HOME    製品紹介    Progress Corticon

製品紹介

ProgressCorticon Logo ProgressCorticon ディシジョンの自動化を支援する
パワフルなルールエンジン

Progress Corticonは、業務上のディシジョン(判断)をありのままにモデル化し、誰が見てもわかり、どこからでもディシジョンサービスとして利用できるようにするエンドユーザーフレンドリーなBRMSです。

ProgressCorticonの構成

内部設計の段階で、ヒアリングをしながらルールをモデリングして単体テストを行い、モデリングが完了した時点でそのままアプリケーションとして利用可能になります。つまり、設計やコーディングの工程を極限まで圧縮した「つくらないシステム」を実現しているため、内部設計とコーディングの工程を大幅に削減できます。

内部設計とコーディングの工程を大幅に削減できます

特長 1洗練されたディシジョン・テーブル

わかりやすいディシジョン・テーブル上で、普段のビジネスで使っている語彙のみを用いてルールを記述していくので、まったくプログラムのコーディングが必要がありません。プログラミングが読めない業務ユーザーが、自身でルールを記述し、ルールのテストまで実施可能です。

Node Sharing機能

特長 2登録したビジネスルールの論理チェックと圧縮機能

膨大な数のビジネスルールの妥当性を確認し、それが表すロジックが完全で、内部的に整合性が取れており、重複がないことを確認することは困難ですが、品質や効率を向上させるためにBRMSにとっては必須の機能です。
Progress Corticonなら、要件定義時や、設計時に設定したルールの論理性を1クリックで自動検証し、曖昧性や完全性、無限ループの発生を簡単に発見することができます。

曖昧性の確認

曖昧性の確認
同じ条件、組み合わせにも関わらず判定が異なるものを検知

完全性の確認

完全性の確認
条件の組み合わせを計算し、不足しているパターンを追加

論理ループの確認

論理ループの確認
ルール同士で論理的な無限ループが発生する箇所を検知

ルールの圧縮

ルールの圧縮
条件として評価しなくて良い部分やまとめられる部分を効率化


特長 3システム品質向上の仕組み ~推論エンジン~

要素間の関連性を推論エンジンが把握するため、適切な順番で実行処理されます。

  判定表

判定表

  テスト結果

テスト結果

  依存関係ダイヤグラム

依存関係ダイヤグラム

特長 4システム品質向上の仕組み ~単体テスト~

モデリングが完了したら、即時に単体テストができるため、単体テストフェーズの高品質化と工数の大幅圧縮が可能になります。

システム品質向上の仕組み ~単体テスト~

特長 5既存システムとの柔軟な連携

開発したルールはWebサービスを利用できれば、あらゆる言語、BPM製品、ワークフロー製品、開発ツールとシームレスに連携可能です。

既存システムとの柔軟な連携

製品構成

  製品構成イメージ

製品構成イメージ
ライセンス名称 概 要
Corticon Server ルールエンジン本体。作成したルールをWebサービス化し、業務アプリケーションからのSOAP呼び出しに対し、ルールを実行し、判定結果を返す。
Corticon Studio ルールを開発するクライアント製品。ルール登録、論理性チェック、単体テストをワンプラットフォームで実行可能。
Enterprise
Data Connector
オプション製品。ルール・エンジンから透過的にデータベースにアクセス可能。


提供形態(ライセンスモデル)

ライセンス名称 単 位 提供可能
Corticon Server Core
Corticon Studio User
Enterprise
Data Connector
Core
BRMS
トータルソリューション
-
  • 上記は予告なしに変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

提供形態(サブスクリプションモデル)

製品名 価格単位 提供可能
Corticon Server Core
Enterprise Data Connector Core
Corticon Studio
開発パック
Corticon Studio Named
User
(※1)
Best Tools
for Corticon
Named
User
(※1)
Best Tools for Corticon EDC
オプション
- (※2)
  • サブスクリプション・ライセンスはサポート料金を含んだ1 年間の期間限定ライセンスです。
  • 上記は予告なしに変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
  • 非本番ライセンス(待機系、開発用、検証用)で使用する場合、本番ライセンスの購入が前提となり、ライセンス、サポートともに定価の半額です。上記待機系中コールドスタンバイで使用する場合のみ無償です。(Corticon Studio は開発ツールのため非本番ライセンスの対象外です)
  • Core : Corticon Server ライセンスに適用。上記単価にOS が認識するコア総数を掛けます。
  • Named User(指名ユーザ):Corticon Studio ライセンスに適用( 原則1 人/1 マシン)。タイムシェア(1 ライセンスを時間制で複数人で使用)はできません。
  • 1 Corticon Studio を新規で販売する場合、Corticon Studio1ユーザにBest Tools for Corticon(BT4C)1ユーザをバンドルし、「Corticon Studio 開発パック」としての販売となります。
  • 2 Corticon EDC Server をご導入のお客様がBT4C でルール開発をされる場合に必要なライセンスです。
    Cotricon Studio + BT4C + Corticon EDC Server をお持ちのお客様がご購入いただけます。Corticon EDC Server のライセンス数に関わらず1 ライセンスご購入ください。
  • 3 BT4C のライセンス形態はCorticon のライセンス形態に合わせて下さい
    (Corticon Perpetual ライセンスにBT4C Subscription ライセンスは付けられません)。ライセンス形態の変更もできません。


BRMSに関するお問い合わせ 無償 初めてのBRMSハンズオンセミナー 無償 ProgressCorticonハンズオンセミナー BRMSならSCSK その理由とは? JBoss Enterprise Middleware