイント

構成イメージ

活用パターン②多拠点向けクラウドセキュリティの必要性

 ユーザーが社内/社外どちらにいるかは、DNSホスト情報から自動で識別・切替え可能!

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークセキュリティ部
E-mail:paloalto-info@ml.scsk.jp
TEL:03-5859-3037
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら