製品・サービス

コラム:ルーター・スイッチの基礎技術と最新情報
第1回 総務の方でもわかりやすいスイッチの最新技術紹介
ビジネスコンサルタント 吉政氏 寄稿

吉政創成の吉政でございます。この度、ヤマハのルーターやスイッチ、無線LANのマーケティング支援を行うこととなりました。ヤマハの通信機器は中小企業市場でかなり大きなシェアを頂いていることから、業界を代表する製品として、その技術や活用方法などをご紹介していきます。特に私のコラムは情報システム担当と他の業務を兼任しているような方向けに、できるだけ分かりやすく書いていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

1. ヤマハのネットワーク製品を組み合わせることで見える化を推進

さて、ここ最近でホットな話題だったのは、ヤマハの最新のスイッチかもしれません。ヤマハのネットワーク機器と聞くとSOHO市場シェアNo1のルーターを思い浮かべる方も多いと思います。昨年6月にヤマハは新スイッチ製品を投入し、ルーターのみならずスイッチまでを含めた低コストなネットワークの見える化を推進しています。

ちなみにですが、国内SOHO市場トップシェアのヤマハのルーターの歴史は古くルーター市場に参入したのは1995年であり、インターネット元年と呼ばれた時期から、中小規模ネットワーク・SOHOを中心とした多くの企業に導入してきたそうです。SOHOルーター市場で圧倒的なシェアを持つヤマハルーターですので、当然そういう印象を持つでしょう。

ただ、ヤマハのネットワーク機器戦略はルーターに留まらず、スイッチや無線LANのアクセスポイントまで展開してきているのが最近の状況です。

ヤマハ 楽器・音響営業本部 音響営業統括部 SN営業部 営業推進課 平野尚志氏曰く、「今までのスイッチ屋さんがやらなかったことをやりたい!」「ルーターでネットワークの入り口までは見えるようになったけど、その先を しっかり管理したいニーズが多かったので、その先をやりたい!」そんな気持ちで作ったのが今回の新製品ヤマハ インテリジェントL2スイッチ『SWX2300-8G』『SWX2300-16G』『SWX2300-24G』とヤマハ シンプルL2スイッチ『SWX2100-8G』『SWX2100-16G』の5ラインアップだそうです。

実際に市場のニーズを見てみると、オンプレミス(ローカルネットワーク)とクラウドネットワークの垣根をなくしたいという意識が高まってきています。考えてみれば当たり前で、利用者の立場からすれば、接続先・管理対象のネットワークを意識せずに単純かつ安全に利用でき、管理したいはずだからです。ヤマハの今回の新スイッチはルーターの先をしっかり管理するための製品であり、お客様のニーズに応えた逸品ではないかと考えています。

2. ルーターにはLANマップ、スイッチにはLANマップLightでLANがみえる

それが今回の目玉新機能のLANマップです。LAN マップ機能とはLAN に接続されているネットワーク機器や通信端末の情報が表示され、LANのネットワーク構成を確認することができる機能です。ヤマハのLANマップ機能ではヤマハネットワーク機器の設定や VLAN の設定などを行うことができます。また、ネットワークの異常も一目で把握することができるため、障害発生時の原因解析やトラブルシュートにも利用できます。LANマップ機能はその文字の通りLAN上にあるリソース及びその状況を把握し、管理するための機能です。

LANマップ機能自体は市場では新しい機能ではありませんが、今回の新スイッチ製品では、以下の2点がポイントになっています。

■インテリジェンスL2スイッチ「SWX2300シリーズ」単体でLANマップLight※機能を提供します。
「SWX2300シリーズ」のコントローラー機能を使用することで、LANマップによる「ネットワークの見える化」を実現できます。また、上位に接続するルーターがヤマハ製品以外でも、配下のヤマハスイッチや端末の接続状況をSWX2300単独で「見える化」することができ、一括管理やネットワークトラブルが発生した際の解決が容易になりました。
※注釈 LANマップLightはSWX2300に搭載される機能で、RTX1210等ルーターに搭載されるLANマップ機能と比べたとき、一覧マップ機能、MACアドレスによるベンダー名表示機能を除き、LANマップと同等の機能を持っています。

■このクラスのスイッチとしては業界初のLANマップLight機能の提供します。
SOHO市場に強いヤマハならではの製品戦略だと思います。業界最高レベルのコストパフォーマンスである高機能と低コストを実現していると思います。

ちなみに、「SWX2300シリーズ」のLANマップ機能の画面は以下です。わかりやすくシンプルにまとめられており、使いやすいWebGUIになっています。

図:「SWX2300シリーズ」のLANマップ機能の画面

もしかしたら、この画面を見て「おっ日本語だ」と思う人も多いかもしれません。実際に日本で販売されている海外製のネットワーク機器の管理画面の大半は英語の画面です。英語の画面でも使えるとは思いますが、日本人であれば日本語のほうが見やすいですよね。

いかがでしたでしょうか?SOHOルーターで有名なヤマハの新スイッチSWXシリーズをご紹介しました。今回のコラムではSOHO向けのスイッチとして紹介しましたが、インテリジェントL2スイッチ『SWX2300シリーズ』とヤマハ シンプルL2スイッチ『SWX2100シリーズ』を組み合わせると以下のような構成も可能だそうです。

図:インテリジェントL2スイッチ『SWX2300シリーズ』とヤマハ シンプルL2スイッチ『SWX2100シリーズ』の組み合わせ

この組み合わせは、複数のインテリジェントL2スイッチ『SWX2300シリーズ』を光ファイバーケーブルでフロアー間を接続し、フロアー内はコストメリットの大きいシンプルL2スイッチ『SWX2100シリーズ』を配置する構成です。 この構成で全体の環境を効率的にネットワーク管理できるようになります。この規模まで実現すると、もはやSOHOとは言えない規模になってきています。昨今の機能進化によりSOHO以上環境にも対応しているのがヤマハのネットワーク機器ともいえると思います。

ヤマハの新L2スイッチ「SWXシリーズ」に興味がある方は以下のページをご覧ください。
http://jp.yamaha.com/products/network/switches/  

ヤマハネットワーク製品お問い合わせ

購入前のご相談、ご購入先等に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークプロダクト部

〒135-8110
東京都江東区豊洲3丁目2番20号
豊洲フロント

E-mail : rt-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3032 FAX : 03-5859-3106

製品サポート等(ヤマハネットワーク製品の設置工事、保守)に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
CarePlus(ケアプラス)ネットワークサポートサービス

■CarePlusサービス内容や費用、その他総合的なお問い合わせ
E-mail : careplus-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3033

■ 技術的なお問い合わせ
E-mail : careplus-tech@ml.scsk.jp