• シングルサインオン
  • 導入事例
  • インタビュー

【全労済様】大規模オンラインサービスの安全性と利便性を両立させた
統合認証基盤「IceWall SSO」

zenrosai_scsk_case_article.png
全国労働者共済生活協同組合連合会(以下、全労済)様は、3,000万契約を超える組合員(契約者)様へのサービス向上と社内の業務部門の負担を軽減するため、組合員様向けの24時間対応のセルフサービス型窓口「マイページ」をインターネット上に開設しました。「マイページ」では、複数のシステムやアプリケーションを横断的に活用できます。
「マイページ」の開設時に重要な要件として上げられた、「セキュリティ」「スケジュール」「コスト」を実現したのが、SCSKが提案した統合認証基盤「IceWall SSO」でした。

この記事のポイント

組合員様へのサービス向上と同時に、業務部門の負担減を実現する「マイページ」
シングルサインオンの3つのポイントを満たす「IceWall SSO」
「マイページ」の導入効果

組合員様へのサービス向上と同時に、業務部門の負担減を実現する「マイページ」

全労済様は、消費生活協同組合法に基づき1957年に設立された共済事業を行うための協同組合です。「こくみん共済」「マイカー共済」「火災共済」などの共済事業は広く親しまれ、経済的保障から総合的な生活保障まで幅広く展開していることから、「保障の生協」とも呼ばれています。

「窓口やコンタクトセンターで相談しながら、自分のニーズに合った保障を慎重に選びたいという組合員様が増えています。その一方で、日中は仕事で忙しい組合員から『照会や手続きをもっと手軽に済ませたい』という声も高まっていました」(事務・システム統括部 企画二課 課長の小高晋氏)。

そこで全労済様は、24時間対応のセルフサービス型窓口「マイページ」を開設することにしました。「マイページ」は、過去3年分の契約・保障内容の照会や、組合員様本人の加入手続き、住所・電話番号・振替口座の変更手続きなどをオンラインで行うことができるサービスです。

シングルサインオンの3つのポイントを満たす「IceWall SSO」

「マイページ」では、契約管理や給付金管理、契約照会といった複数のシステム/アプリケーションを横断的に活用する必要があります。それらはそれぞれ独立したシステム/アプリケーションであるため、本来は、個別にログインする必要がありますが、それでは組合員様の使い勝手が低下してしまいます。
そこで、お客様が一度だけ認証すれば、すべてのサービスをシームレスに利用できる「シングルサインオン」が求められました。

「『マイページ』では、シングルサインオンは不可欠です。ユーザー本人を正しく認証するとともに、適切にアクセスを制御するというセキュリティ上の目的が第一にあります。そして第二の目的は、ユーザーにストレスなくさまざまなサービスをご利用いただくことです」(事務・システム統括部 企画二課の谷村裕氏)。

全労済様は、シングルサインオンの実現について(1)厳しいセキュリティ要件をクリアできること、(2)サービス開始スケジュールに間に合うこと、(3)コストが妥当であること——という3つのポイントから評価・検討を行いました。

「マイページ」のアプリケーションとシステムの開発を担当したSCSKが、お客様の要件に最も適したソリューションとして提案したのが「IceWall SSO」です。
「IceWall SSO」は、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、HPE)が日本国内で開発・提供しているシングルサインオンソリューションです。1997年の登場以来、4,000万件を超える実績があり、大規模なイントラネット/エクストラネットや、BtoC/BtoBのオンラインサービスなど、多くのシステムの統合認証基盤として用いられています。SCSKは「IceWall SSO」の導入実績を数多く持ち、サポート体制も整っています。
全労済様は、SCSKの提案を受け、シングルサインオン製品としての完成度が高く、大規模開発での実績も豊富な「IceWall SSO」を採用しました。

全労済様 認証システム構成イメージ

SCSKとHPEの強固なパートナーシップと、全労済様とのスムーズな連携により、厳しいタイムスケジュールの中でテスト運用を含むすべての作業が計画通りに完了。スケジュール通りに「マイページ」を開設できました。

「マイページ」の導入効果

ユーザーニーズに応えたオンライン窓口として、開設以来4カ月間で1万人以上の登録者を獲得しています。

「住所や振替口座の変更手続きには、私たちの予想通り大きなニーズがありました。『マイページ』の利用時間は、窓口やコンタクトセンターの営業時間外が多くを占めており、アクセスが多い時間帯の傾向もわかりました」と谷村氏は述べています。

組合員様からのコンタクトセンターへの問い合わせに対し、コンタクトセンターオペレーターが組合員様と同じ画面を見ながらコミュニケーションできるよう「サポートログイン」という機能も新設され、業務部門の負荷の軽減にも成功しました。今後は、新規組合員様向けのサービス提供や既組合員様向けの取り扱い手続きの拡充を図っていく予定です。

「IceWall SSO」が「マイページ」の成功に寄与したことを受けて、全労済様は外部からのイントラネットへのアクセスにも「IceWall SSO」の適用を検討されています。

* * *

導入事例の詳細について

全労済様のプロジェクトを成功に導いた提案の詳細や実現方法、効果などの詳細をまとめた事例リーフレット、および「IceWall SSO」の詳細資料は、本ページ下部の“資料ダウンロードボタン”よりダウンロードいただけます。
ぜひご一読ください。

最新情報などをメールでお届けします。
メールマガジン登録