製品・サービス

SWX2300 検証パートナーズ レポート
第2回 株式会社OA推進センター 浦部様 井上様
~通信トラフィックの増加に対応するため、サーバとともにネットワークも強化し、レスポンスの向上を検証~

トラフィックの増加に伴い従来のスイッチをSWX2300にリプレイス、サーバの強化と同期させてネットワークのレスポンスを向上。

株式会社OA推進センター 浦部氏株式会社OA推進センター 井上氏

株式会社OA推進センターはお客様にヤマハ ルーターのご提案をされている中、今回はお客様への提案に先立ち自社内ネットワークのサーバレスポンス向上を図る一環として従前のスイッチをSWX2300にリプレイスし評価いただきました。

今回は株式会社OA推進センター SI部 システムサポート課 ISチーム 次長 浦部 卓氏(写真 左 以下、浦部氏)、井上 隆志氏(写真 右 以下、井上氏)にご評価を伺いました。今回伺ったのは、ヤマハ株式会社 営業推進部 ネットワーク機器営業グループ 牧野 秀彦氏(以下、牧野氏)とSCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 奈良部 朝康(以下、奈良部)の2名です。

株式会社OA推進センターは、飲食業、会計事務所を中心としたITによる業務効率化の提案、運用とWebブランディングをはじめとする営業の支援まで、IT経営のサポートの提供を行う企業です。今回はお客様へのご提案に先立ち、自社内の使用頻度が高まっていくグループウェアサーバのレスポンスの向上を目的としてネットワークを見直す際にSWX2300を導入、ご評価いただきました。


奈良部:この度のご評価、誠にありがとうございます。SWX2300をリプレイスされての状況はいかがでしょうか?

浦部氏:従来使用していた環境に比べて、サーバに対するPing通信のレスポンスを見る限り、遅延することが少なくなりました。サーバのLANポートも追加するなどの対策も行ったので一概にスイッチの性能向上とは言い切れませんが、従来の環境ではスイッチの電源再投入でパフォーマンスが回復したことを考えると、スイッチ自体の性能によるレスポンスの向上があったと考えられます。

図:評価時の構成
図:評価時の構成

奈良部:SWX2300の設定はいかがでしたでしょうか?

浦部氏

浦部氏:今回の構成では上位のルーターがRTX1200で、SWX2300のスイッチ連携には対応してなかったので、直接SWX2300の設定を行いました。基本的な設定についてGUIで行ったのですが、初めての操作でも一通りはできました。ただし詳細になっていくほど階層が深くなるためか、操作したい機能を探すのに少し苦労をしました。
変更前の構成では、RTX1200からSWX2200の設定を行うことができ、VLANなどの機器をまたぐような設定には非常にわかりやすいと感じています。
当社では、各拠点にIP電話の展開やネットワークカメラを設置して朝礼時に映像配信するなどしておりますので、グループウェア以外でもネットワークの使用状況が高いので、VLANによって制御することは重要です。

奈良部:おっしゃる通りVLANの設定は複数の機器の設定を合致させる必要があります。SWX2300にもLANマップLightがありVLANの設定が可能です。
こちらを使用しての設定はいかがでしょうか?

井上氏:SWX2300のVLANの設定については接続状態をもとにそれぞれのポートをマウスクリックすることで設定することができてわかりやすかった、と感じました。

SWX2300 VLANの設定画面
SWX2300 VLANの設定画面
(イメージのため実際の設定とは関係ございません)

奈良部:設定が見える化されるメリットは、設定のしやすさ以外にもございますか? 例えば、ネットワーク管理者の引継ぎをされるケースで、テキスト化された設定内容を紐解くよりは、より容易に引継ぎできると思いますが、いかがでしょうか?

株式会社OA推進センター 井上氏

井上氏:そうですね、確かにコンフィグファイルを追っていく作業では大変だと思います。特にVLANの設定はスイッチ間で整合性を持たせる必要があるので、LANマップのような、見てわかる設定というのは引継ぎが楽なだけでなく正確に行えると思います。

牧野氏:スナップショット機能についてはいかがでしょうか?

浦部氏:従来のVLANの設定(スイッチ連携機能)では、ケーブルの接続状況を保存しておくことができるので、学校のように生徒用、教職員用にポートVLANで分けているケースで接続を変えてしまったケースでも、本来の接続状態がわかるので、復旧にかかる手間が少なくなるので良いと思います。

奈良部:ハードウェアの側面でお伺いしますが、お客様へのご提案にSWX2300は役に立ちそうでしょうか?

浦部氏:そうですね、製造業のお客様で敷地内の事務所と生産ライン間の接続に利用できると思います。二つの建物の距離が100m以上離れているので、SWX2300のSFPポートを使用して光ケーブルによる接続ができると思います。

牧野氏:是非ともよろしくお願いします。ほかに何か気になる点はございますか?

浦部氏:そうですね、SWX2300のGUIにダッシュボードがあり、パフォーマンスを見ることができますが、メール通知の機能があるので、何かあったときに通知するようにいろいろ見ていきたいと思います。

奈良部:同時に検証頂いたSWX2100はいかがでしたでしょうか?

浦部氏:マグネットが標準でついているのは便利ですね。また電源ケーブルの抜け防止金具が標準添付されているのもいいですね。設置する場所がどうしても足元などになってしまうケースが多いので対策は必須です。

奈良部:ありがとうございます。VLANの設定についてのご意見ありがとうございました。 ネットワークを様々な用途に利用されていらっしゃるので、ぜひ引き続きSWX2300のQoSなどの機能をご評価いただき、またご感想をお聞かせください。


株式会社OA推進センターのご紹介

株式会社OA推進センターはお客様の業務効率の向上の為、各種業務のIT化、効率化を提案しています。飲食店、会計事務所をはじめ様々なお客様の業務に即してITによる効率化の提案を提供しています。
詳しくはこちら 

ヤマハネットワーク製品お問い合わせ

購入前のご相談、ご購入先等に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークプロダクト部

〒135-8110
東京都江東区豊洲3丁目2番20号
豊洲フロント

E-mail : rt-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3032 FAX : 03-5859-3106

製品サポート等(ヤマハネットワーク製品の設置工事、保守)に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
CarePlus(ケアプラス)ネットワークサポートサービス

■CarePlusサービス内容や費用、その他総合的なお問い合わせ
E-mail : careplus-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3033

■ 技術的なお問い合わせ
E-mail : careplus-tech@ml.scsk.jp