製品・サービス

<事例トップへ戻る

ヤマハルーター導入事例

    ブロードバンド回線とモバイルのハイブリッド・インターネットVPN

  • ◎回線未提供エリアではモバイルをメイン回線として利用
  • ◎インターネットVPNへの切替でコストを大幅に削減
  • ◎ブロードバンド回線の利用で通信ボトルネックを解消
【運輸・情報通信業】中日本航空株式会社 様
img_02-02
img_02-03 1. 導入前の課題 img_02-04 お客様から一言 img_02-05
img_02-06
img_02-07 2. 導入の経緯 img_02-08 お客様プロフィール img_02-09
img_02-10
img_02-11 3. 導入のポイント img_02-12 販売パートナー様 img_02-13
img_02-14
img_02-17
spacer
導入前の課題

拠点当たりの
回線コストの削減
 

情報系システムの
追加による
帯域拡張の要求

事業拡張により
増加する拠点での
情報化の必要性

以前のネットワークは各拠点のアクセス回線が64Kという非常に狭帯域でした。従来からの運行管理等基幹システムに加えて、メールやグループウエアなどの情報系通信が加わることで、レスポンス低下が顕著になり、帯域増強の必要性を強く感じておられました。
しかし、IP-VPNを利用していたため、拠点当たりの回線のランニングコストも非常に高く、10拠点を接続していましたが、全ての拠点をつなぎこみ、帯域を増強していくにはコスト的にも難しい状況でした。
反対に拠点数はドクターヘリや防災ヘリ受託などにより増えていく傾向があり、中日本航空様としては何らかの手段を講じる必要性がありました。
spacer
spacer
spacer
導入の経緯
上記のような状況であった2004年当時、一方のネットワーク環境としては光回線を主としたブロードバンド回線の普及が急速に進んでいた時期でもありました。
中日本航空様はブロードバンド回線の帯域・コスト面に着目するとともに、ルーターに実装されているVPN技術を利用することにより、現状抱えている2つの課題が両立できるのではないかと考えました。
そこでネットワークをヤマハのVPNルーターを使ったインターネットVPNへ切替を決断されました。
また、最近では郊外の空港などで光回線の提供エリア外の拠点については3.5Gのモバイル回線を定額制で契約することで、アクセス回線にモバイルを主回線として活用する先進的な試みをされています。
spacer
現状ネットワーク
導入ネットワーク構成
spacer
spacer
RTX1500
spacer
RTX1200
spacer 詳しい製品情報
spacer
RTX1100
spacer
spacer
spacer
導入のポイント
spacer
  • Point
    1
    回線提供の制約のある拠点でのモバイル回線の利用
    郊外の空港など光回線未提供でADSLの減衰の大きい拠点ではモバイル回線を主回線として利用
  • Point
    2
    帯域のボトルネックを解消するブロードバンド回線の導入
    ブロードバンド導入により通信トラヒック増大に対処。64kからコストをかけず大幅に帯域を拡張
  • Point
    3
    インターネットVPN採用による大幅なコストの削減
    安価なインターネットVPNの採用でイントラ接続拠点を大幅に増加(10拠点→40拠点)
spacer
spacer
spacer
お客様からの一言
中日本航空株式会社 経営管理部 部長代理 徳村 公昭 氏

 当初は10拠点だけをIP-VPNで接続していました。アクセス回線の帯域も64Kであったことから運航管理等基幹システムも遅く、使用に耐えない状況でした。また回線コストも高く、これ以上拠点のつなぎこみができない状況でした。
事業としては防災ヘリやドクターヘリの受託で拠点は徐々に増えていったため、なんとか拠点のネットワーク化を進めたいと考えていたところ、メイテツコムさんからインターネットVPNとヤマハルーターを提案いただきました。
ヤマハルーターは初期の導入から既に5年が経過しますが、1台も壊れていません。日常的に運用の意識は全くなく、非常に満足しています。またコンフィグの互換性が高く、RTX1000からRTX1100、RTX1200と3世代利用していますが、コンフィグが同じで良いというのも大変重宝しています。
当社は空港内に拠点があることが多く、郊外の空港だと回線手段がない場合もでてきています。そこである拠点ではRTX1200のモバイル機能とFOMAハイスピード(R)の定額制の組み合わせで使っています。施設内は回線を埋設しなくてはいけなかったり、ADSLは減衰が大きかったりするので、今後はモバイル回線も積極的にアクセス回線の1つとして考えています。

spacer
spacer
spacer
お客様プロフィール
中日本航空株式会社
社 名 :
中日本空港
本 社 :
愛知県西春日井郡豊山町大学農場宇殿釜2番地
設 立 :
昭和28年5月
U R L :
http://www.nnk.co.jp/
飛行機・ヘリコプターの総合航空会社としてお客様の多様なニーズに最適なサービスを提供する中日本航空株式会社様。昭和28年の創業以来、報道取材、航空測量や防災関連の受託運航から遊覧飛行、広告媒体としての宣伝飛行まで幅広く事業を展開しています。最近では一分一秒を争う救急医療で活躍するドクターヘリの運航でも多くの実績を有する企業です。
spacer
spacer
spacer
販売パートナー様

社 名 :
株式会社メイテツコム
本 社 :
愛知県名古屋市中村区名駅南一丁目21-12
設 立 :
昭和51年 9月27日
U R L :
http://www.meitetsucom.co.jp/
株式会社メイテツコム
名鉄グループのIT中核企業であるメイテツコム様。ITコンサルティングからシステム開発、システム運用、データーセンターによるネットワークとハードの保守・運用及びセキュアなデータ管理までお客様のIT化をワンストップで提供しています。今回の中日本航空様のネットワークでは、お客様の要求である拠点当たりのコストを下げて接続拠点を増やしたい・帯域を拡張したい・日本全国に接続拠点があるといったお客様要件をしっかり把握することでインターネットVPNとヤマハルーターの提案に至っています。
spacer
ico_pdf中日本航空様ヤマハルーター導入事例PDFはこちら
spacer
spacer
戻る

ヤマハネットワーク製品お問い合わせ

購入前のご相談、ご購入先等に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークプロダクト部

〒135-8110
東京都江東区豊洲3丁目2番20号
豊洲フロント

E-mail : rt-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3032 FAX : 03-5859-3106

製品サポート等(ヤマハネットワーク製品の設置工事、保守)に関するお問い合わせ

SCSK株式会社
CarePlus(ケアプラス)ネットワークサポートサービス

■CarePlusサービス内容や費用、その他総合的なお問い合わせ
E-mail : careplus-info@ml.scsk.jp TEL : 03-5859-3033

■ 技術的なお問い合わせ
E-mail : careplus-tech@ml.scsk.jp