製品・サービス

コラム:ルーター・スイッチの基礎技術と最新情報
第2回 ルーターとかスイッチを簡単に使える時代の到来
ビジネスコンサルタント 吉政氏 寄稿

改めまして、吉政創成の吉政でございます。この度、ヤマハのルーターやスイッチ、無線LANのマーケティング支援を行うこととなりました。ヤマハの通信機器は中小企業市場でかなり大きなシェアを頂いていることから、業界を代表する製品として、その技術や活用方法などをご紹介していきます。特に私のコラムは情報システム担当と他の業務を兼任しているような方向けに、できるだけ分かりやすく書いていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

今回はネットワーク機器である、ルーターやスイッチがかなり使いやすくなってきたので、簡単に紹介します。

大昔はルーターやスイッチというと海外製品のイメージが強く、マニュアルが英語だったり、翻訳された日本語だったり、難しいコマンドなどもあり、ちょっとITリテラシーがあるくらいでは到底太刀打ちができない時代がありました。(実は今でも一部そのような機器があります) また取り扱う担当者が有料のトレーニングを数日間うけなければいけないようなこともあります。

でも、利用者の本音は、英語のマニュアルを読みたいわけでもなく、難しいコマンドを覚えたいのでもなく、外部のトレーニングを受けたいわけでもありません。 ただ、快適に社員が使えるネットワークを簡単に構築し、快適に運営できれば良いのだと思います。

そんな昔の時代からヤマハが1995年に市場参入し、法人向けのネットワーク機器の状況が大きく変わりました。

私が個人的に考えるヤマハが実現してきたことを以下に列記します。以下の実現をしてきたからこそ、20年近くSOHO市場でトップシェアを維持してきたのだと思います。やはり売れる製品には理由があります。 今まで高額なネットワーク機器を専門知識で扱わなければいけなかったものが安価で簡単に低コストで実現できる功績は大きいです。

  1. ハイパフォーマンスで安価なエンタープライズネットワーク機器市場の確立(壊れにくく、ハイパフォーマンスで安価なネットワーク機器の市場ができました)
  2. 日本語ドキュメントが増えました(ヤマハ系のドキュメントは本当に多いです)
  3. 簡単なコマンドで覚えられ、半日の無料トレーニングで十分扱えるようになります。
  4. 低コストなネットワークの見える化実現(直感的にネットワークの状況が分かる管理画面で簡単管理を実現してます)

※最近では、『Yamaha Network Organizer(YNO)』というヤマハのネットワーク機器の監視・管理を、クラウドベースで実現するネットワーク統合管理サービスも展開しています。

YNOのイメージ

YNOは特に一押しでして、YNOをご利用いただくことで、ヤマハネットワーク機器の監視・管理の負担を少なくし、より効率よく、さらにはトラブルにも強い機器管理を実現できます。

YNOは、ネットワーク機器の情報を、すべてクラウド上で管理します。これにより、設定情報を持ち歩くことなく、安全に一元管理できます。さらに、複数の機器設定を変更するなどの作業も、YNOのWeb管理画面上で簡単に行えるため、ネットワーク機器管理者の負担を大きく軽減できます。

※YNOについては以下をご覧ください。
http://jp.yamaha.com/products/network/software_service/network_organizer/ysl-yno/

ヤマハ製品に興味を持たれた方はネットでいろいろ検索してみるとよいと思います。日本語のドキュメントが本当に多いです。

それでは皆様、良い機器を使って快適なネットワークを簡単に安全に使いましょう。

ヤマハネットワーク製品お問い合わせ

購入前のご相談、ご購入先等に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークプロダクト部

〒135-8110
東京都江東区豊洲3丁目2番20号
豊洲フロント

E-mail : rt-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3032 FAX : 03-5859-3106

製品サポート等(ヤマハネットワーク製品の設置工事、保守)に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
CarePlus(ケアプラス)ネットワークサポートサービス

■CarePlusサービス内容や費用、その他総合的なお問い合わせ
E-mail : careplus-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3033

■ 技術的なお問い合わせ
E-mail : careplus-tech@ml.scsk.jp