製品・サービス

<事例トップへ戻る

ヤマハ無線アクセスポイント導入事例

本社・開発拠点の移転を機に、社内無線LANを構築。
社員の利便性を確保しつつ、セキュリティ対策も担保。

お客様プロフィール
情報通信業 システム・エボリューション株式会社 様

社員が進化(Evolution)することで、お客様企業の満足度向上を実現していくという社是を持つシステム・エボリューション株式会社。
設立5年の若い企業ながら、システム開発の上流工程のSE人材を強みとして、通信・金融といったお客様から着実に実績を獲得しています。

本 社 : 東京都中央区日本橋本石町4-6-7 日本橋日銀通りビル7階
設 立 : 平成23年
資本金 : 1000万円
U R L : http://www.sys-evo.co.jp/

ご担当者様コメント

システム・エボリューション株式会社
技術本部
マネージャー
深山 裕介 氏

本社及び開発拠点が手狭となり、新オフィスに移転する際に以前から特に社外常駐社員からニーズの高い無線LANの導入を本格的に検討しました。ただ、弊社はISMSやPマークを取得しており、導入時のセキュリティの担保やリスクが顕在化した際の対処も含めて考える必要があり、難しさがありました。

無線LAN新設に至る経緯・課題
1本社・開発拠点を移転統合

設立以来、順調に業績が拡大してきたことで、本社及び開発拠点のスペースが手狭に。2015年8月オフィスデザインも含めてフロンティアコンサルティングに新オフィスの設計、移転を依頼。

2社外常駐者からの無線LAN設置の要望

社外常駐者がオフィスに一時的に戻った際にLANポートの空きとLANケーブルを用意するのが面倒との声あり。無線LANの導入ニーズが徐々に高まっていった。

3ISMS/Pマーク取得企業にふさわしいセキュリティへの対策

固定パスワードによる運用ではパスワードがわかれば外部から誰でもアクセスされてしまう。正当な社内ユーザーであることをきちんと認証する仕組みの整備が不可欠。

課題への解決策
1Active Direcroty(AD)を導入し、認証とアクセス権限を規定

ユーザーニーズとセキュリティを両立するため、ADのポリシーサーバー機能(NPS)でアクセス権限をユーザーごとに規定。

2部署ごとにSSIDを分け、他部署の無線にはアクセスさせない

各部署のSSIDはADのポリシーサーバーと紐ついており、ユーザーは他部署の無線LANにはアクセスできない。

3ユーザーごとのログ収集によりセキュリティリスクにも対策

無線LANへのアクセスだけでなく、入退室・プロジェクト管理ツール・プリンタ出力もユーザーごとにログ保存。
ISMS/Pマークに義務付けらるログの長期保存も対策。

導入後のネットワーク構成図
ヤマハ製品の導入効果
  • ◎ADとWLX302を連携させることにより、セキュリティ強度の高い無線LANを実現
  • ◎スマートフォンアプリ開発のテスト基盤としても無線LAN環境を活用
  • ◎業務用支給スマートフォンでのLTE利用が減り、通信費削減にも寄与
販売パートナー
コストと機能とのバランスが良いのがヤマハ製品の良さ

ヤマハ製品は機能とコストのバランスが良い点が気に入っています。日本企業という安心感もありますし。
WLX302は新オフィスへ移転後の2015年8月から安定してご活用いただいています。
WLX302の特長である無線LANの見える化機能も参照していただき、自社運用してい ただいています。無線状態がWLX302だけで把握できるため、非常に好評です。

株式会社フロンティアコンサルティング
ITS事業部
和久 友宣 氏

本社 : 東京都中央区日本橋本町3-3-6
WAKAMATSU BUILDING5F
設立 : 2007年2月
URL: http://www.frontierconsul.net/

使用製品

ico_pdfシステム・エボリューション様ヤマハ無線アクセスポイント事例PDFはこちら

戻る

ヤマハネットワーク製品お問い合わせ

購入前のご相談、ご購入先等に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークプロダクト部

〒135-8110
東京都江東区豊洲3丁目2番20号
豊洲フロント

E-mail : rt-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3032 FAX : 03-5859-3106

製品サポート等(ヤマハネットワーク製品の設置工事、保守)に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
CarePlus(ケアプラス)ネットワークサポートサービス

■CarePlusサービス内容や費用、その他総合的なお問い合わせ
E-mail : careplus-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3033

■ 技術的なお問い合わせ
E-mail : careplus-tech@ml.scsk.jp