HPE SimpliVity

シンプル化を実現するハイパーコンバージドインフラ登場。

専用のデータ管理およびストレージ機能により
データの効率、可用性、複雑性、コストを大幅に改善します。

HPE SimpliVity

HPE SimpliVityの特徴

サーバー、ストレージのみならずバックアップソフトやWAN最適化装置等、 仮想サーバーを稼動させるために必要な機器を完全に統合。パブリッククラウドの俊敏性を自社内クラウドで実現可能な、 世界最高レベルの効率と耐障害性を備えたエンタープライズ向けハイパーコンバージド製品です。

TCO 73%削減

約60秒でリカバリ完了
※1TBの仮想マシンの場合

10分の1にデータ圧縮可能

インメモリテクノロジ採用

優れたデータ効率

2ノードスタート

SimpliVity

『重複排除』『圧縮』の常識を覆した、3つのテクノロジー

1. ハードウェアアクセラレーター

ストレージ処理専用チップ:サーバーのCPUを使わずに従来の1,000倍の粒度で重複判定

2. インメモリテクノロジー

大容量DRAMでインメモリ:SSDの100倍高速とされるDIMMを活用したインメモリI/O

3. 重複排除・圧縮前提アーキテクチャー

徹底的に効率化:I/Oを高速化するための理想は無駄なWriteをしないこと

HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

Enterprise Flash (All Flash)
EF-XS
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

3TB

EF-S
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

6TB

EF-M
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

12TB

EF-L
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

20TB

VF-XS
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

3TB

VF-S
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

6TB

VF-M
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

12TB

VF-L
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

20TB

VF-XL
HPE SimpliVity 380 Gen10 ラインナップ

40TB

Value Flash (All Flash)

SimpliVity 380 Gen10 - VFとEFの違い

Gen10から追加されたVF(Value Flash)の特徴

  • バースト性能はほとんど変わらない
  • SSD の書き込み耐久性はEFの方が3倍くらい高い
  • - 但し、VFも2017 年の最新モデルを採用しているため、耐久性は十分にある(DPWD = 1.0 前後)
  • - VFはMedia Lifetime Managerが既定で有効(OmniStack 3.7.3 以降)
SimpliVity 380 Gen10  -  VFとEFの違い
SimpliVity 380 Gen10  -  VFとEFの違い

お問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ

03-5859-3735

受付時間:9:30~18:00(土・日・祝日は除く)